ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イカレタやつらにイカレル年の瀬、もう逝カレチャッテください @爆笑問題・太田のアガキ

爆笑問題の太田がうるさい
自分の番組にゲスト呼んできては半分以上が自分でしゃべっている
ゲストの意見を取っ掛かりに自分の主張を延々と
ゲストは「そのとおりですね」って、まるで姉歯のような受け答え(笑)

でも番組のクオリティーの話しはさておき、太田の言いたい事はかなりの部分で同意できる
空気を読まねば生きていけない芸人の世界であの仕業ということは、太田なりに今の時代に危機感を感じて昂ぶってしまっているんだろう
たしかに「空気を呼んで事なかれ主義を決め込んだ」マスゴミ、メディアが、確認検査機関や役所よろしく自分達の本来果たすべき役割を放棄しているのは、存在意義をなし得ないというより負の存在とさえなっている
コイズミ一座のポピュリズムに利用されている分、加担している分、もはや悪の存在と言って差し支えない
そんなメディアに登場しうる立ち位置に居られる太田としてはやはり許し難い状況なのだろう

あれだけ識者が堅苦しい言葉でコイズミを批判しても、ブッシュの悪行を暴いても、「B層」つまりはコイズミ政権がメインターゲットにしている竹中が言うところの「低知能指数層」には届かないようだ
     郵政民営化合意形成コミュニケーション戦略「B層」対策(低IQ支持者獲得) [濃縮された問題のページ]
文字通り「まさに国民をバカ扱いした」この戦略はなんと功を奏したようで、コイズミさんはサイコーだし、タイゾーくんがカワイクってしかたないなんて声がいつまでも消えていかない
お笑いに位置する太田としては、なんとかこの層にも伝えたいと、自分の使命としてバタバタとあがいてみせているようにも見える
そう考えると涙ぐましい

年の瀬にふと思い返すに、あまりにもインチキばかりのこの世の中、怒れる所業ばかりが目に付く
ブログのブームを横目で見るに、「なにを自分の日記を人様に見せて喜んでいるのか」と冷ややかに見ていたが、ある日ふと「もしかして井戸端会議みないなもんかも」と気楽に考えられるようになってみた
飲み屋でも、井戸端会議でも「ねーねーきいてきいて」からいろいろな情報交換が始まる
自ら情報を発信すれば、また情報が集まる

井戸端会議でも飲み屋でも「俺はこう思うっ!」って話しだ
で、「お前はどう思う?」って意見をぶつけてお互いに刺激しあう
もちろん受け流すのもあり
別に政治結社でもなんでもないんだから気楽に自分の意見を出していいんでしょう
でも相手の意見も心のどっかに引っかかっていたらそれは刺激となり、インスパイアーされることでまた自分の考えをワンステージ高いものにできるのかもしれない
そうお互いに「主観」を出し合うのが井戸端会議のいいところだ

大手メディアのニュースは「客観報道」を標榜するあまり、極端なまでに無機質になってしまっていてつまらない
そのくせ内容構成と単語の選別で視聴者を知らず知らずのうちに世論誘導するような姑息な作り方をしている
文部省推奨の教科書暗記で脳萎縮を起こし、伝えられる言葉を額面通りでしかとらえられない「B層」というのは、政府主導の愚民化政策の賜物だ
考えている気になっていても実は与えられた情報の範囲を超えられない
メディアはそういう受け手に対して「思惑通りに」洗脳が果たせる最強のツールと成り下がってしまっている

こういう層からの脱出を計るためにはひとつ訓練してみるといい
 1.まず情報の送り手は必ず作為的なものであると考える
 2.送られてきた情報は受け手をどう思わせたいと思って流されてきたか考える
 3.送り手の思惑通り受け取ることによって「誰が得して」「誰が損するか」想像してみる
 4.その本当の発信者、つまりは「得をする者」がそのニュースの陰に隠したいものが何かを考えてみる


空想、妄想、考え過ぎと言う言葉で片付けたいと舌打ちを打つ不愉快な立場の人もいるだろう
しかしこういう訓練で頭の引出しをいろいろな見方を持って満たしておけば、他の報道と奇妙につながったりすることがある
氾濫する情報の中からつながるピースを集めていくセンスこそ今の社会に本当に必要だと思う

単なる疑り深い人になってしまうようで少々気が引けるのも理解できるが、思考停止で額面通り受け取るのが善人だと思う人は、残念ながらお人好しと悪い連中から軽くあしらわれてしまう時代だ

特に政治が身近になり、お昼のワイドショーまで世論形成、政治に利用されちゃうようになった"小泉以降"
政治評論家をして「ウソをつくのが政治家」と言わしめるほど、政治家というのは本当のことを言わない

 耳障りのいいワンフレーズの後ろに何があるのか?

そんな気付きのこころがあれば、災いを払い、少しでも幸せな未来へ向かわせてくれるのかもしれない・・・なんてことを考えてしまった大晦日
人が命の取り合いをすることの無い世の中を希望し祈ります
 ・・・合掌。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/281-90ec8bf8

もしも、病気になったら!

私はいつも気持ちだけは40歳代(笑)ですが還暦ともなると体がついてきません、40歳代の行動(?)に。去年の夏場(8月)に白内障の手術をしたので、その後は外出も控え家の中で「のんびり」静養していました。外気温も高いので、冷房の効いた部屋でTVや読書(片目で

  • 2007/04/18(水) 20:48:50===
  • 【団塊世代の退職後のシルバーライフは?】

政治結社ってなあに

政治結社とはなにか知っていますか?政治の知識を伝えます。

  • 2006/11/07(火) 23:42:49===
  • 私の稼げる情報・気になる情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。