ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わからないマスコミ @「男児投げ落とし事件」って

なんど聞いてもわからない
「男児投げ落とし事件」って?

連日TVで繰り返されるこの言葉だが、聞いてて気持ち悪いくらいの違和感を感じる
被害者の小学3年の山川雄樹君(9歳)は亡くなったとある
容疑者本人も殺害の意思を認めたとある
なんでいつまでも「投げ落とし事件」なんだ?
「殺人事件」じゃないのか?
どこの局もそう言わない

このマスコミの感覚はなんなんだ?
警察の意向でもあるのだろうか?


この犯人がやったのであれば許さない
いくら精神病の病歴があろうが許せない
人権派を気取る死刑廃止論者や弁護士はきっと死刑廃止のための廃止に意気高揚するのだろう
病歴があれば"しめたもの"だと

病気があろうがなかろうが
正気だろうがなかろうが
人ひとりの命を奪ったものは、自らの命をもって購え

冤罪だけは許せないが
故意や重過失で動かし難い証拠がある場合
組織や個人の私利私欲でやったことへの責任
奪われた命は戻ってこない
奪われた被害者の命と引換えに、加害者が得るものは反省だけすれば生きていられる権利
消された被害者の将来と希望、狂わされた遺族のこれからの生活
守られる犯人と守られない被害者
人権擁護が聞いてあきれる

因果応報がまかり通らぬ今の日本がおかしい
まるで国をあげて「やったもん勝ち」を奨励しているようだ

政治が腐るから社会が腐るのか? 人が腐るのか?
リストラ経済合理性に"免罪符"をつけた政府主導の新自由主義で、おかしくなった社会からは
どんどんオカシナ人間が生まれてくるぞ

それでもせめて人様には迷惑かけないぞと
みんな慎ましやかに生きているんだ
そういうささやかな幸せを奪い取っておいて、生きていく権利なんぞありはしない

悪い奴らは相応の裁きを受けろ!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/412-a540c76d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。