ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【検証】1.17"激震の日"のメディア・ウォッチ @政治と経済、巨悪の「重み付け」でみるメディア荒廃論

まるでスタングレネード(閃光手榴弾)のように次から次に打ちあがる"目くらまし"の花火
911選挙圧勝もメディア活用の秀逸さと褒め称えられる小泉メディア戦略も、ちょっと裏を返せば「脅しとバーター」で意のままにメディアを支配する飯島秘書官のメディア・フィクサーぶりが小泉政権最大の武器 
武部が子飼いのNTT広報部あがり、世耕こだぬきが「マーケティングの手法を政治に応用」なんてカワイイこと言って見せるがそれこそ上っ面の能天気な話で、本当の黒幕はTVにほとんど出てこないこの飯島秘書官の方だ
[たま~にチラチラと画面を横切る影が・・・] メディアフィクサー飯島勲首相秘書官
して、その「脅しとバーター」で完全に懐柔されたTV各局はどの程度「ご希望どおり」だったかを検証してみようと思った

小泉から投げかけられた今回の"お題"は 「強度偽装事件との政治家の関与隠し」
与えられた材料は「通常国会会期直前」「宮崎勤の死刑確定」「阪神淡路大震災から11年目」
さらにスペシャルねたとして「時代の寵児・堀江貴文の錬金術に強制捜査」までご用意
それでもまだまだ足りないと思ったのか、次いでまさに"肉を切らして骨を絶つ"ような「米国牛危険部位混入」"一般公開"(笑)
平時だったらずっと隠してたんだろーねー

これだけ揃えば1週間どころか1ヶ月はワイドショーは話題に事欠かないはず

出てくる玉のサプライズはともかく、タイムリーに話題提供してくるだろうというのは今までの小泉のやり口から察すれば賢明なブロガーには想定の範囲内だったので、ここはひとつ一番ホットなはずの証人喚問の当日の各局の扱いにスポットを当ててみようと思った
大きくは「証人喚問」、「ライブドア」、「宮崎死刑」、「阪神淡路」だろう
証人喚問終了後の情報が出揃った時間帯
1時間級の報道番組を・・・と思ったら意外とどこもバラけていたので、17時から24時あたりを見繕って録画して見た

仮説検証とは言え、なるほど、、、局によってもずいぶん「重み付け」が違うのがわかる

NHK 1ch NHKニュース10  22.00-
トップニュースはライブドア
冒頭から20分05秒を費やす力の入れ様

次いで証人喚問
こちらは正味で14分56秒で、うち「摂れたての新鮮情報!」安倍晋三関与については2分35秒
政治スキャンダルも、経済ニュースなんかに押されるとはNHKもずいぶん変わったもんだねぇ(嘲笑)

次いで宮崎死刑が10分39秒
阪神淡路震災11年が約10分でエンディング

特筆すべきは証人喚問でスタジオ解説においては
「安倍官房長官との関与はヒューザー小嶋社長から証言があったものの不透明」という論調(ブッ)で終始
斜めに見ると、擁護というか、話題にならないように火消しに回っているようにさえ見え、政治スキャンダルを伝えなければならない報道の使命はどこへやら
さすが御用聞き機関・NHK!
この辺も事前検閲があったとまでは言わないが、行き届いた配慮のようです

百歩譲っても「引き続き慎重に取材を進めます」くらい言って欲しかったもんだ
現場の記者達は実はいっぱい証拠も持っているんだろうね、きっと
内部告発なんかすればこの前のディレクター同様「消されちゃいます」から
どっかにリークでもして欲しい



 日本テレビ 4ch ニュースプラス1  17.25-
冒頭はライブドア、8分44秒を費やす
 元社員の証言を"覆面インタビュー"で切々と
 「堀江社長と宮内取締役のすべてを知るキーマン」とのこと
【ちょっと脱線...】
ところでこの覆面インタービューって、昔は身元を明かさないことで本音をしゃべる「信憑性を増すための演出」って習ったんだけど、最近のワイドショーや報道番組を見ていると「ヤラセ」感が強くってイケナイ
真正面から顔出して手厳しいことを言ってくれるのが一番信じられる(ウソもわかるし)と思うなぁ
ちなみに政治家の場合はまったく逆で、「腹芸(ウソの発言・芝居)ができなければ政治家ではない」なんて政治評論家に言われるくらいだから、口から出てくることは何一つ本当のことは言っていないと思いながら聞くのが間違いない
彼らの場合は全ての発言行動に必ず何らかの意図、思惑、狙いがあります
「どうすれば得か?」「どう思わせたいのか?」という見方で冷静に見れば複数の点が線でつながります
小泉ショートフレーズを額面通りにとらないようにしましょう
何も説明しないこの手法は、聞いた国民に"勝手に"拡大解釈をさせるためのものです
小泉に擦り寄る取り巻き政治家が"勝手な"解釈を加え補足的に論じるのも事態をややこしくしています(例えば山本一太なんか最悪です)
小泉自身は何も言っていないのです
今までの改革と称するものをみれば「言わない」ところに「隠したいもの」「知られると都合の悪いもの」がいっぱいあるとわかります
言わなければウソはついていないとでも言いたいのでしょうか

次いで証人喚問、7分01秒
政治家の関与についても触れる

CM、芸能、天気を挟んで、またライブドアを12分59秒
夕飯時ってことで用事が済んだ主婦や帰宅した人向きに同じ内容を何回か流しているのでしょうね

また証人喚問が7分37秒
伊藤公介のフューチャービジネスマネジメント追及に「自民党は後ろ向き」の印象が出ました

阪神淡路が1分05秒(ちょっと少な過ぎ?)、宮崎死刑が58秒

ライブドアが12分59秒+4分11秒(株主総会社長退任要求のV→株主との衝突を印象付けたいのかな?)

エンタメ、特集挟んで、
安倍晋三関与疑惑を1分2秒

でフラッシュニュースと天気でお仕舞い

夕方という時間帯を意識したつくりか非常に細切れ感の強い番組ですね~
積算すれば
ライブドア 4回 38分53秒
証人喚問 3回 15分40秒

重み付け的にはバランス感があるのでしょうか...
きっとアノお方はさぞ「お慶び」でいらっしゃることでしょう
これはもう狙いどおりだと



 TBS 6ch NEWS23  22:54-
トップニュースは証人喚問
正味12分35秒
小嶋証言を「番組独自に掘り下げて」かなり詳しくやってます

ついでライブドアは8分45秒

神戸震災11年が9分00秒
「ホテル シュレナ」「東山コーポ」を追跡取材
「ホテル シュレナ」では、裁判中の大手ゼネコンの手抜き施工にみる鉄筋の少なさ、空洞の壁、つながっていなかった鉄筋など倒壊して初めてわかった構造問題にフォーカスし、今回の姉歯問題から考えさせられる類似性と業界の実態に対して警鐘を鳴らす
「東山コーポ」では、震災後11年間補修もできず建替えられないマンションの例をあげ、「私有財産への税金の投入は却下」とした国の住民支援拒絶の姿勢をあらためて前面に曝け出す 
天災と人災で国の補償の矛盾を、今回のマンション強度偽装詐欺事件と絡めながら視聴者に問いかけようという狙い

冒頭からここまで30分以上CMなし(ちから入れている証拠だね)
このあと細かくCMを挟みながら、宮崎死刑2分15秒、フラッシュニュース(金日成、F15墜落、イラン核問題)、スポーツ、天気でエンディングへ


比較した中では一番まともに思えたナ
(筑紫哲也の好き嫌いはあるでしょうが・・・わたしはニュートラ  最近トンと見てなかったけど。。。)



 フジテレビ 8ch スーパーニュース  16.55-
番組冒頭から30分以上をライブドア事件で徹底攻撃
とくに安藤キャスターは個人的な恨みでもあるのか(あるんでしょうねぇ)、終始ひきつった、ヒステリー気味の口調(声が震えてるゾ)
いち早く犯罪者に仕立てたくて仕立てたくってしょうがないって感じ
「儲けるためなら何をやってもいいというのは置いといて」ってさ、事実関係を検証する前フリとしては、それこそ言わなくていいんではない?(気持ちはわかるけどまぁ落ち着いて)
「これわぁ」「とぉころがですよぉ」「いっきょによぉんじゅうごばいにもぉボーッとはねあがってるんですよぉ」「いったいどぉいうことなんでしょう」腹の底からイントネーション(強烈)
フリップ指す指がプルプルプルプル震えだしそうで、コメンテーターの一言一言にいちいち鼻息荒い
安藤キャスターは執念、怨念、鬼の形相(笑)
いや、鏡見た方がいいと思ったよ、ホント
コメンテーターに「・・・・・・。まずライブドアがしたことが違法なのか、違法じゃないのか、そのへんを区別して話さなくてはならないんですけども。。。」って苦笑しながらと諭される始末(ドウドウドウ)
「キーッ」って叫び出しそうで見ていてこっちもハラハラしたけど、日本音響研究所の鈴木所長に分析させたら絶対なんか言われるよ
[帽子?] 音響研究所鈴木所長
ちなみに総研・内河の証人喚問のときは普段の声より明らかに周波数帯が高かったんだそうです

完全に公正さ(安藤キャスターは冷静さ)を欠いていて、かえってメディア側の信頼性が疑われるような空気が伝わる
録画見直しながら家族で笑っちゃいました
安藤さん、V見て少し反省した方がいいよ

宿敵ライブドアをトップニュースに据える力の入れようも、政治の疑惑を放っぽっといていいような扱いにはかなりのアンバランスさを感じる
さすが誰ゾの「ご希望どおり」といったところか
残念ながらHDDレコーダーの不具合?でこの番組だけ冒頭の30分しか録画されていなかったが、その冒頭30分が全てライブドアで一色であったのはやはりこの番組だけだったことも特筆できる点
当事者として関わった例の買収騒動の私怨もあるとは思うけどさ、そこでこそ公共の電波を預かる者、「公共性」「公平性」を示すべく「国民の大事」「国家の大事」を優先するくらいの気概を見せて欲しかった

   せっかくなのでフジの夜枠からも・・・
 フジテレビ 8ch LIVE2006ニュースJAPAN  23.30-
トップはライブドア、7分44秒
証人喚問はセンカンド・イシュー扱いで4分03秒
この中で住民補償や阪神の震災にも触れる
安倍晋三など政界関与についてはたったの35秒には驚いた(さすがフジ!)
宮崎死刑は1分58秒

短い枠のニュースとは言え、やっぱり「社の方針」?



 テレビ朝日 10ch 報道ステーション  21.54-
トップは証人喚問
CM1回入るが、正味24分18秒
安倍晋三関与のニュースバリューは1分02秒
被害住民にも1分00秒しゃべらせる
朝日は自民党にかなり睨まれているのか? NHK検閲疑惑のトラウマか?
なんとなく慎重にさえ思える。。。

次いで宮崎死刑が8分04秒
タンク爆発、震災(1分15秒)、天気、スポーツをCM挟んで

ライブドア4分11秒+堀江会見からスタジオ解説へ15分03秒

あまり見たことなかったけど下馬評ほど古館も悪くないね(いまさらですが)
久米宏は帰ってくる場所がなくなったようだ



 テレビ東京 12ch ワールドビジネスサテライト  23.00-
親元日経だし、主旨も経済番組だしあまり期待はしていなかったが、「政治経済」なんて学問も図書館もブログのカテゴリーもみんな一緒に「不可分」扱いする政治と経済だから敢えて政治の大疑獄と経済犯罪の事件とどっちに重み付けしてくるか期待しつつ見てみた

やはり冒頭はライブドアで10分29秒
CM、経済特集をふたつ挟んでフラッシュニュースの後にやっと証人喚問
たった1分53秒ってあまりに軽すぎない?
しかもそのうち半分以上の1分04秒は安倍晋三の「釈明会見」
でスタジオ論調も小嶋の偽証罪を精査する必要があるって言うんじゃ完全に政治家擁護姿勢
ここまで露骨だと噴飯ものです

日経はリークと偏向報道で有名だというけど、スクープ好きの決め付け報道も得意であったのでこのタイミングで政治家擁護一辺倒ってのもかなりの不自然さを感じてしまいました


以上、在京キー局で見てみました


さてワイドショーはさすがにいちいちチェックできないので「お父さんのためのワイドショー講座」を参考にしてみましたところ
 1位 証人喚問(12時間27分34秒)
 2位 ライブドア(11時間03分36秒)


TBSブロードキャスターでは、冒頭留さん(福留アナ)が「まず今週はいろんなことがあった週でした。特に火曜日にはいろんなことがあったんですけれども、その前日のことでした。16日・・・」ってライブドア問題をトップニュースに据えてきた
なんとも微妙な表現だったが、果たして何が言いたいのだろうか?

「ライブドアNo2であり財務面のキーマンである取締役の宮内がちょうど中国に出張している16日が証拠隠滅の指示が出せないので、(偶然にも証人喚問の前日の)この日になった」
って検察側の言い訳じみたコメントを添えてみたり、みょ~に恣意的な感じ
「・・・ので、盛んに言われているような意図的にこの日にしたわけではない」といいたいのだろうか?
成長著しい企業の取締役の出張なんて年中でしょう
しかもああいう人たちって地球の裏側でもメールや携帯で即時連絡、指示できるもんだと思うんですけど・・・
また「証券取引監視委員会が検察に捜査協力をお願いした国策捜査」なんて表現も番組内でわざわざ触れてみているが、東京地検特捜部をタイムリーに動かせるのは絶大権力者の小泉だけ
"国策捜査"という一般の人には聞きなれない言葉を全国ネットに流したことは大いに評価するが、役所同士のお願い事なんてお手軽な話にしてしまうのはちょっとジャーナリズムの見識を疑ってしまう
というかもしかして政治的謀略説の意味消失を狙っているのか?
検察はNHKのフライング報道に抗議したと言っているらしいが、どこのサイトでは「検察がしかたなく動かざるを得なくこの日になったかのように、わざわざNHKと日経にフライング報道させた小賢しいメディア手法」と小泉+飯島のいつもながらの手口を切って捨てた

この統計によればワイドショーでもほぼ2分されている形が見て取れる
目論見どおりライブドアの話題で、政界ルートへの追及の手はかなり薄らいだかたちだ
金融というテクニカルな部分がある分ライブドアの方が追加取材や解説コーナーが作りやすいのも手伝う
さすが小泉+飯島メディア占領支配軍、TV局側の事情もよく理解したテーマの提供だ
もちろん「メール消去があった」なんて毎日"薪をくべる"ことも忘れない
捜査情報の意図的リークだ
しかしわたしも毎日不要なメールを消去しているが、「不自然な」と一言付け加えるだけであたかも証拠隠滅を連想させて全てを真っ黒との心象を植え付けることができるんだなぁと感心させられる
まだ復元作業中で何があったかわからない時点で「不自然」と言ってしまうあたり 情報開示する側の「不自然さ」 は否めない

 御用聞きメディアもB層愚民も
    踊る踊るよ小泉一座の笛太鼓


なおくれぐれもホリエモンの肩を持つわけではないのでライブドアが悪いことしていたんなら、「わざわざこのタイミングで話題を小出しに提供しつづける」なんてことせずにさっさと捕まえて欲しい
それよりもその裏側で高笑いしている悪い連中を白日の下に引っ張り出すことこそがメディアの、ジャーナリズムの本来の使命なのではないか
「さらりーまんジャーナリスト」と揶揄したが、「自己の保身」と「カネが一番大事」となってしまった、企業スポンサー、政治スポンサー至上主義が蔓延
権力に靡いた大手メディアは電波という有限資源の寡占状態にあぐらをかいた利権集団に他ならない

韓国では国民的英雄だというES細胞研究の黄教授の捏造発覚
一色に染まりやすいのは日本人と同じ気質のこの国において、韓国国内のイチ放送局が「国民からの鳴り止まぬ抗議」や「スポンサーの撤退」で番組打ち切りを余儀なくされる中、政府の妨害にも怯むことなく、黄教授に対する熱狂的な国民支持の逆風の中、追加取材と告発報道を続けた
しかして黄教授の謝罪会見を受けて、日本のメディアはこの放送局のジャーナリズム精神を賞賛してみせたが、他人事とするのは自らの襟を正したいという気持ちは微塵もないのだろうか?

「社の方針」「政府の方針」と責任転嫁で自己正当化することをサラリーマン気質と呼んでいる
 「強度偽装も社の方針」
 「輸入解禁も政府の方針」
 「ザルの確認検査も利潤追求の社の方針」
 「クレーム隠しも社の方針」

止められなければその組織ぐるみに飲み込まれた個人の責任も逃れられない
"構成員"なのだから他人事や人の責任では許されないと知れ

10年前は政治スキャンダルは容赦なく報道され連日お茶の間の話題となり、結果辞職に追い込まれる悪代官のような政治家がたくさんいたと記憶する
たしかにメディアにはパワーと責任感があった
ところがここ5年くらいは不甲斐なさばかりが目に余る
まさに"小泉以降"

「伝える責務」と報道に携わるものみな口を揃えて言う
自らの取材活動を通した確証を基に「真実を・・・」と言う意味だと理解していた
が、最近のメディアのあり方からは「言われたことを・・・」と思わせられることがしきりで、「伝える責務」の重みが違う
伝聞機関か? 権力のスポークスマンか?

政治と癒着しているのは経営上層部の意向だと思うが、現場レベルじゃまだまだ腐っちゃあいないと信じたい
手を緩めずに巨悪を追い込み続けて欲しい

そんな見方でメディアのあり方を見続けていきたい

コメント

ホリエモンさん逮捕されてしまいましたね・・・
親父はコケにされていたフジの社長が圧力をかけたんじゃないかといっておりますが。どうなんでしょうね。
陰謀を感じますよね

  • 2006/01/23(月) 20:03:59===
  • URL===
  • written by ぴーた
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/309-5a5c5a60

8月の天気

8月の天気です。 最低気温が21から26℃、最高気温が27℃から35℃でした。 気温は7月に比べると暑くなっています。 8月中頃が最高、最低共に高い温度になり、8月初めと終わりの気温は下がっていますが、全般に気温の変化は少ないです。・・・

  • 2006/09/20(水) 10:26:15===
  • 天津留学事情~定年退職後は、海外留学☆目指せ、シニアの星!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。