ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壊し屋・小沢待望論[4] @「権力の反対側の重石」健全野党の蘇生、そして政界再編への期待

<<< [3]◆壊し屋・小沢待望論[3] @"コピー魔・小泉"の出方は? から続き

◆「権力の反対側の重石」健全野党の蘇生、そして政界再編への期待
小沢采配では、執行部人事は全員留任
国会運営中の混乱を避けるという表向きの理由となっているようだ
はっきり言って意外と思ったが、「前原人事(人選)の肯定」という一定の配慮、老壮青の三角形への配慮なんて「らしくない」のはNewオザワのパフォーマンスか?(笑)

どこかに書いてあった「任命責任回避説」ってそれはないだろう
留任だって立派な任命
代表の責任は逃れられないし、そこまで言うのはかなり無理がある気がする

穿った見方をすれば「前原、おまえだけクビ」ってメッセージとも取れるけど、それはそれで「豪腕・小沢」への"期待"のし過ぎか?(笑)
どうでもいいけどね

もはや余談ではあるうが、渡部恒三が「起き上がり子法師事件」での前原「引導説」をTVの司会者から指摘されて、
「ああ、あれはぁねぇ、置きかたぁによっては立たなぁいんだよぉ」って言っていた
やはり前原の行動をつぶさに見ていたと言うことのようだ (>関連記事)

本当は個人的にはここで政界ガラガラポンが見たかった
政界再編は、実は「小泉的なるものの危機」に直結するのではないかと思っているからだ

さすがに前原続投→小泉翼賛連立与党の妄想は消え失せてくれたのはなによりの吉報(このあとも前原グループでの自民党への鞍替えはあるかもしれない)
ケンカするときは相手の一番嫌がることをするの鉄則に従い、小泉自民党が一番嫌がる小沢一郎の登場

真打ちとも言うべき小沢の登場はかなりのインパクトをもって迎えられたようである
マスコミもひたすら過去のいきさつや関係者の証言、同じシーンの映像を繰り返し流してイメージの固定化を図る(飯島さんはさぞお慶びのことだろう)
政府もわざわざ横田めぐみの夫のDNAが韓国拉致被害者のものと一致したという大ニュースは民主党小沢代表ついに出るのニュースにブチ当てようと隠していたのに、なんと韓国メディアにすっぱ抜かれる官邸のお粗末さ
慌てて「まだ確認中」なんて安倍晋三が言ってみても、国民不在でワイドショー政治やからしたい小泉劇場の正体見たりだ

コイズミマンセーブロガー諸氏に至ってはもはやヒステリックな状況だ(笑)
稚拙な前原トリック(マジックほど幻想的ではなかったからなぁ)をいい機会に、よってたかって亀でもいじめるかのように民主党叩きで高揚し、いつの間にやら"宗旨替え"する輩まで出る始末(小泉さんも世耕さんもお慶びだ)だが、言葉が多い割にはあまり核心をついていると思える点が皆目見当たらない
そもそも現役政治家の多くでさえ「今の小沢一郎のことはどれだけ知っているか分からない」って言っているにも関わらずジャーナリスト嗜好?(志向x)のマンセーさんに至っては自ら精度の高い分析と称して語るのは笑止だが、ま、しょせん個人の日記の域を出ないのは小生とさして変わらないということで理解する
革命の志を気取るのでなければ、いっそ「さもありなん」くらいリラックスして臨みたいものだ
やはり難しい言葉ばかり並べているとついついトランス状態に陥ってしまうものなのだろうか?
にも関わらず自分の意見が一番という錯覚に溺れているようで、小泉担いでは袖にされ、じゃあ次はアベアベとこれまたマンセー山本一太にも通じるところがあり至極滑稽にも映る
ブログの不思議な魔力とでも言おうか?
何かできるかのように勘違いして逝ってしまうものなのだろうか?

純ちゃん純ちゃんとうるさい慎太郎も相当な小沢アレルギーのようだ
過去に相当やられたんだろうねぇ
この人も強気一辺倒だが、911のテロ選挙ではすっかり親族を人質にとられて応援していたはずの造反候補者を裏切った日和見主義者だと知ったからにはいまさら何を言っても信用には値しない
ソニーの盛田昭夫会長と「Noといえる日本」なんて書いていたのは遥か昔
目の前の小泉従米路線にさえ「Noといえない石原慎太郎」に小沢一郎を批判する権利はないと思うけどね

いずれにしても社会全体が過剰反応するくらいの劇薬だと言うのが良く分かる

菅直人は追求型では実は一番手ごわい
年金未加入問題では脇が甘いと揶揄されたものの、小泉の年金未納も逃げ道がないよう潔く「道連れ」を狙ったが、相手はイカレタ感覚の持ち主だったというのが最大の読み誤り
ブッシュがイラク戦争の大儀がなかったことを認めても、そのブッシュの先制攻撃を容認追認した責任を日本の総理大臣は意にも介さないという超常人(マトモデナイ)
さすがに総理大臣はマトモな人間だと思ったらそうではなかったという「読み違い」で哀れひとりで奈落の底へ
そういう意味でもお遍路さんは自戒自省の旅だったとわたしは理解する
本来であればもっとも破廉恥で糾弾されるべきは小泉純一郎であるにも関わらず、ミソは菅についた形

まるで原子力潜水艦のように潜望鏡深度の水面ギリギリを潜航しつづけていた小沢一郎の浮上で、先祖がえりを危惧する向きの気持ちも分からなくはないが、行き過ぎた最近の"お遊戯政治"の軽軽しさは一旦逆側に振る必要が出てきているような気もしてならない
「揺り戻し」は自然の理
破滅の前に行き過ぎを是正するものだ

壊し屋小沢の異名も、イエスマンしかいなくなった民主主義の危機的状況をぶっ壊すという意味では待望だ
ナベジイが言う菅直人は野党党首としては素晴らしいって言うのは言い得て妙かも
人気取りが必要というのであれば、都市型選挙と国会追及、スポークスマンは菅直人にやらせればいい
総大将が最前線に飛び出す陣形は、なりふり構わず節操ない小泉陣形には向いていないと思う

2大政党制を主張し結党された民主党
しかし今回の舵取りのお粗末さは十分にレームダック化を果たした
想い起こされるのは、土井たか子をかばって醜態を晒した社民党
「ウソツキ」「保身」「金権腐敗」は自民党を糾弾する正攻法にも関わらず、ここにはまると言うのも野党崩壊のパターン
即存在シェアを失うのは、有権者の期待をものの見事に裏切ってくれるからであり、国民はすこぶる正直だ

民主党はあのままではもしかしたら良くても社会党化かもしれなかった
万年第2党をよしとして政策に一定の譲歩を勝ち取ることで満足するのか?
対案路線というが、自民の政策とさして違いがない、Aに対するA’であれば実は2大政党でなくてもいいのだ
わざわざ民主党に任せようなんて国民は思う必要はない
2大政党とは「明確な対抗軸」をもって理念で国民に選ばせて戦うものだ
現実路線とさもそれっぽい言い訳で20%と50%の違いだけで「時間を潰す」のはそれこそ馴れ合い、メクソハナクソ
今の民主党、たとえば原口などの意見を聞いているとそんなことばかりが頭をよぎる
たしかに小泉純一郎の「後出しジャンケン」政策という卑劣な政治手法だということは間違いない
こんなイカレタ首相を相手取らなければならないというのはご愁傷様かもしれない

対案路線という言葉に騙されると実は翼賛政治に巻き込まれかねないというのはいみじくも前原誠司が示してくれた
進む方向が一緒であれば、船頭を選ぶだけで、その実はNo Choiceってことだ


◆小泉中央集権政治の最大の弱点は人材
小沢一郎の異名は豪腕、壊し屋
自民党の経世会を小泉より10年も前にぶっ壊した張本人
いっそのこと小泉、森派に煮え湯を飲まされている議員をゴソッと引っこ抜いてくれないものか?
綿貫、亀井らと密会?しているあたりからも期待してみた
イエスマンしか許されない息苦しい小泉自民党で思うように動けない(利権ではなく)政治家たちを抜けないか?

そうするとどうなる?
小泉の権力基盤は、結局、小泉的中央集権落下傘候補方式
クリーンな政治を世耕マーケティングで装っても結局は人材不足 
これは小泉チルドレンの大量発生で露呈してしまった

郵政造反のたった34名に対して刺客立候補しただけで、杉村太蔵が議員になってしまったのだ
スーパー店長、井脇ノブ子なんて間違って受かっちゃった連中が目に余る(八三回)
稲田朋美はなんと弁護士だそうだが、証人喚問質問での党に言わされてする質問ではボロボロのヒドイものだった
"小泉的ロボット政治"では、自分の頭で考えない、自分の言葉でしゃべれない、中身のない国会運営が続くのだろう
こんな烏合の衆で「官僚から国を政治を取り戻そう」なんてスローガン自体がお笑い種だ
こんなところにも小泉政治の大嘘が見透かされる
結局は官邸主導で中央省庁と談合するのが目論見だからだ

国会開催たった1日でなんと1億円がかかると随分前に聞いた (議員の歳費は別のようだ)
政策立案能力のない国会議員が増えれば、税金の無駄遣い感がより高まる
政府案に賛成票を投じるだけなら国会議員である必要もない
もはや政治家としての資質は必要ないのか?
今後は公募制にするというがその公募で集まったのは杉村太蔵
優秀な人材が「小泉チルドレン」のレッテル覚悟で損得だけで公募に応じる?
千葉7区補選の自民党立候補者公募も、民主党自爆まではほとんど集まらなかった事実
それがメール自爆以降に殺到したというから、これはまさに"タイゾー的無用の長物"しか集まらなかった証拠なのだろう

大勢引っこ抜ければ、たぶん小泉の生きる道は程度不問の「人足集め」、これしかない
頭数を集めるだけでも必死のご様子
ましてや優れた人材なんて、そこまで人望あるとも思えない
そもそも優れた人材が自らイエスマンになりたがりますか?
よってもって、権力の切れ目が縁の切れ目(それもなんだかだが)
ケンカぶてば絶対に公募で人集め

滅びの道へ加速してください

とりあえず小泉もしくは"小泉的なるもの"に対抗するものが自民党の中になくなった今、唯一期待すべき存在となってしまった小沢一郎
そんな意味だけでも「まずは」小沢を応援してみようかと思わせる、意外な考えの一致であった
最悪でもブルドーザーのように"小泉的なるもの"まとめてかき集めて、もろとも崖下まで持ってってください

 日本人は焼け野原からたくましく復興したんです
  日本人をなめてもらっちゃー困ります
 日本人が今忘れかけているものを呼び覚ますだけでも
  小沢一郎の役割はあると思います


お手並み拝見。

ふう、やっと終わった...愚文、失礼致しました

【関連エントリー】
 壊し屋・小沢待望論[1] @おちゃらけ政治家終焉の時代を期待
 壊し屋・小沢待望論[2] @小泉公務員改革のウソ と 小沢流官僚改革
 壊し屋・小沢待望論[3] @"コピー魔・小泉"の出方は?
 壊し屋・小沢待望論[4] @「権力の反対側の重石」健全野党の蘇生、そして政界再編への期待

コメント

はじめまして、ニケと申します。
TBを先にしてしまいました。いま壊し屋・小沢待望論の1~4を読み終わり、違和感ひとつ無く感動しています。全てに同意します。
以前にも読ませていただいた記憶があったのに、そのときは気付きませんでした。
これからも読ませていただきます。よろしく。

ありがとうございます

長文駄文に最後までお付き合いいただき嬉しい限りです。励みになります。
今後とも宜しくお願いします。

  • 2006/04/15(土) 04:52:58===
  • URL===
  • written by interceptor
  • [ 編集]

はじめまして

『壊し屋・小沢待望論』、拝読致しました。
私が自身のブログの「小沢民主、小泉政権を倒せるか?」の中で言いたかったことを、すべて具体的に、かつ理論的に書いておられ、何か代弁して頂いたような嬉しさ、感動を覚えております。
本当に小沢さんには頑張って戴きたいですね。
私の拙い文章で恐縮ですが、TBさせて戴くと共に、ブックマークを付けさせて戴きます。
小泉欺騙政治の終焉を願うひとりとして、こちらのブログを応援させて戴きたいと思います。
今後とも宜しくお願い致します。

  • 2006/04/22(土) 03:13:37===
  • URL===
  • written by TONY
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/420-61ca6cd9

民主党について

民主党について考えてみました。

  • 2006/04/24(月) 16:24:17===
  • 人生のババ抜き

【社説】年金を未納した長官が「負担は増やし、給付は減らそう」という不可解

【社説】年金を未納した長官が「負担は増やし、給付は減らそう」という不可解朝鮮日報2006年2月6日の社説

  • 2006/04/24(月) 12:17:16===
  • 朝鮮日報時事通信ブログ

選挙について真面目ななぞかけを思いつきました。

毎日楽しいなぞかけをつくっています。けっこう真面目な内容ですよ。「選挙の投票所」とかけて・・・

  • 2006/04/24(月) 11:40:01===
  • なぞかけブログ

ときどきマスコミしっかりしろといっていたが・・・

今まで、何度かマスコミしっかりしないとだめだ。テレビには期待しないとか書いていましたが、ちょっと考えることがありました。

  • 2006/04/24(月) 11:02:21===
  • 政経社会経営歴史評 つらつらブログってみます

【TONYの時事放談】小沢民主、小泉政権を倒せるか?

誤解なきように冒頭に言い訳をしておくが、僕はこのブログでJAZZやカクテルの話題だけを取り上げるつもりは毛頭ない。それらはHP『あなたとJAZZとカクテルと・・・』にきちんとコーナーを設けている。僕がここで政治の話題を書くのは、一般市民であるがゆえにこの

  • 2006/04/22(土) 03:14:32===
  • TONYの”あなたとJAZZとカクテルと・・・”

こうもりも鳥のうち

goo辞書によると「コウモリも飛ぶからには鳥の同類であるということ。優れた者の中につまらぬ者のまじっているときなどにいう語」というときに使うらしい。小泉自民党や小沢民主党に当てはまるのだろうか?少し違うような気もする。しかし自民党の中にも民主党の中にも尊敬

  • 2006/04/13(木) 21:15:20===
  • 私もひとこと言ってみる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。