ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強権為政者の敗北 @フランス雇用悪法の撤回

「若者の2年間の無条件解雇容認法」はついに撤回されたようだ
頑なに強硬に法律を施行しようとしていたシラク、ドビルパンの政治指導力は弱体化するという

日本の現状を「うちの国だったら暴動だぞ」と日本人の飼い慣らされぶりに苦言を呈した友人は、たしかイギリスで働くフランス人だったはずだ
期しくも現実に見せつけてくれた

社民主義といわれるフランスではあるが、感心したのは労働者階級の連携
未就労の若者の条件悪化を社会全体が怒りを示して見せた
日常生活にストは迷惑だが、利用者も社会の権利と認めている点も一面的ではあるが成熟した社会の姿を見た気もする

日本だったらどうだろう?
きっと労働組合は新入社員の雇用が制限され、よってもって既存従業員の雇用が守られると考えるか、使用者階層から「お前たちがクビになりたくなければ従え」って言われて黙るのがオチだろう
自分だけよければ良いと言うのが現代日本流?
自分たちだけ得できれば黙ってしまうのが現代日本流?

PSE法に反対して見せたミュージシャン連中って偉かったなぁ (>関連記事)
ゼニカネだけでなくって、タマシイで仕事している人たちって、生きている人たちって良いよね

すぐに社会主義とか左とか言う人が出てくるが、バランス取れた社会の何が悪いのか?
反対側に転びそうな今の日本は、間違いなく反対側の重石が必要だ!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/416-674b01d0

フランスCPE問題、功を焦ったか

 最近気になってチェックしていたニュースは実は、民主党でもなければ首相後継でもなく、これ。フランス:政府がCPE撤回 労組・学生らの猛反対で まぁ、振り返ってみれば、去

  • 2006/04/11(火) 11:30:58===
  • プラチナ色のセレブリティ

仏ドビルパン(フランス政府)初期雇用契約(CPE)撤回

「仏ドビルパン(フランス政府)初期雇用契約(CPE)撤回」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2...

  • 2006/04/11(火) 10:32:32===
  • ブログで情報収集!Blog-Headline
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。