ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でました!"売国奴保護法" @小泉自民党、アメリカ型利権還流システムを目指す

これやっちゃっちゃーおしまいだよ

外資企業の献金緩和 資金確保で自民検討 (共同通信)
 自民党は14日までに、外国人や外国法人の持ち株比率が高い企業からの政治献金を事実上、禁止している政治資金規正法の規定を緩和する方向で検討に入った。外資系企業による日本企業の買収が容易になる改正会社法が2007年に施行され、規制対象となる企業が増える事態を想定。資金ルートを確保する狙いがあり、公明党や民主党の同調を求めて今国会にも議員立法で改正案を提出、06年度中の施行を目指す。
 党改革実行本部(太田誠一本部長)が法改正に向けた問題点の洗い出し作業に着手。ただ、党内には「外国資本の意向が党の政策決定に影響を及ぼしかねない」との慎重論も残っている。

[ 2006年2月14日19時17分 ]

ついにでました! "売国奴保護法"


安倍晋三などは、政治資金規正法に記載してまでダメだダメだって言ってる、外国企業からの事実上献金を既に隠れて受けてるって言うし、あとからルールの方を合わせようって魂胆かい!?
そうするとホリエモンの錬金術なんかで明かされた、香港とかの怪しいファンドの主体企業やら、誰が出資してるかわからない投資事業組合の金が流れた外国企業やら、スイスの銀行に隠し口座を持たなきゃなんないヤバイ企業やら、バージン諸島やケイマン諸島のタックスヘブンにある外資系保険会社の親企業からでも大手を振って金がガッポガッポと集められるわけですね
こりゃまさに"やつらが望んだ"構造改革!
今までどおり陰に隠れて闇ガネ集めるだけでは足らないんですかぁ?
こういうのを守銭奴、拝金餓鬼っていうんですよぉ

安倍晋三の秘密後援会(本人関知しないって国会で言ってんだからこう言っていいんじゃないの?笑)で一躍有名になったあの『安晋会』
この安晋会の会長ってのは外資最大手AIG生命の日本現地法人代表
ちなみに小泉構造改革の追い風の中、2004年度で一番業績を伸ばした外資生保であるとのこと
 AIGグループといえば、安倍氏どころか、安倍氏が支える小泉首相が従う米国・ブッシュ大統領の後ろ盾である米生命保険業界企業のなかで、04年度のわが国での新契約年換算保険料が、国内最大手の日本生命を初めて抜き業界首位になった、もっとも恩恵を受けている企業。
 小泉首相が進める簡易保険民営化につき、05年12月の日米首脳会談で、ブッシュが「外国企業も同等の扱いを受けるのか懸念を持っている」と、異例の一保険業界に関して言及したほどの圧力団体の中心企業なのだ。

さらに言っちゃうとこの『安晋会』の理事に沖縄で殺された野口英昭さんが名を連ねていたのは偶然?
もうひとりのヒトジニ、間髪入れずの自殺断定、森田建築士の関与を言われるマンション耐震強度偽装事件で、ヒューザー小嶋が頼ったのも『安晋会』って偶然?
世の中狭いと見るのか? それとも"求心力"が凄いのか?

安倍晋三だけに限らず、小泉+竹中
毎年毎年「アメリカ議会年次要望書」をそっくりそのまま実行してきた
[年次要望書] A2Jas.jpg
郵政民営化までしてアメリカ外資に生贄差し出したんだから、しっかり集金システムの方も作り上げようと躍起だ
まさに国家権力総動員体制

さらには日本版ネオコンの代表格、前原誠司・民主党代表が、茶番と思えば妙に納得行くような"永田ガセメール騒ぎ"まで起してよもやの自爆テロ
せっかく追い風しかも強風の中火の手上がった小泉自民党への総攻撃間近で昂ぶる民主党の兵器貯蔵庫に誘爆させてまで、もしかして企業献金を受けられない民主党に愛想つかしたのか?
そこまでして小泉に擦り寄りたいのか?
永田だけでなく、前原もそのうち自民党にいたりして

安倍+小泉+竹中+前原って顔ぶれを俯瞰で望んでしまうと、口では改革って言っていながらやっておることはネオコン新保守???
  マフィアと ...
  軍事と ...
  節操のない格差経済と ...
  ナショナリズムと ...

なんか表向きつながっていなさそうでその実結構つながっていて、日本の未来予測が怖い


◆日本がアメリカの51番目の州にはなれない理由
この表現を使うとやたらと怒り出す人がいるんだけど、ここまでくれば完全にそうなる
でなくとも完全に植民地支配状態だ
「いっそアメリカの51番目の州になった方がいい」という意見もあるが、その可能性はない
なぜならアメリカ自身が嫌がっているからだ

まずは人口
アメリカの人口が約2億6千万人、対して日本は1億3千万人
いきなり人口の1/3の"元"日本人が一気にアメリカ人になる
しかも単一民族で
日本併合後最初の大統領選で「日本民族大統領」が誕生するわけだ
それはそれで願ったり適ったりだが、そんことはさせやしないのはKKK的アメリカン
黒人大統領の前にイエローモンキーはありえんとか言うんだろうな
でも虐げられた有色人種の共感票が集まる可能性も無きにしも非ず
ま、既に滅んだ民主主義のアメリカではありえないでしょうね、きっと

次に経済
これは言わずもがな一時はアメリカをも追い落とした日本経済
その後のアメリカの謀略もまんまとはまり、いまや凋落
それではまだ足りぬと新自由主義の強制的導入で、アメリカと同じように98%の国民が貧民層になるまで陥れようとしている
アメリカの政治家や財界のトップクラスに多いというユダヤ人は人口比でなんとたった2%で富の90%以上を独占していると言う
毎日聞かされて耳障りに抵抗感がなくなってきている「二極分化」なんてのはこういう結末だよ
カトリーナ被災で助けを求めても見殺しにされてしまうようなあの大勢のアメリカの人たちと将来の日本人がダブってしまう

少子化対策なんてこと言ってみつつ、その実生きていくのも辛そうな将来設計を国がしているんだから馬鹿馬鹿しい
よってもって人口も十分減って、外国人労働者が大量移民してきて人種の"melting pot"となって、グローバルに金儲けできる和製ユダヤ人???みたいなひと握りの拝金餓鬼だけになった暁には、アメリカも星条旗の星のひとつにしようなんて思うかもしれない
そーそー、そうすれば日銀が必死になって買い支えているアメリカ国債も償還することなくすべてチャラっておいしい寸法

ところでユダヤ人なんて言い方すると排斥運動家と勘違いされるので、民族問題ではなくそのやっていることの方と言う意味(たまたま傾向が出ているだけなのかもね・・・しかし長い歴史の中の傾向だから困ったものだ)
日本人がそう言うようにならないと生き残れないってんだったらそれこそ問題だ
「産めよ殖やせよ」は戦時のスローガンみたいで嫌いだけど、ナショナリズム煽って意気高揚と軍事を説くのであれば、まずは子供7人は作らないといけないのかもね


そんなわけで、直近のアメリカ対日政策は金融植民地化
自ら手を下すことなく、アフガン、イラクの暫定政権と同じ
在日アメリカ傀儡政権に面倒は一切任せればいい
抵抗勢力には陰ながら睨みを利かせているからイッチャッテル人材が首相であっても誰も止められはしない
もう思い通りだ

 アメリカの選挙権は当然与えず、
  優秀な人材だけはアメリカに戴き、
   毒入りの食い物は日本人に食わせて

 新冷戦構造か?確信犯的緊張アジア外交で
  "反共の防波堤"として極東司令部を置き
   自衛軍で国防費増額、軍産複合体の上得意に仕立て上げ
    貧民志願兵を大事なアメリカ人の身代わりに世界各国へ派兵

 各個人が自己防衛だと懸命に貯めた老後の貯蓄も毟り盗り
  リスクマネーに市民権を与えては、
   金融市場のパイを広げて弱者を踊り食い
 
 「アメリカの作った憲法は要らない」といいつつ
  アメリカの作った"ルール"でカネを搾り取られる
   そんな愚かさに気付きもしない

これはもうオイシイはなしではないか
アメリカにとっては

 根拠のない「勝ち組への幻想」だけが支配する
  気付いたときには遅すぎる
   歴史はいつも雄弁に語っている

小泉+竹中が目指すアメリカの"コピー国家"・日本ってのはこういう目論見、青写真の上に乗っている
ただただ権力の維持だけかといぶかしがっていたが、ついに"売国奴保護法"という集金システムの確立に討って出た模様

これは間違いなく"アメリカ型利権還流システム"導入への第一歩だ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/355-9c60522c

追伸:ハエと遊ぶ (後日談)

前便をアップした晩の翌朝は出勤日だったので,午前7時に大音量のケータイの目覚まし音楽※で叩き起こされた.ケータイは階下の棚に置いた充電器に載せてあるが,音楽は屋根裏まで鳴り響いた.まだうとうとしていたが足先の延長にある隣室との境の壁を見ると黒々とした大き

  • 2006/06/15(木) 19:11:17===
  • エクソダス2005《脱米救国》国民運動

暗黒時代から安国時代へ・・・

TBを頂くブログの中に晴耕雨読 という私にはちょっと難しいところも多いが読み応え十分の素晴らしいブログがあります。何故かよくTBを頂き感謝しております。きっとどこかのブ

  • 2006/06/15(木) 17:38:24===
  • らんきーブログ

ますます強まる、外資の政治への影響力

2006年3月21日の読売新聞にこんな記事が載っていた。>自民党は、日本企業が政治献金する際の外資規制を撤廃する「政治資金規正法改正案」を提出する。>政治資金の拡大を探る同党と、政治関与を強めたい財界の思惑が一致したものだが、「外資による政策決定への影響」を懸

  • 2006/04/06(木) 00:03:47===
  • 路上日記@なんで屋

姉歯建築士

なんとも言えない気分です。

  • 2006/03/30(木) 07:27:17===
  • 本質を見極めろ!

【陰謀論】前原民主党の小泉延命 “ 自爆 ” は、米国のイラン攻撃を想定?【日本政界の外資支配】

約一ヶ月も前の記事だが、以下「Yahoo!ニュース - 共同通信」よりリンク先の記事を引用。米がイラン核施設攻撃準備 空爆中心、具体計画と英紙 【ロンドン12日共同】12日付英紙

  • 2006/03/07(火) 13:12:25===
  • いいげるブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。