ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主主義"発展途上国"・日本 @岩国住民投票で強行姿勢貫く政府・自民党と反し、意外にも・・・

「実はアメリカが今回の岩国市住民投票を重く受け止めている」
意外な言葉を聞いた

「見ない聞かない」とひたすら現実に突きつけられた民意から"逃避行"する政府、自民党幹部
安倍晋三は「無駄なことを」といい、片山虎之助は「地域エゴだ」と斬って捨てた
民主主義国家での代議士制でメシ食わしてもらっている"公僕"としては自覚をもて!
(そう言えば公民の教科書に書いてあった「公僕」という言葉は最近めっきり聞かなくなってますね。きっと2世議員やエリート官僚らに人知れず削除されたのでしょうか?)

本来民主主義は直接民主主義、つまりは全ての国民有権者が全ての議案について投票で採決し、ひとつひとつ国の方向を決めていくというもの
しかしながらその効率性を考えて「国民の代表者」たる国会議員を選出し、国民の代弁をする形で議論、採決する間接民主主義を日本では取っている

ところが国会議員は選挙さえ終わってしまえば白紙委任されたものと思い込み任期の間は好き勝手にまるで自分が「特権階級」であるかのように振舞う
片山ブタ之助の威張り具合などはそのままマンガのキャラになりそうである種滑稽だ
なかには国民から付託されたその権利を金に換えて私腹を肥やすものが多い
先に挙げたものなどはその代表例だろう

民主主義の何たるかさえ忘れて民意無視、言論封殺を謀る自民党を中心としたこの動きを象徴するような今回の対応だ
民意を軽軽に扱おうとしている

"アメリカの顔色伺いの小泉政権"においてはそういうことも不可避だろうと思いきや、意外にも"揉み手の腰折れ日本政府"とは裏腹にアメリカのほうが敏感に今回のいきさつを注視しているという
アメリカでは法律に相当するくらい実効力を持った住民投票が多くの州であり、日本なんかよりずっと直接民主主義が根付いているというのだ
そう言われると今回の小泉政府スポースクマン・安倍晋三の丸出し発言などは「民主主義発展途上国・日本」という見方を世界的にも知らしめてしまった
やもすると形だけ選挙やっている金日正王朝やサダム・フセインとあまり変わらない民主化レベルということになってしまう
毎年貢ぎ物をしているから爆弾は落とされないんだろうが、その程度の違いということか?(嘲)

返還前の沖縄に特派員として住んでいたという筑紫哲也
沖縄返還のときの背景は、アメリカの民意重視の姿勢だったと言う
「敵意に囲まれた基地はありえない」
当然ながら他にもいろいろと事情があるのかもしれないが、これはこれで意外な言葉を聞いた

今回の岩国市民の気持ちはもしかしたら、"民意不感症"の政府・自民党をすっ飛ばして、アメリカに直接届いているのかもしれない

そうやって考えるとこの後いとも簡単に話が配慮なく進むならば、それはアメリカの要求というよりも日本を売り渡す者たちによって軽軽に切り売りされているだけということなのかもしれないなんて事も思ってみたりした

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/375-26952976

米空母艦載機の移転、岩国市の住民投票で反対多数

◇岩国住民投票、米軍機移駐 「反対」 が圧倒 - 読売新聞 ◇岩国の住民投票が成...

  • 2006/03/14(火) 00:57:26===
  • ブログ生活 - つれづれなるままに -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。