ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デビュー・WIN!レクサスSC430 @スーパーGT鈴鹿で、大殊勲は"関谷監督の脇阪操縦術"

なかなか走るねー、レクサス
まさか新型投入で初戦勝利とは夢にも思わなかったぞ

でも圧倒的に速いじゃない!
200Rの外側から抜いていった時なんか「オオォー!ツヨイッ!」って感じ
ハヤイというよりツヨイという強烈な印象の抜きっぷり

同時ピットインで、脇阪vs虎之助はおもしろそーって期待したのに、虎がピットレーンから後ろのクルマに煽られておかしかった、、、そのまま1コーナーで曲がらずコースアウト
何があったんでしょう?(調べりゃどっかに書いてあるか)
意地っ張り同士で、ニューマシン同士で、ワンツー同士で、同時ピットイン
これ以上ない見せ場かと思いっきり期待しただけに残念


チェッカー後ドライバー、クルー全員を称えるチーム監督
でも、個人的には今回の優勝の最大の貢献者は「関谷監督!」だと思う

トップに立った脇阪は「リアのタイヤがおかしい。パンクじゃなくって、壊れてる」なんていつものように始まった"言い訳モード"
もちろんトップドライバーのセッティング能力の高さから来る洞察力であるのは否定しない
でも実はここ数年の脇阪ってあんまり好きじゃなかったんだよな===
寿一ファンのヒトには悪いけど、個人の雑感日記だし言いたい放題言わせてもらうので見たくなければ離席ください(笑)

2003年SUGOのクロスラインの競り勝ち優勝を頂点に、人気ばかりでちょっとね。。。
それからいままでまでずっとずっとあのシーンばかりが繰り返し流されるってことはそれを越えるものがないってことか?
TVで盛り上げなきゃいけない現代流ドライバーの立場も理解するけど、現役なんだしスタァ気取りだけでなく結果も残して欲しかったぞ
レーサーもアスリートも強くてなんぼ
貴乃花だって憎まれてても強かったから人気もあった
TVでしゃべる回数も増えたせいもあり、負けレースが増えれば必然的に"言い訳"が増える
いろいろ教えてくれるのはありがたいが、自分のことまで評論家チックだとちょっとなー
車載カメラやインカム音声までお茶の間に届いちゃうからレース中の"言い訳"もいっぱい聞けるし


で、今回「リアのタイヤがおかしい。パンクじゃなくって、壊れてる」とピットに「報告」した脇阪に関谷監督は、
「このままいこー。こらえて、頑張って」と、サラっと流した
52周のうちの37ラップ目
まだ結構レース残ってるじゃないって思ったんだけど、これが良かった

 「マシンの悪いところも含めてドライバーが頑張って」
ってことでしょう

「ピット入ったら終わりだから」とは言うものの、「今の状況を受け入れろ」って"喝"に聞こえた
だけど怒るでもなく、叱るでもなく、ジョーズだなー

走ってさえいればレーサーはギリギリで走ろうとする
それがこの世界の住人の本能でしょう
 「迷わず走れっ」
暴れるマシンでトップ死守するのはきっと寿一も燃えたんではないだろうか?
結果、頑張り見せてくれて2位を引き離してのチェッカーフラッグ


マシン下りたら「途中はホントに変なオーバーステア出てて・・・」なんて開口一番言い訳? 要は直ったのね
去年までの終盤追い上げってのも見方変えればもしかして同じような理由だったのかなぁ?(中盤沈んで・・・)

ドライバー本人はそうじゃないかもしれないけど、画面のこちらからは"言い訳モード"が始まると"捨ててる"気がしてならなかった
で、よくしゃべる(しゃべってくれる?)性格もあいまって翌週の劇走GTはアーでもないコーでもないのオンパレード
てっきり立川にシート奪われて土屋圭一といっしょに芸能界入りかなと思っていたが、よかったね
(去年スープラ終わるの立川は知ってて、脇阪が知らないなんてあぶなっかしー話もあったみたいだし)

長年トヨタの1stシートで、開発ドライバーもやっていることだし、おそらくマシンの挙動には人一倍敏感なんでしょう
マシンをいたわる"レース巧者"を自認するエース扱い・脇阪寿一は、レクサスのデビューレースということでトヨタのために完走させることに重きをおいて大事に行くのがいつものパターンだったんじゃないのかな?
たぶん関谷監督が吹っ切ってくれたんでしょう

例えばシューマッハなんかレース中盤に壊れたマシンでそのまま走りきって優勝しちゃったりすることあったし、どんなに苦しい状況でもドライバーがマシンの欠陥までカバーしちゃうもんかよとビックリさせられることもあった

確かに若いだけの専ら熱い走りから歳食っていくごとにクレバーな走りに変えていくのはとっても重要なことだと思うが、そうか脇阪に感じていたxxは、「若年寄」みたいな変に達観したところだったんだなと気がついた
実は関谷監督はこの辺の"弱点"に気付いていたんではないのか?
「壊れたと言う」マシンで最後まで走りきって後続をやっつけた自信を取り戻して、スピードファイターに恥じない"熱い"走りを見せてくれぃ

野村監督がプロ野球を面白くなくしたなんていうけど、イチローや王さん達がWBCで熱い野球で魅せてくれた
レースはもっと熱くなきゃ
今年は期待しているぞ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/394-4384fc66

王とイチロー

王とイチローの相性は? キーワードは「尊敬」

  • 2006/03/27(月) 16:50:52===
  • 運命学で天職バリエーション化~成功の秘術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。