ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松井が日本を捨てざるを得なかった日 @ワールドベースボールクラシックへの参加辞退

日本発メジャーリーガーの筆頭、ニューヨークヤンキース松井秀喜選手が日本代表を辞退した

2006年3月開催予定のワールドベースボールクラシックには、アテネオリンピックで封印されたメジャーリーガーのトップ選手がアメリカ代表としてこぞって出てくる模様で、名実ともに「ベースボール世界一」への戦いいままで逃げていたアメリカもようやく重い腰を上げた形

日本代表・王貞治監督に寄せられた松井からの手紙には「来年にかけるヤンキースのワールドチャンピオンと新たな契約もあるし来年を大事にしたい」とあったと王監督はインタビューに答えた
う~む、微妙な内容だ

アメリカが本気だと水面下の政治的工作も本気化する
表向きは自由競争、理想のスポーツ大国を標榜していても、その実はフェアな精神もスポーツマンシップもない国だし
全ては商業原理主義、金儲けは人の命より優先されるお国柄
自国のシリーズ戦を「ワールドシリーズ=世界一決定戦」って言ってしまうくらいだし、間違っても負けるわけにはいかない

アメリカにとって松井が日本チームに入ってしまうのは相当怖いと言うことか?
そうだとしたらメジャーにも認められた世界最高の選手だと言うことだ
とっても残念だが間もなく本人からも記者会見があるだろう
長いこと態度保留の上の苦渋の選択だろうから、ホントのところは言えないでしょうけど

ところでイチローとかはどうなってんでしょう?
この辺まではOKなのかな? アメさんも

数年前まで番長に頭抱えられてヘラヘラしていた若者はもはや孤高の存在
天文学的報酬は評価の証
してその兄貴分は、気の迷いが妙なスタイルにまで現れてしまい、身を持ち崩した観もある今年のストーブリーグであった
・・・合掌

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/277-ec4b4408
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。