ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラク非戦闘地域・サマーワ電撃訪問はナシね @小泉外遊ってなんだったの?

自ら作り出したアジア外交の閉塞感の手当てに、中東、東アジアと年明け早々麻生外相と手分けして外交日程を組んだ小泉外遊
実はウルトラCでいきなりイラク電撃訪問ってなるのかと期待しましたが、自衛隊員の「ブーツは大地に」下ろすとも自分の革靴は汚したくないようです
いや~りっぱ、りっぱ(嘲笑)

年末に脳梗塞を起こして、年明けさらなる重態に陥ったイスラエルのシャロンには何の用だったんでしょう?
結局パレスチナにも行かず、比較的中立のトルコでニコニコ外遊ですごすご帰ってくるようです
    20060113142644.jpg [折鶴外交]
こういう市民とのふれあい外交は大賛成ですが、ぜひ中国、韓国の小学校などに行ってやって欲しいものです
反日デモの繰り返し流される映像が小泉+飯島秘書官のメディア統制によるものだというのは、仕事で現地に行っていた人にはあまりの偏向報道ぶりで首を傾げたくなるそうです
一部の取材でも市民レベルの反日感情は日本でいわれている反日教育の程度とは程遠いとカメラが実際の中学校に訪問して学生達の生の声で伝えてくれました
政府の思惑による「ナショナリズムの瞬間湯沸し器作戦」に踊らされることはあまりにも小泉+飯島にとって思い通りのB層のひとということになってしまいます
小泉自ら緊張状態を作り出しているわけですし被害妄想で怖くって仕方が無いのはわかりますが、国をお挙げて警護してくれるのは友好国であれば別にどこの国に限ったことではないでしょうから、お得意の「殺されてもやるっ」なんて覚悟も必要ないでしょう(笑)

話を戻すと今回のアジア外遊、実は隠れ蓑でイラク入りするタイミングを見計らっていたのではないかと考えます

自分自身に酔いやすい小泉ですから、最高司令官(心は元帥)たるもの一度は
 「わぁたしもイラクの地に命懸けで行ってきました」
 「こぉろされてもいい覚悟でしたがイラクの人は心から歓迎してくれました」
 「ほーら、わぁたしの言ったとおりイラクは安全でしょう、
   ブッシュとわぁたしのお陰でイラクの自由は開放されたのです」

って自衛隊撤退前にやっておきたかったんでしょう

シャロンの具合も考えるとかなり無理無理な日程組みが気になっていました
また麻生の外交日程と近場で別々に重ねるあたりも相手に気取られないように姑息な陽動作戦もあるのでしょうか
非戦闘地域に行くのにずいぶんと慎重なことです(笑)
大元帥・小泉がイラク入りできれば万々歳
状況を見て最悪外務大臣とどちらかがイラク入りできれば御の字

ところがマスコミ使ってイラクは安全キャンペーンを毎日やってもバカな国民は騙せても、イラク市民は小泉の笛で踊るわけも無く、現実は怖くって近寄れなかったというところなのでしょうか
イラク自衛隊

大儀なきイラク戦争3大支持者の中で小泉だけがイラク入りできていません
結局、自分では非戦闘地域といいつつ一度もイラク入りできなければ、ブッシュ、ブレアにも及ばぬ臆病者ということでしょう

コメント

トラバより参上

トラバを確認しました。どうもです。

  • 2006/01/16(月) 01:31:12===
  • URL===
  • written by 360degrees
  • [ 編集]

南朝鮮では子供が描いた絵=日本人を殺す、小泉首相の酷い絵、を、平気で駅などに飾る
(ドイツ人が教えてくれました)

捏造の歴史を教えて、反日人間になるように教育している
(アメリカへ移住した元南朝鮮人が教えてくれました)

こういう国へは行きたくないでしょうし、絶対に行ってほしくありません。

トルコは日本人からの恩を忘れず、日本人を助けてくれました。
今回、小泉首相は日本人を代表して、85年に日本人を救出してくれたパイロットにお礼を言いました。

とても素晴らしい事です。

トルコ人、日本人には、正常な本当に良い心があります。
トルコと日本は、これからもずっと仲良くいられると思います。

トルコの人達、本当にありがとうございます。

小泉首相、(もっと早くにお礼をして欲しかったですが)ありがとうございました。

  • 2006/01/17(火) 13:09:00===
  • URL===
  • written by エリカ
  • [ 編集]

戦後最低の総理小泉 やつのお陰で日本の社会はめちゃくちゃになった。ブッシュのイラク侵攻を真っ先に支持した愚かなやつ、アレは日本国民の声ではない ブッシュ家でプレスリーの物まねで世界に恥をさらした愚かなやつ。任期終了直前欧州に外遊した何の影響力もないのに何の意味があったのか、税金の無駄ずかいに他ならない これを批判しないマスコミも馬鹿。

  • 2009/08/13(木) 21:23:37===
  • URL===
  • written by キーボード
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/293-adde0d8c

海外ニュース

事故、事件、紛争、はたまた芸能、お笑い。海外のニュース、時事で気になったことを何でも書いてください。

  • 2006/01/21(土) 20:45:19===
  • 共通テーマ

首相芸人のトルコ訪問に思う

小泉首相に期待できるものは何もありません。責めて醜態を外国で晒さないように、私としてはそれ以上それ以外の何も彼には望みません。

  • 2006/01/16(月) 20:50:15===
  • 三輪のレッドアラート

親日国トルコとの絆-プロジェクトXでそんな回があったとはorz

別に「感謝してくれ」とは言わないが、歴史を捏造して「悪いのはすべて日本」と開き直るのはどうかと。トルコや台湾のように、素直に「ありがとう」と言われると、いつも悪者にされている日本としては感動せざるを得ません。国家戦略としても、日本はそろそろ、友好すべき国

  • 2006/01/15(日) 00:32:49===
  • 涼風庵(女系天皇制の国会通過を阻止せよ!)

癌首相に宛てた、癌首相からの見舞い状

おなじみのイスラエルの癌首相シャロンに日本の癌首相小泉が宛てた見舞い状が、8日の閣議で、オルメルト首相代行が紹介した各国の見舞いリスト(計18カ国)から抜け落ちていたそうだ。日本大使館の水内龍太公使によると、首相府は「単純なミスだった」と釈明したらしいが

  • 2006/01/13(金) 22:30:46===
  • 360degrees

国際的日本人-2

感謝されない日本人  小泉首相は12日(日本時間同日午後)トルコ・イスタンブール

  • 2006/01/13(金) 17:23:00===
  • さぁ みんなで読んでみよう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。