ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税を上げる前に! @小泉改革の真の狙い

「わたしの任期中は消費税は上げません!」

キッパリ言い切るこの国の首相
その真意はいかに?

取り巻き議員やマスゴミ・コメンテーターは「増税の前に歳出カットが先だろう」という
国民もそのとおりだと思い込む

普通の考えの持ち主であればそのとおりだが、小泉絶対政権から今回出されたメッセージ
それはサラリーマン増税

つまりは
「安易な消費税率UPの前に、もっと税収上げられる増税アイテムを出し尽くせ」
ということが本当の狙いだ!

そんでもって歴史に汚点を残したくないのか、公約破りの謗りをかわすために「増税してまで国債30兆円枠の実現」だってさ
結局国民にツケ回しているだけじゃないか!

ニコニコ顔で小泉改革なるものを応援している善人なお人は、「きっと小泉さんなら国の無駄遣いをなくしてくれる」なんて人のいいことを思っているんでしょう
ちょっと考えてみてください
そういう小泉首相の周辺でコレは!と思える倹約の話って聞いたことあります?
億の単位のカネかけて首相公邸に今まであった高級美術品を、さらに別のものに総とっかえして見せたり、SP侍らしては遊興に講じてみたり、贅沢三昧の話しか聞こえてこない
国は苦しいと増税を強いておきながら、自分は610万円の冬ボーナス満額貰っちゃうし、公務員改革なんって言っていながら平均ボーナス増額+報酬UP、さらに批難轟々の外務省在外手当てもさらに増額承認だって
開いた口が塞がりません

江戸時代の享保の改革なんて将軍自ら質素倹約に努めたっていうから歴史教科書にも載っているんだと思うんだけど

よほど歴史に名を残したいのか、今出ている教科書にも既に自分の名前を載せさせたらしい
「2001年総理大臣就任」の1行だけってのが笑っちゃうけど、このあと院政しいてしたたかに加筆させるのだろうか?
いなくなったあとはすぐに削除だな

「消費税を上げる議論をする前に」って周りを叱っているように見せるけど
「まずは他の増税を考えろ! 安易に消費税率上げるのはそのあとだ」

コレがポスト小泉に課せられた課題だ
騙されないようにしよう

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/279-f9057edc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。