ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壊し屋・小沢待望論[2] @小泉公務員改革のウソ と 小沢流官僚改革

<<< [1]◆おちゃらけ政治家終焉の時代を期待 から続く

◆小泉公務員改革のウソ
小沢一郎は続ける
「キャリア官僚にこそ自由競争の原理を入れるべき」
「自分が上に行きたいと言う人は自由競争、負ければそれは仕方ない」

事務次官への出世レースに負けたものの天下り先まで組織ぐるみで保証しているのはナンセンスと言うことね、至極当然だ
自らリスクをとって上を目指す道を選んだのであれば、そのリスクはすべて自分で受け止めろ
そんなところを国が、組織が面倒見る必要はない
高待遇の再就職先の斡旋なんて、甘えるのもいい加減にしろ!

対してノンキャリはそこそこの待遇でしっかりと社会基盤を支えることに邁進してもらう
もちろんつらい仕事もあるし、選り好みも許されない
その代わりクビは最後まで斬らないのは賛成
ただし職務怠慢は即聴聞、2回以上で解雇するくらい厳しくあってもいいと思う
イエローカード、レッドカード制の導入
市民オンブズマン制度(告発と言うとたいそうだが)もしっかり入れるべき
くれぐれも公務員は特権階級ではないということを"勘違いさせないであげるべき"だ

官僚社会にも応分のリスク負担をという主張は大賛成です
マインドコントロールと"広義の"テロ @ご都合試算で増税にGO!
そんだけ国民サービス悪くしておきながら、もしほんのちょっとでも「無駄遣い」や「不正・癒着」が見られた時には縛り首だね
重加算税並みの懲罰金つけて政治家、官僚、役人に全額個人弁済させましょう!
組織的隠蔽や関与があった場合には、その指示命令系統すべての関与者で連帯責任だ
当然ながら上に行くほどそのサラリーと職権に応じて累進的に責任は重くする
もちろん時効なしで当時の関与者、決裁権者のOBまで遡及だ
決裁権の下位委譲で逃げおおせようと言うのが官僚の考えそうなことだけど、だったら決裁権者の任命管理監督責任もあるね
上にいるやつの責任は決して逃れられない
外部委託で逃げるなら随意契約だろうが競争入札だろうが、瑕疵があれば連帯責任だ
丸投げなんかできなくなって管理監督もしっかりやるんだろうなぁ
やり得の世の中を叩き直せ
出世に必死の管理職、キャリア官僚は「自らのためにも」綱紀粛正に頑張らなきゃね
腐った組織だと、上に行くほど生きた心地がしない(笑)
責任束ねて自己破産になっちゃうわけね
でもそれが組織のピラミッドってもんでしょう
「責任に応じた高待遇の何が悪い」って言うお人もいらっしゃるけど、じゃあ責任とった人ってほとんどいない
貰った以上に結果で返さなきゃいけないのよ
ましてや国家のお仕事でしょ

国の真ん中で"無責任主義"がまかり通る
他人事、責任逃れで高待遇が官僚、役人の「勝ち組」の証なのか?(嘲)
そんなものこそゴミ箱行きだ

いつの間にやらお手盛り解釈で「雇用保証に高待遇」の理想的な特権階級がつくられている今の状況こそが異常であり早急に是正すべき
それを見て見ぬフリをして、さらにはまったく逆のことをやろうとして行政改革だと抜かす小泉はもっとイカレテイル
この点はどんどん攻め立てて欲しい

小泉シンパの松原何某の口撃がはじまった
「小泉さんが今まで無さ過ぎた自由競争を日本に入れようとしたから、それが行き過ぎちゃったから格差が出てきたわけで、それを若干戻さなければならないと言う主張ですか?」なんて聞いて見せるが、その手には乗らないのは、さすが小沢一郎(笑)
この松原なる人物、どこぞの大学の教授で経済財政諮問会議の座長までやっているからまさに小泉+竹中の子飼い
「小泉路線の方向性の肯定」「ただのサジ加減の問題」に誘導尋問で陥れようと"落とし穴"掘ってみせるが、そんなトラップには引っかかりません
「違います。行き過ぎたんじゃないんです」
小泉路線は間違っているとキッパリ言明

「自由競争はいいんです。だけど自由と言うのは、イコール責任とモラルと倫理観と、それが当然伴うものなんです。それがないから小泉改革の成果だって言ったホリエモンがああなったんです」
「いくら自由だからって言ったって、ルールは守らなきゃならないんです」
「そういった意味での社会の、トータルのビジョンがないから、だからダメだといっているんです」

ここらあたりがタックルとかワイドショーにひたすら出演し、TVウケだけ狙っているスチャラカ政治家との格の違いか
確固たるビジョンをもっているからブレないのか? 引っかからないのか?

高野が続く
「小泉的政治手法は手前側からちょっとだけ手を加えて"やったことにする"
 だけどその結果先に行って一体どういう世の中を作るのかビジョンがない
 ビジョンがあってどうするのかと言う小沢さんと、郵政民営化のようにドアだけ蹴破ってその先どこへ行くのか「ついに示さなかった」小泉政治
 そこで一番違いを出してもらいたい」
小泉手法を実に端的に表わした言葉だった


◆小沢流官僚改革
「規制社会からの脱却、イコール官僚支配からの脱却ということをずっと言ってきているが、なにも国の官僚が要らないといっているわけではない」
「国家の役人、国家の官僚として、国家レベルのことをちゃんとやれと言うこと」
「地方のこちゃこちゃしたことまで官僚がやろうとしちゃいけない」

道路つくったりハコ物作ったり、補助金、ヒモつき助成金で地方の隅っこに至るまで"支配"しようって小さい肝っ玉がいけないという
同感だ

「いずれにしても本気でやろうとすれば官僚の抵抗はある」
橋本行革で人件費減らすなどとはもってのほかだと上級官僚が抵抗、結局省庁の数が減っただけだったと田原が指摘
「数を減らすとかと言うやり方がいけない」
「人件費減らすとかそういうのは些細な話、枝葉末節」
「国民もマスコミもそこを間違えているが」と前置きし
「国家の役人、官僚が何をなすべきかということをきちっと定義しないから、言って聞かせないからダメなんです」
「(国家の役人のすべきは)国家レベルの話ですよ」
「田舎の町の道路作るだのなんだのは、そんなことはみんな任せろと」
「そして国レベルのことをきちっとやんなさいと」

自民党は高級官僚に弱かった、民主党は官公労組合に弱かったからじゃないのかと松原何某はチクチク攻めるが意に介さない
民主党は党の支持基盤の労働組合自体が抵抗勢力になる可能性を指摘(というか王道口撃だよね-w-)

「組合にお願いに歩くことは何にも悪いことじゃない。」
民主党の若い政治家はふんぞり返ってないで歩いて回れと言う
「組合も55年体制のままの組合の感覚ではダメ。組織率も20%割ってるんですから」
「潰れはしない(親方日の丸の)官公労も同じ感覚」
「民間だろうが官公労だろうが、そこはきちっと言えばいい」
「我々はこういうもの(国、仕組み)をつくるんだ。そしたらアンタ方の役割はこうなんだと、言うことを言えばそれはもう・・・」

正論ぶちまけて、それでも聞かなきゃ・・・って睨みを利かせるんだろうが、そうであれば豪腕・小沢も支持したい
ひたすら利益誘導とバーターの自民党政治にはウンザリだ
結局社会党は労組の利益代表に成り下がったから、いざ社会党政権になってみるとまるで赤ん坊のように政権担当能力がないことを晒し斜陽の一途をたどった
政権交代を標榜するのであればこのくらい、恐いくらいの気構えが欲しいものだ
最近、「正論さえ吐かない」政治家ばかりになっていたからこれくらいやって欲しいもんだ

「わたしは自信があります」
「ただ減らせ、給料下げろと言う発想で言うからダメなんですよ」
「アンタ方は国家の役人として何をなすべきなのか!その役割をきちんと考えろ!と言うところからはじめないとダメなんですよ」
「民間だってなんだってお前の給料減らす、お前をクビにするって話だけやってたら誰だって反対しますよ」
「そんな話は枝葉末節!ボクから言わしたら」
「もっと役割を、使命感を、責任を与えて、うんと国のための仕事をやってもらうんだと。しっかりせいと。こうやんなくちゃ」

最初から私利私欲だけで国家公務員を目指した人は少ないだろう
みな少なからず国家の仕事を自分の知恵と体でやってみたいと思ったから官僚になったのだろう
当然ながら仕事を得ようとするのだから生活の安定は望むものだが、いつしか自分の出世、ポジションと組織防衛で保身の道を駆け下り始め、"低きに流れる環境"に慣らされ感じることも忘れている
まずは「腐敗臭の原因」である上を目指す階層を浄化して健全な官僚魂を取り戻させたいというところだろう


うじきの締めが良かった
「もしかして訴えてらっしゃるのは、変わらなくちゃいけないのは僕等日本人ひとりひとりだということかなと感じた」

 騙されて、流されて、
  気付くこともなく魂を抜かれている
   腑抜けの集まりになってはいけない

久々に政治家の話を聞いて腹にずしんときた


>>> [3]◆"コピー魔・小泉"の出方は?
へ続く



【関連エントリー】
 壊し屋・小沢待望論[1] @おちゃらけ政治家終焉の時代を期待
 壊し屋・小沢待望論[2] @小泉公務員改革のウソ と 小沢流官僚改革
 壊し屋・小沢待望論[3] @"コピー魔・小泉"の出方は?
 壊し屋・小沢待望論[4] @「権力の反対側の重石」健全野党の蘇生、そして政界再編への期待

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/417-71c4e5e3

【社説】韓日でかくも対照的な政府の公務員政策

【社説】韓日でかくも対照的な政府の公務員政策 3/9の社説ですが、日本の公務員改革を評価している。そして自国の公務員政策を非難している。増えているから。そして、最後にこう締めくくっている。

  • 2006/04/24(月) 16:03:26===
  • 朝鮮日報時事通信ブログ

命を懸けてビジョンクエスト

夢を叶える魔法の道具=ビジョンクエスト!夢を掴む人と、夢に敗れる人の違いってご存知ですか?

  • 2006/04/16(日) 21:30:42===
  • 経営セラピストの日記

天下り検証

天下りの調査結果2004年度版です、ご参考にどうぞ。

  • 2006/04/14(金) 11:42:25===
  • 人生のババ抜き
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。