ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強度偽装じゃなくてもどうなのよ? @建築基準法改正前基準で実物耐震実験

防災科学技術研究所は世界ではじめて実物の6階建て鉄筋コンクリートのビルを震度6強で揺らす耐震実験を行った
実験では建築基準法改定前の1970年代の建物を再現したもの
倒壊は免れたものの地震の力を強く受ける1F部分の損傷が激しく、建物を支える柱の鉄筋が曲がり歪んだ
   新耐震基準(建築基準法改正)以前のマンション耐震実験

詐欺師集団ヒューザー一味の物件でなくてもどうなのよ?ってのは国民の最大の関心事

1982年に建築基準法が大幅に改正されて耐震強度に関する基準がかなり強化された
その基準を満たしていない一連の"偽装"マンションは一刻も早く解体しなければならないと、政官業+教あげての最大の物的証拠隠しにガッカイの応援で手厚い政治的支援が行われようとしている
なんのことはない『国民の血税を注ぐ』だけだ
誰も責任はとりはしない

じゃあ同じく新耐震基準を満たしていないという82年以前のマンションやビルはどうなのよ?
回り見回せばまだいっぱい建ってんじゃない?

いままで土建業界から散々甘い汁を吸ってきた政治屋どもはこのへんについては知らないと言いたいところだろうが、国民の関心というか不安は払拭できない
ましてや今回の実験も「改正以前の基準を満たした」立派な構造の建物でしょう
手抜き、手抜きが道の真ん中を通る建築現場の世界、果たして机上の計算どおりのものが街中にどれほど建っているのだろうか?
この実験も30年分のコンクリートや鉄筋の劣化はどうやって再現したのだろう?
配筋だけでなく『シャブコン』(コンクリートを基準以上に水で薄めて流れやすくする手抜き手法)は、今をもって始まったわけではあるまい
当然ながら強度も耐久性もがた落ち

もしかして70年周期でやってくるといわれる 関東大震災頼み だったんじゃないの? 実は。

瓦礫の山、焼け野原になってチャラってのが金儲けばかりが先に立つ業界の連中と、それに擦り寄る腹黒い政治屋の悪巧みだった
意外にも長いこと大震災が来ないものだからってこうやってツケが貯まっちゃったんですねぇ

小嶋も内河も「そろそろ来るだろー」って 駆け込み荒稼ぎ に精を出した挙句。。。


彼らを収監する監獄には、ぜひ『グランドステージ藤沢』を 改修して作ってください
もちろん耐震補強なんか不要です
そのまま、そのまま
なにがあっても逃げ出せないようにだけしておけばいいです
なんせ『100㎡以上の』素晴らしい暮らしが約束されます(笑)
その分、他の人道的扱いは減らしてもらっていいですし
等価交換です
そもそも刑務所の中で安心して過ごそうってのが本末転倒です
無期懲役で入れておけば死刑執行で嫌な思いする人もいませんよ
いやぁ事故ですよ、事故
天災ですし。。。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/299-f42eca49
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。