ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役目を終えたNHK @「手前みそ」と「予定調和」がもたらす緩やかなメディアの死

ホリエモン逮捕を潮目に4点セットで一転賑わう通常国会
その影で竹中座長の"NHKをどうする会議"がサクっと行われた
年明けの会議では「民営化の方向も視野に入れて積極的に論議」という論調だったと記憶している
ところがこの日は当の竹中がNHK擁護派に回りその豹変振りに驚かされる

前回の会議の終了後に出された小泉声明の影響(恫喝?)によるものであるのは間違いない

 ◆NHKの最大スポンサー小泉の擁護発言

「わたしの意図をまったくわかっていない」とでも言いたいのだろうか?
「やっていい改革と、やっちゃまずい改革とがあるんだよ、竹中くん」

完全なまでに権力を私物化している

新生NHKを目指すならこの小泉純一郎をケチョンケチョンにする番組を作ったらまずは認めてやろう
できるかな?


「どうする?紅白歌合戦」なるディベート番組に思う
自己反省、、、ん、謙虚でいい
と思ったら・・・
盛んに紅白歌合戦の舞台裏の制作サイドの大変さを強調したVを流しては悦に入る
「こんだけ頑張ってるんだ、こんだけ苦労しているんだ」ばかり
わかってよとでも言いたいのだろうか?

秒単位でシナリオを全うしようと言う「作り手のプライド」はよくわかった
でもその「つくり手主導の完ぺき主義」が逆にワクワクドキドキ感を損なっているのには毛の先ほどにも気付いていないようだ
生放送進行中のドキドキは「つくり手側のドキドキ」でしかない
完璧にこなせば完璧にこなすほど、ハプニングを期待する「見る側のドキドキ」からは乖離する

さらに愚かしいのはそのハプニングさえも演出しようとする勘違い
ゲストのリアクションまでシナリオどおりでどうすんの?
しかもリハーサルまでやって(笑)
笑うタイミングや尺(長さ)まで指定して・・・いや、滑稽でしたよ、うん

サーカスの綱渡りがハラハラドキドキなのは落ちれば死ぬことだってあるから
極限極地で超人的なテクニックを見せ付けてくれる卓越したプロの技
これぞまさしく「タレント」(talent)で、日本語に訳せば「才能」
プロフェッショナルだからこそ見る価値がある

大晦日の主役を奪われたプロレスにも"大筋"があるとしても、アレだけ殴られて耐えられるのはそれはそれで超人的で見る者を惹き付ける
(和泉元彌のアレは論外)


こういった討論番組でもその傾向はさらに強く見せる
テレビジョンのメディアとしての一方通行性を上手いこと隠そうとしているような番組作り
有識者のボードディスカッション形式を装っているが、予想通りNHKに対して手厳しい意見は皆無
みなNHKさまの顔色伺うような奥歯に物が挟まった意見ばかり
そもそもそうじゃない人はNHKの"人選"で排除の論理

街頭インタビューの不作為を装った編集もそうだ
NHKが立場をなくすような否定的な意見は明らかにカット
不自然さを覆い隠そうと8:2くらいでは"ライト&ソフトな"ご意見を混ぜてみる
それがまた白々しい
アンケート調査結果を円グラフで表示する手法は使い古されて説得力もって見てもらえないよ
統計的手法を気取って見せてもサンプリングでどうとでもなるわけだし
ましてや「ご都合どおり」の結果を上塗りしていればなおさら


本気でやるならやってみろ!
改革革新はまずは"自己否定"の中から学び取るもの
新生プランが聞いて飽きれる


そうだな、最大スポンサー・小泉たたき番組の前にまずは・・・

 「NHKのどこがいけない!?」

って真ん中にハシゲン総督とエビジョンイル将軍のふたりのA級戦犯を座らせ、現場制作者と不払い視聴者に車座で囲ませて、NHK側(経営トップ)の言い分を放送しよう
「現場は腐っちゃいない」ってのは信じていたいから、何が飛び出すかワクワクする
 ◆NHKの不祥事の数々 
報復人事が怖いのなら匿名ネット書き込みでもいい
言いたい放題の公開処刑で、それでも国民の理解が得られたとすれば新生NHKへの期待は高まる
いや、私刑(リンチ)じゃないよ、より良いNHKへの産みの苦しみ

アンケート結果は自前でなくて複数のインターネットのポータルサイトで集計しよう
街頭ご意見箱も全国2000ヶ所くらいに設置して幅広く国民のご意見を伺う
どうでしょう?
それくらいの覚悟はあるのかな?


たかだか50年ていどの歴史にこだわり過ぎ
懐古主義に辟易とする
テレビジョン創世記の話ばかりを出すが、視聴率80%は単に他に見るものがなかっただけ
電波独占にあぐらをかいて殿様商売がまかり通っていた時代とは違うのだよ
「見せてやってる」なんて国民に対する見下した意識が今をそうさせているとなぜ気付かないのか!

番組の作り方にも鼻につく部分が目白押し

  ひとこと 「手前味噌」

たまに民放でもやる「スクープ大賞」にも見られるが、NHKは一年中それをやっている
「NHKが」「NHKが」という言葉があまりにも多すぎて、みんな微妙に感じ取っているはず
連呼しないと存在意義さえ保てないとでも思っている証拠
「昔のNHKはもっと傲慢だったはず」「最近は大衆迎合し過ぎ」とNHKの立場を代弁するパネラーのご意見もあったが笑ってしまう
古き良き時代の輝かしき存在感を復活させたいだけなのだが、情報の伝達手段も受け手側のニーズも多様化する今の時代には、少なくとも80年代以前のようなその役割は終えている


「予定調和」という言葉が心に引っかかった
民放のようなはちゃめちゃ振りまでは期待しないが、秒単位でスケジュールが組まれて、セリフ回しやリアクションまでシナリオができている紅白歌合戦には何の刺激も感じない
要は「作り手側の都合」で何もかも進められている背景がそうさせるのでしょう
こんな討論している最中に、プロデューサー70余人が~、美術スタッフが~、ADに出演者の看板首から下げさせてセリフやリアクションのタイミングまでストップウォッチで計ってリハーサルやっています~ってVTRを挟んでいるだけでも全くわかっちゃいない
そこが問題なんだよっ!!!


優雅に泳ぐ白鳥は、水面下ではバシャバシャと水を掻いている喩えは多くのところに使われる
特に一方通行のテレビジョンと言うメディアについてはそうあるべきだと心底思う
つまりは仕上がった番組の内容だけで評価されるべきで、その裏の努力だの、言い訳だのは聞きたくない
何かにつけてそういったところにいってしまうNHKの体質はもはや「驕り」と言うより「滑稽」である

国民的番組をどうしたら良いか?
再び国民の半数以上が同時にNHKを見てくれるような存在意義は取り戻せないものか?
国民的番組という看板にすがって自分達の支出の半分を国民の税金で購ってきたその存在意義への疑問視がされることを避けたいのか?
アナログだけでも5チャンネルも占有しておきながら多くの国民に見てもらえないのであれば資源である電波帯域の占有さえ疑問視されるのを恐れているのだろう

さらには憲法違反とおぼしき放送法を論拠にした国民皆徴収を正当化したいだけなのだと思いますが。。。

一生懸命考えているポーズと"その意図"は良く伝わったので、今後はなにとぞ受益者負担としてください
ペイ・パー・ビュー方式で「紅白歌合戦を金を払っても見たいっ!」って思える人が増えるような内容にするべきでしょう

NHKはそろそろその役目を終える必要がありそうですね

今後は緊急放送のためだけのものを残し電波帯域のほとんどを返上し、完全国営放送化をした方が良いと思います
税金からの予算は今のものより大幅削減し構造改革の一端を担うというのが潔い

国営放送は必要というなら、それはそれ細々とやってもらいましょう(どうも今の地位は国営放送ですらないようだ)
クーデター起すときも武装勢力は国会と放送局をまずは占拠するんだって
放送局はそれくらい政権維持には必要なものらしい
そうやって考えると小泉+竹中大合唱の『公共放送』と言うところ、国としても電波帯域の確保は最低限保証したいでしょうから

でも番組なんか作らなくてもいいよ、もう
それでもつくりたければいっそ民営化しちゃえば?
プライド守らんがために税金使って強制徴収なんてもってのほか

  自信と自負は番組に向けてもらいましょう

それでこそみんながHappy!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/331-8e229186
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。