ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まっ黒け~ @やっぱり出ました、内河"偽装"離婚の決め手

強制捜査で踏み込んだ先は赤坂にある病院の個室

総研所長・内河健の隣りには、「2年も会っていない」という証人喚問のたった2日前に実にタイムリーに離婚した「元」奥さんがいたそうな

さらにその奥の部屋には山積みの書類が置かれていた為、警視庁の捜査員が押収しようとしたところ、その「元」妻は血相を変えて「それは有限会社内河(ナイカワ)の書類です。礼状を見せなさい」と慌てて制止したと言う
捜査員は手を出せなかったとあったが、そのあときちんと礼状取ったのだろうか?
被疑者が入院している病室の奥の部屋に山積みにされた書類はあまりにも不自然で、「コレは別会社のです」と言われただけで「本件関係書類」ではないと決め付けてすごすご帰ってしまったのではヤラセ感も否めない

しっかし伊丹十三監督作品"マルサの女"iconばりのベタな展開と言うか、マンマだね
そーいえば伊丹監督もあまりにリアルに描きすぎたため政治屋、金持ち、暴力団の悪い連中からヒットマンを送られ刺されて死んだという

もはや論外と言う感じ
証拠隠滅、財産隠しの巧妙な手口は、親族経営の会社も含めて準備に余念がないのだろう
ナイカワも、「元」妻も、何もかも捜査対象にしちゃってください

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/276-54256e66
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。