ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇室典範、小泉敗走! @目先の功名心と心の問題、国のあり方

まさに紛糾中の国会の最中の皇族家ご懐妊の報で、助ったのは小泉の方か?
郵政解散のときと同じ「意固地モード」に入っていたと言うから、このまま皇室典範解散してくれれば一気に地獄に追い墜としてやりたかった

国会の中で秘書官からメモ書き見せられて、「秋篠宮が?」と苦々しい表情をしたという
助かったのはお前だよ、コイズミ
思いのほかの抵抗もあり、その後一気にトーンダウン

安倍晋三は本来皇室寄りのスタンスも、官房長官と次期首相の目の前のニンジンで、踏み絵踏まされ腑抜けモード
一蓮托生でやっつけたかったが、とりあえず先送り
なにやら日頃の悪行三昧の数々がアッチでチョコチョコ、コッチでチョコチョコと噴出しているようなので、耐震偽装の土建屋利権筋と、ブラックマネーコバンザメのホリエモン筋とで、是非とも塀の向こうへ墜ちて欲しいものです

いろいろな考えの人がいるのだろうが個人的には、皇室のあり方は今の平和外交主義を踏襲してくれるのであれば、"日本人の心の拠り所"のひとつとしてあってもいいと思う
日本の中の"一本杉"みたいなものか
自由と平和の心の象徴のような
バランス欠いた小泉やその取り巻き、「内心の自由」を束縛し全体主義に邁進しようとする石原都知事と米長邦夫ほかその他雑兵(土屋たかゆき都議みたいな連中)を、"諌める存在"であって欲しい

  「くれぐれも強制にはならないように」

このひとことで一気に見直してしまった 2004年秋の園遊会@"国旗国家"と"女王の教室")

多くの人の"心の拠り所"は、必ず時の為政者に利用される
靖国神社だって国家神道としてのその生い立ちはともかく、結局は全体主義の"システムの一部"として利用されてしまっただけだろう
「死んでも魂はみんなと一緒」「だから思いっきり国のために死んでくれ」
まさに今地球のあちこちで起こっている「ジハード」と同じじゃないですか
正義のためじゃない戦争なんかないということ
正義の定義は時の為政者の胸先三寸

果たして全ての英霊が疑問も持たずに散っていったかは想像つき難いが、死んだあとまで自由を束縛されるのはなんとも承服できない(分祀さえも自由にできないと言う裁判があったようだ)
誰しもが「自由と平和のために」戦って死んでいった"つもり"だと思うのだが・・・


いみじくも小泉自身が「心の問題」とした靖国参拝
心の問題と言うのは「内心の自由」
万世一系の天皇を「心の拠り所」としたい人たちの内心の自由は、小泉一代の功名心のためにこんなにも性急に踏みにじられていいのだろうか?
そういう人たちにとっての正統性を阻害するような取り決めは「国のあり方」を変えるような大きな話だとさえ言える
まるでBSEのいい加減な解禁決定のように小泉の「自分の都合」でやってしまうべき問題ではない
国の行末さえも左右するような大事なことばかり
どうあるべきかは国民との間でじっくりと合意形成すべきであって、チョコチョコっとやってハイお仕舞いって馬鹿にするのもいい加減にしろっ!

覆水盆に帰らず
世界に誇れる戦争放棄の平和憲法も、万世一系の正統性も、何もかもぶっ壊しさえすれば歴史に名を残せるとでも思っているのだろう
世界遺産のようにぶっ壊しちゃったら戻んない大切なものは、この日本にもいっぱいあるんだけど

功名心の履き違えもはなはだしい
目の前のやらなきゃならない問題は放っぽり出しておいて、日本のシステムをいじりまわす
まるで子供のおもちゃのように

プレステで"信長の野望"でもひとり遊びしていてくれれば誰にも迷惑かけないんだから、是非とも引き篭もってもらいたいものだ

どうせやるなら仲良くしたい金日正将軍の顔色なんか伺ってないで明日から送金停止してしまえ
経済制裁は無意味と言っていた連中もアメリカの経済制裁でクルクルまわる将軍様の姿を目の当たりにしただろう
不誠実な外交しかできない国であれば、北朝鮮も一気呵成に追い込んでみたらどうでしょう?
アチラの照準は永田町と六本木ヒルズに向いているなら別に構わないよ
アメリカが本当に安保出動してくれるのかどうか試してみる価値あるのでは?
毒牛食わされても、京都議定書で恥じかかされても、「アナタについて行きます」ってやった挙句に、国連改革まで邪魔されて。。。
こういうときのために「高い保険」かけてるんじゃないんでしょうか? コイズミさん

アメリカ帝国総督府のコイズミ駐日大使としては本国の大統領にご相談してからでなくては無理かな?
なんかわが国の首相が、威張り散らしている雇われ社長みたいに見えてきた
「改革を加速」って「アメリカの経済植民地政策の加速」と見ればなるほどやっていることが符合する
首相官邸の日の丸が星条旗にも見えるゾ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/330-be52e63f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。