ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道管制のほうに危惧 @チェイニー米副大統領、誤射???

事件の故意、過失の別より、アメリカ副大統領と言う立場からだろうか、報道管制のほうに危惧を感じる

チェイニー米副大統領、狩猟中に誤って仲間を撃つ
 チェイニー米副大統領が週末、テキサス州でウズラ狩りに出かけた際、誤って狩猟仲間を散弾銃で撃ってしまっていたことが分かった。副大統領室が12日、明らかにした。
 撃たれたのはオースチンの弁護士ハリー・ホイッティングトン氏。病院のスポークスマンによると、11日夜に病院に運び込まれた。容体は安定しているという。
 この出来事は、最初、地元紙で報道された。
副大統領室が発表したのは発生から1日たった後になってからだった。
 現場を目撃した人物によると、チェイニー副大統領は、ホイッティングトン氏が狩猟グループに再参加したことを知らなかった。ホイッティングトン氏も、ハンターの作法とされる、再参加の知らせをしていなかったという。

[ワシントン 12日 ロイター]

しかしこのチェイニーって人は、嘘っぱちの大量破壊兵器まででっち上げてイラク戦争を強力に後押ししたひとで、戦争利権で凄い金儲けをしているひとで、自分に噛み付いてきたCIA工作員の身元をばらして芋づる式に世界中のエージェントの命を危険に晒すなど『国家反逆罪』の嫌疑までかかるひとで、、、数えるときりがないらしいが、そんなこんなの最中にこういう事件は嫌だったのかなぁ
もし撃たれた人が死んでたら闇から闇なんだろう、きっと
このハンティングに同行していた人たちも"事故"に気をつけなきゃならなくなったりして。。。
ちなみにチェイニーをはじめ軍産複合体によるイラク利権で大儲けしていたホワイトハウスの政治家どもを糾弾していた大学教授はなんども歩道で車に轢かれそうになったとか・・・
ついには名前を変えて身を隠す羽目に(まるでハイウッド映画を地で行っているような展開で恐ろしい)
あのドキュメンタリー番組以来お目にかかっていないのは彼が無事でいることを祈るばかりです

1日かけて事故として『処理』したのだとすると、自民党安倍晋三秘書の名前まで挙がっちゃった姉歯事件で真っ先に「自殺」と言うことにされた森田建築士の変死事件も、野口さんの死を「自殺」にしたがった沖縄県警と、国会で堂々と「自殺」と断定しちゃった警察庁の答弁とついついダブって見えてきちゃいますね

何事も正直が一番だと思うんですけど。。。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/336-e08413f8

チェイニー副大統領の政治にも「誤射」か

One Thousand and Sixty-Five Days To Go【TIMEへGO】タイム誌のカバーストーリーはチェイニー副大統領。もちろん、きっかけは例の誤射事件です。しかし、今回の事件に限らず、チェイニーの秘密主義は、マスコミから至って評判が悪いようです。タイム誌の表紙には次のような

  • 2006/03/02(木) 04:20:09===
  • TIME ガイダンス-Scanworld-英語を学ぶきっかけ探し

チェイニー副大統領(米)ウズラ狩猟中に男性を誤射

「チェイニー副大統領(米)ウズラ狩猟中に男性を誤射」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比...

  • 2006/02/13(月) 18:22:34===
  • ブログで情報収集!Blog-Headline
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。