ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってきちゃった、内河ンち @王族になりたかった男のランドマーク

せめて正月三賀日くらいはライトにライトに行こうと思い・・・。
  とりあえず禊も終わり、今年もそろそろ始動かと
     "小泉以降"、急速にバランスを欠いていく日本。
        捨て置けない怒りがてんこもり
           ノーテンキでいられたくらいが良かったのかも・・・


昨日の3日は都内がすこぶる空いていて、0時前だと言うのに都心は深夜か明け方かと思うほどスイスイの道路が走ってて気持ちいいもんでR246を皇居方面へ
どこぞに遷都してくれれば、東京も今のインフラをそのままに人として住みやすい環境になるんだけどなぁ
お堀が見えてきたところであっと思いついた
そういえば、あの総研の内河の超豪邸がすぐ近くなので見にいってみようなんて
う~ん我ながら不謹慎


正直な印象としては「よくもま~こんなところ住む気になれるなぁ」ってところ

皇居に面して最高裁判所がズドンと構えてるんだけど、その一本手前の道を入ってすぐ
その最高裁と道を挟んでワンブロック隣りの区画で、袋小路というか通り抜けができないような「隔絶された一画」が存在する
とは言ってももちろん公道ですから目の前まで車で行けますが超都心の袋小路ってのがなんとも他とは雰囲気が違いました

TVにも散々取り上げられていた特徴的な門構えが目印ですぐに分かりました
ベンツもあったよ
正月だからか雲隠れ中だからかはよくわかりませんが、あまり人気は感じられませんでした

お隣りは総研グループ総本山、総合経営研究所
ほとんど同じ規模の建物に見えた
もちろん内河豪邸のほうがブルジョアジーちっくなつくりで豪華なのは既報の通り
20051214040521.jpg
ちなみに耐震強度は首相官邸以上だとか
泣かせてくれます

ところで内河の息のかかった企業はSGナンチャラという名前が付けられていて「総研グループ」なのかと思っていたら、実は「ソウカ!、ガッカイだったのか!」という粋な展開
内河も小嶋も姉歯もみ~んな信者だし、学会関係者で、特定の大学からヒューザーへの受け入れも熱心で、大学のホームページにも主要就職先と紹介されるほど
で公明党が自民党以上に必死だったんですね
「政」「官」「業」の癒着構造が取り沙汰されてきましたが、ここに「教」が加わってしまうと救われないほど強固なチームが出来上がるわけです
心まで支配できる「教」のシステムは、カネのつながりも人のつながりもこれ以上ないものを生み出します
憲法にうたわれている政教分離が大事な理由がよーくわかりました
宗教自体が悪いとは思いませんが、宗教を利用するやつは古今東西絶えることがないのもまた事実です
福音派だって、靖国だって、みんな「システム」となって活用されているのは嘆かわしい現実ですね

さてそんなすばらしい「心の結束」(笑)という基礎の上に築き上げられたブルジョワちっくな内河邸のあるその「隔絶された一画」の一番奥、斜め向かいは、南アフリカ共和国大使館
世界最大のダイヤモンド産出国の大使館はまるで巨大なお城のよう
通り抜けができないから必要な車両しか入ってこないわけだし、雰囲気もいいんでしょうね
特権階級っぽい気分になれると思います

そうやって考えると、世が世なら「王族になりたかった」という感覚の持ち主なのでしょうか
天皇陛下のご近所さん、さすがにそこまでの考えは藤原氏か東條家に匹敵すると思わせる

自民党本部も目と鼻の先だし、国会証人喚問も歩いて行けた事でしょう(笑)

もちろん最高裁判所も隣りのブロックだしこれ以上ないほど便利至極
あ、拘置所からバスになるのかな?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/285-044259ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。