ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふ~む、まだ幕は引かれていないのか? @民主党のメール問題に別角度の見解あり

大方の見方は「ブービートラップ拾った民主党の自爆で幕」

「たかだかガセ情報をつかまされた問題」「権力の中枢の不透明な金の流れの疑惑」よりも大きく取り上げている"権力のご希望どおり"の大マスコミはまさに本末転倒
見ているほうも喜んでみるような代物でもない気がするが・・・
時代の寵児を気取った闇経済とそれを利用した政治金脈の方がよっぽど知りたい!

そんな中、前回面白い見立てを披露した勝谷氏の追加情報がまた面白い

真相は常に闇の中、悪い奴ほど世に憚る
 よってもってこういう見方で表に散見する事象を見ていかないと、
  隠したい人間が権力を私利私欲で使っている限り真実は表に出ない

     悪い奴らにとって"都合のいい大衆"であってはいけない

そんなわけでご紹介

■2006/02/25 (土)
・・・小泉さんはいつものすり替えメディア操作でバカな大マスコミをまんまと騙して「何かピンチになると、逆境に入ると、なんかいい風が吹いてくるんですねえ」とご満悦だが
 http://www.asahi.com/politics/update/0224/006.html
この人がこうして高慢の風を吹かせるとだいたい揺り戻しがあったということを思い出した方がいい。
以下私のもとに寄せられている情報の断片から大マスコミの方々とは別の角度からの見方を提示しておくので週末の余暇にパズルを解くご参考に。
まず「例のメールは必ずしも偽物とは断定できない」。宛て名については私が先に書いたように「山崎」でほぼ確定。中に登場している宮内は「ライブドアの宮内とは限らない」。メールの行の頭が揃っていないなどの理由のキーは「転送」。そして情報源の秘匿とともに入手方法に問題があった故にその部分の公表ができないとの見方も。
次。民主党幹部が時折口にする「内外の口座」に党は命運をかけている。
特に「外」。110億円とも言われる金がひとつの口座だけでも通過している。ここで浮上してくるのが投資事業組合と野口英昭さんの名前であってそれだけに命懸けの慎重な調査が求められている。
最後に事件は国際政治的な広がりを持つ可能性。永田爆弾のあと情報はすぐにホワイトハウスに達していた。アメリカの各方面も今回の金の流れには重大な関心を抱いている。こちらのルートの解明は特捜部よりも民主党が頑張るしかない。特捜は別の方面でうまくすると政治家までたどり着く。それを誰より待ち望んでいるのは阪神電鉄の社長…おっとつるかめつるかめ(苦笑)。民主党の足を引っ張るといけないので書けないことばかりだがや(河村たかし調・笑)。
陣笠どもは別として自民党は笑顔ほど余裕ではない。民主党は馬鹿マスコミが言うほど馬鹿ではない。
http://www.diary.ne.jp/user/31174

「自民党は笑顔ほど余裕ではない。」
それは確かに感じ取れる
常日頃から汚い金にまみれている自民党のセンセイ方にしてみれば「振り込んで」ってだけで「ガセ」だとはピンと来ると言う
闇ガネはいつも現金とっぱらいと言うのがそういった"センセイ方の常識"だそうだ

  ただ個人的に思うのは、ビジネスの形態を"偽装"するホリエモン流ってのは
  もしかしたら従来のやり方とはちょっと違うのかもしれませんが・・・

  【追記】
   "がせメール"の真相を得意気に語る平沢勝栄は民主党の言う銀行口座も把握していて
   「私も確認しましたがアレはビジネスのもの」なんて言っていたのは聞き捨てならない

  【追記2】
   野中広務はTBSの時事放談で、「あれは自民党側で用意したものかもしれない」
   「平沢さんが持っているくらいだからそう言うことがあってもおかしくない」
   なんてことを番組内で幾度も言っていた
   警察官僚出身の平沢勝栄の素早い動きにはその当初から個人的には
   ちょっと気にかかっていたが、同じ警察官僚出身でしかも権力の中枢まで
   登りつめた"影の総理大臣"野中広務のそのわざとらしい突っ込みが
   事の真相を如実に物語っている気もする

いずれにしろ「あんな足のつくことはしない」と言うのは百戦錬磨の自民党らしさ
でもアレだけ金の臭いプンプンの若造を放っておくわけがないというのも自民党スタンダード(笑)だし、調子に乗り過ぎを言われていた武部のこと・・・ってのが党内の支配的空気なのも間違いない

「この人(小泉)がこうして高慢の風を吹かせるとだいたい揺り戻しがあったということを思い出した方がいい。」
なるほど確かに、余裕のないときこそ余裕のありそうなパフォーマンスってことですね。

川村たかしも"サタずばっ"で一生懸命言っていたが、メールの行揃えは設定次第だとも思うのだが良くわかりません。。。

村上タイガースが遠のいたのはファンにとっても嬉しい限りだと思う
三木谷と一緒に塀のアッチ側へ行って頂戴
ふたりとも最近異常なまでに息を潜めているのはドキドキなんでしょうか?

ホワイトハウスが異常なまでに敏感に反応しているという点が見逃せない
ただの証券事犯であれば極東の地での"エンロンのまねゴト"ぐらいで傍観が筋だろう
ここで海外の金の流れが本当であるならば、小泉がここぞとばかりに進めている『外国企業からの政治献金規制緩和(!)』に逆風が吹くのは必至で、「ニッポン・バーゲン・セール」をヨダレを垂らして待っているアメリカ政府には最大の関心事だ

「民主党は馬鹿マスコミが言うほど馬鹿ではない。」
そうあって欲しい限りです。。。
他の党が存在シェアのない昨今、小泉を止められる唯一の政治的存在なんだし。。。

ただやっぱり前原は信用できなくなったなぁ
元々信用はしてないけど・・・

鳩山も随分前から思わせぶりに語っている中、これだけデカいはなしだとしたら、今回永田にスタンドプレーを許した前原執行部の準備不足は否めない
小学生の学級会じゃないんだから
そこまで思わせる程のお粗末さから、もしかして別の思惑があるのかもとさえ勘繰ってしまう
もともと小泉以上に小泉的な日本版ネオコンの前原誠司
社会党的なものを斬り捨てたがっているのは端々に見受けられ、民主党をぶっ壊したいのが本音ではないかとさえ思える

右だ左だはどうでもいいと思っているが、この際バラけて政界再編の大政局にしてくれないかな
いまの日本は間違いなく重大な時期にきているにも関わらず、選択肢の全てが玉虫色でよくわからない、任せきれない
まさに究極の選択か?
せめて「なし崩しの日米安保新フェース」で行くのか「世界に誇れる平和路線」で行くのかきちんと選べるようにして欲しい

党議拘束と恐怖政治で生き残る道がイエスマンなんてどんな言い訳してみても民主主義崩壊の末期状態
ここに国民を謀る裏側の大連立なんて筋書きが見え隠れしてしまったら恐ろしい
今回の「前原対応」はそんな危機感が前面に出てきてしまった

小泉的なるものにきっちりオトシマエをつけてくれることを期待しつつ、今回の成り行きも見ていきたい

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/353-6bbdec46

ところで他の野党は今何してるの?

永田ガセメール問題が、約10日間テレビでは連朝連昼連夜流れる。もうどうでもいいという気持ちだ。飽きた。民主党内のことなんてどうでもいいのだ。テレビ局側にとってはこんなにいいネタはないだろう。議員とコメンテーターを何人か呼んで喧喧諤諤何か言わせておけばいいの

  • 2006/02/27(月) 18:46:02===
  • らんきーブログ

メール問題を冷静に考える  そのさん

週末を挟み週明けにはいい加減に結論が出そうな気配。様々な情報が錯綜している。明日の放映される政治番組に相次いで前原党首・鳩山幹事長・野田国会対策委員長が出る。ブログ上では明日も様々な意見が飛び交うことになるのであろう。かたや自民党では相変わらず幹事長が騒

  • 2006/02/25(土) 21:34:11===
  • 政治ニュース@若者のおたけび
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。