ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書かねばならぬか・・・噴血覚悟で @山口母子殺害事件、最高裁で結審

書き出すと目から耳から血が噴き出しそうで・・・
エンジン壊れても構わないほどまわしてしまう怒りのレッドゾーンだ

山口母子殺害事件

犯人福田孝行自体も許せないが、それを弁護した弁護士と称する連中(安田好弘、以下)も同じくらい許せない
人権派を気取る連中は死刑廃止という自分たちの目的達成のためならどんなに理不尽なこと、酷いこと、汚いことをやってもいい」と思っている証拠だ
麻原裁判でもこの裁判でも裁判進行の妨害を企てる
挙句の果てには「被害者が抵抗するから殺した」「泣きやまないからちょうちょ結びで息の根止めて黙らせた」なんて弁護士という職業を認められた人間の発する言葉だろうか?

このまま書き続けると血管が切れそうで恐い

法律家でなくとも人権派を気取る団体や個人は、何はなくともこういう馬鹿げたテクニックともとれない擁護の方法を取るイカレタ弁護士をまずはきちんと糾弾、放逐して見せよ
こういう輩があんたらの代表として司法の場、公の場で語るのだ
そうじゃないと言ってみてもあんた等の考え方はこいつ等の詭弁で覆い隠される
それが嫌ならこんな無茶苦茶がまかり通らないように、まずは自分たちの方から行動を起せ!

被害者母子のご主人、本村さんの主張に激しく同意する
この事件は家族を守りたい私自身にも大きな転機となった
一部上場の他聞に洩れず、ハードワークの毎日が午前様で0時、1時の帰宅は当たり前のビジネスマン生活
夕飯つくって待っている妻と、父親に会いたい一心で眠い目こすって起きてくる幼な子
一家を養うために仕事に出かけ、帰ってきたとき本村さんが見た光景は・・・
自分が愛すべき家族さえも守れなかったこの無念さは計り知れない
そのとき自分がその場にいることができず、命に代えても刺し違えても犯人から家族を守ることができなかったら、あなたはどうですか?

人権派と自分を高いところに置くのも良いでしょう
お釈迦様にでもなったような気でいられるのはきっと気持ち良いに違いありません
犯罪者の更生を促して人ひとり救った気になっているのはさぞやご満悦と思いますが、命を将来の希望を奪われた無念さと守ってやれなかった無念さをあなた自身が踏みにじっていることにも気付かないのでしょうか?

よくTBくれるコチラの方の記事が目にとまりました

らんきーブログ
死刑廃止をしたいのなら、死刑制度を無くすためにくだらない悪知恵を犯人に教えたり、庇ったりする事ではなく、死刑にさせられるような悪人をこの世から減らす為の活動をする事の方が遠回りで地味かもしれないけど必要だと思う。
こういう犯罪を犯すと死刑になりますよと1万回でも1億回でも言って回ればいい!
それがいつの日か本当の意味での死刑廃止の世の中になっていく活動だと思うのだ。

私も人権は大事だと思うし、そういう意味では人権派なのかもしれない
権力に踏みにじられる人権は全力で守るべきだろう
しかし私利私欲や組織の利害関係から他人の人権を踏みにじったものの人権はそんなものは守る必要はない
ツケはきちんと払わせる、そういう世界であって欲しい

犯人の福田孝行はいみじくも獄中からの手紙で自分を犬に喩えていた
野良犬であれば野良犬らしくさっさと始末されてしまえ
人に危害を加えた動物は抹殺されるべきだ
動物愛護の現代においても一線踏み越えた場合は容赦なしだ
江戸時代のように額に「犬」とイレズミして「人権剥奪の上」生き恥を晒させることもできるかもしれないが、私闘決闘、私刑も許されない現代日本にとっては、市中に放せば存在自体がもはやリスクだ
そのリスク負担は社会コストでまかなわれるのか?
人権派気取る方々は、進んでこういう更生途上の人物を自らの私邸に招き入れ愛すべき自分の家族とともに食住ともにする共同生活の中で再犯防止と善の心を育ませるというのであれば崇高な主張にも一定の理解をしよう
そんなこともできないくせにTVの向こうのテーブルの上でお釈迦様気分に浸っているんじゃない

そう、人として越えてはならない「線」というものがあるんだよ
その線を越えたものには容赦は不要
その線をはっきりと広く世間に知らしめて、誰もが一線を越えないようにすべきだ


覚悟の上で越えるというやつもいるだろう
ではその覚悟に須らく応えてやるがいい

自分の犯した罪を認め、悔い、改心し、善人に心入れ替えて贖罪の日々を送る気になった犯罪者を、そこまで達した心のままで命を奪うことで初めて同等の罪を償うことができるのだ
謂れ無き人生の終焉を迎えさせられたものと同じ無念さを味あわせるのだ
ましてや口先だけで謝罪して見せ自分だけは生き長らえて行きますなどもってのほか
罪を認めていない人間を更生と称して社会で飼うのはまっぴらゴメンだ
人の命を奪ったものは、自らの命をもって購え!
死んだものは生き返ってこない残された遺族もそこからはじめて再出発に向かう
法治国家では自分でできないから国に代わってやってもらうのだ
それがなされないというのであれば本村さんの"覚悟"も、自分に重ねて理解してしまう

このテーマに関してだけはこういう「しょせんは他人事」という人たちの意見に耳を傾けるつもりはない
自分たちの偽善者ぶった主義主張を通したければ広く世間に叫べばいい
不当逮捕や冤罪の話とはまったく別次元の話だ
外野の人権派に奪われた人権、踏みにじられた無念」を時間が癒すだの憎しみの連鎖を絶つだの言って憚らない連中とは戦わねばならないとさえ思う
心優しき第三者を気取るのもいい加減にしろ
心優しき無遠慮な発言をした時点でもはや当事者だと言うことを知るべきだ
戦争でもそうだがそういう状況に陥らせないことが何よりも大切だ
やるべきことは別にある
履き違えるのも大概にすべし

どんな理由があろうとも人の命を奪ったという事実は揺るがし難い
「赦す」と言えるのは命を奪われた本人以外いないのだ
家族の口を借りて代弁するのがギリギリだ
裁判所は判事は事実認定だけすればいい
量刑のボトムラインは「死をもって購え」だ

「国家認定による殺人」なぞもともと誰も望んではいない
それが嫌なら国に人殺しをさせないで済む社会を先に作れ
無念を晴らすのを邪魔する暇があったら、犯罪自体を未然に防ぐ活動に身を焦がせ
自己満足のために、自分の価値観の押し付けのために、殺された人だけでなく残された人たちまでも踏みにじるな
犯人や論外の行動に出た安田弁護士をも擁護する天界にでもいるような気になった人たちは、こんな凶悪犯や凶悪弁護士と同罪だと知れ


最高裁も結審し、判決は今年の夏頃といわれる
最後の良心は国の裁きの頂に座する最高裁判所判事の英断に委ねられる
失われた社会のバランスを取り戻すのは司法の唯一にして最大の責務
なにより本村さんが自らの手を汚すことのないことを祈ります

コメント

拍手♪

同感、同感、「大」同感です。
私も、妻と娘がいますので、本村さんの事件は他人事ではないと常々思っていました。
しかし、私が本村さんの立場だったら、とてもあんな立派な振る舞いは出来ないような気がします。
「犯人 福田孝之」を、妻や娘と同じ目に合わせてから「誅殺」するのは勿論、「犯人 福田孝之」の命を助けようとした「似非弁護人」にも、何らかの制裁を加えるかもしれません。

20日の判決、裁判所は、くれぐれも「間違いを犯して、間違った判決を出さない」コトを祈るのみ。
恥の上塗りをするなよ!!!
最高裁!!!

初めまして。
関連の記事を書いたのでTBさせて頂きたかったのですがFC2BLOGにはTB出来なかったので記事内にリンクさせていただきました。
事後報告お許しください…

明日、最高裁 判決。。

  • 2006/06/19(月) 13:25:45===
  • URL===
  • written by みみ
  • [ 編集]

山口の母子殺害事件の判決は今日の15時です。私はこの事件の報道を見る度に涙が止まりません。最愛の妻子を奪われ、今まで戦ってきた本村さん。被告が極刑に科されることを祈っております。本村さんが今日墓前で良い結果が報告できますように。

  • 2006/06/20(火) 12:41:46===
  • URL===
  • written by tomomo
  • [ 編集]

過激な意見でスミマセン

私も山口の事件に関して一言言いたくて高裁差し戻し決定後、ホームページを検索中、このブログに行き当たり初めてFC2さんのブログ読ませて頂きました。私も全く同感です。本村さんの感情を極力押えた的確な意見を聞いていると、被告人への憎しみが更に増してきます。一人で家族そして自分の無念を晴らす為に戦っている姿が健気に思えて涙は止まらなくなるし・・・ 単純な疑問ですが、この手の事件を耳にする度思います。どうして理由も無く人を殺した人に更生の機会を与えなくてはならないのですか?殺された人の未来はその場で断ち切られたまま「これから」の時間すら無いのに・・・
犯人の年齢なんて関係無いと思います。まともな人なら大人ですらやらないような凶悪な事をした!それだけが事実じゃないですか!!私は過激を承知で言いたいのですが、人を一人でも殺した人は即刻死刑でいいと思います。あーだこーだと尤もらしい言い訳の裁判なんて必要無いと思います。もっと簡潔で良いじゃないですか!あの弁護士も似非ヒューマニストで大嫌い!!これが誤認逮捕と言うのなら別ですけど・・・犯人であること間違いないんだし・・・
まだ、最終判決が出るまで時間はかかるのかもしれませんが、本村さんには体を壊さないで頑張って下さいと
声援を送りたいです。

死刑

福田を社会に戻せば、間違いなく同じ過ちを繰り返す。死姦なんて常人じゃない。
また少年院や刑務所なんて更正のための施設ではなく、悪人の人脈構築や、悪心の相乗効果を高める場所だから。
安田はとどのつまり、売名行為とお金だけ。キレイゴト言ってるけど、ゲスな下心丸見え。
次の裁判で無期懲役の場合、出所後の居住地は安田の家、判決を下した裁判官が福田の首に縄をつけてトイレに至るまでも行動をともにするでいいんじゃない?もちろん福田は4足歩行。
だって犬なんでしょ?

  • 2006/06/21(水) 15:34:20===
  • URL===
  • written by 子を持つ親
  • [ 編集]

福田孝之の父親のコメントも能天気なものだ。シャバに戻ってきたら、そのうち、手をかけられるのは、この父親なのは目に見えている。覚悟は出来ているのだろうか?獄中からあんなふてぶてしい手紙をよこしながら、何が更正だ。私は、性犯罪を犯すような輩に更正などありえないと思っている。テレビで、死刑を執行された永山氏のことを報道されていたけど、別の次元の話。この種の犯罪には、被害者家族の前で、死刑を執行して欲しい位だ。性犯罪に寛大な日本の法制度ではどうにもならないのが歯がゆいかぎり。

  • 2006/06/22(木) 04:16:00===
  • URL===
  • written by tiggar
  • [ 編集]

最低な奴だよ

福田の審議の最中のようだが、様々な意見、強姦致死、とか精神鑑定、
死刑死刑と騒がせてるのは為政者の思惑とかいろいろ言われてるが
いずれにせよ、こいつが殺人を、しかも非力な女性、幼児をだ。
怨恨でもない、顔も知らない女性を卑劣な手段で奪ったのは事実だ。感情論で物をいうなといわれるかも知れないが、死刑反対、情状酌量も感情論ではないのか。こういうヒトの形をした病原菌の集合体は、死ぬべきだろう。性犯罪がらみの再犯率は高いとも聞くし、無期懲役で出所して第二第三の事件を起こされてからでは、取り返しがつかない。

  • 2007/05/24(木) 14:41:25===
  • URL===
  • written by 白ライオン
  • [ 編集]

最低、最悪

被告人のエゴで罪が軽くなるのが許されるのか?生きている、今ある命は大切で、もうなくなった命はどうでもいいのか?そんな世の中なら被告人にとって更正はくそ食らえって感じになるのではないか?取り返しのつかない行為に対してこうも寛大であればその取り返しのつかない行為がたいした問題でなくなってしまって、ひいては国民全体の正義感さえも衰退していまうのではないか?あの弁護団は一人ひとりの落とした命の重さを分かっていないのではないのか?今ある命に目を向けるのは結構だがすでに不幸にして死んだ人の命はもう人権が認められないのか、どうでもいいのか?おかしい。儀式?女の私が聞くと気分が悪い、吐き気がする。人をなんだと思っているのか?そのような思考の人間をどうやって更正の前に自分の命をもって償うべきだ。死刑が必要なければ過ちの大きさは測れないではないか?性的暴力についても軽視しすぎでないのか?これから善悪の分別をつけていく小さな子供たちがそのような主張が通る世の中ではいいつでも加害者、被害者になりかねないのではないか。日本にあんな弁護士はいらない。

  • 2007/05/25(金) 08:45:39===
  • URL===
  • written by
  • [ 編集]

人を殺めても。。

自分とは何の関係もない母子を殺害して 犯人はいつかはわからないけれど また普通に生活できるということがあってよいものなのでしょうか。。。 罪のない母と子を殺害し のうのうと社会生活をするのでしょうか。。。 突然奪われた命はもう二度ともどってきません。 なのに 犯人の命はあるのですよね。 
私が 本村さんだったら 同じことを望みます。 反省しても 命はもどってきません。
私が 犯人の親だったら 息子は死刑にしてくださいと 言うでしょう。
精神鑑定もどうかと 思います。 人を殺すという その行為自体普通の精神状態であったなら できないはずだと思うからです。 それで刑をまぬがれてしまう世の中は本当におかしいと思います。 それで極刑をまぬがれるなら 二度と同じことはしないという証拠をもってきてほしいと思います。
いずれにせよ なんの罪もない母子をあやめて 刑務所であるにせよ ご飯もたべられ 呼吸もでき 人に接することもできて 社会にでられる可能性もあるっていうことが納得できません。 本村さん母子はもう二度とできないのですよ。。
死んでしまったら 守られないのでしょうか。。 犯人を 守りすぎてないでしょうか。。
ほんとに 腹立たしい事件です。

  • 2007/05/25(金) 15:09:10===
  • URL===
  • written by 3児の母
  • [ 編集]

御武運を・・・。

本来、こういうコメントは客観的に述べるものでなくてはならないと思う。
しかし、私はもはや第三者的にこの事件を見ることが出来ない。
私が本村さんの立場になったら、それこそ拝一刀にでも、大石内蔵助にでもなるでしょうね。
人としての誇りは死んでも捨てたくはない。
然るに、その「人としての誇り」を踏みにじった福田孝行、及び弁護団を、私は決して許すことはできない。
御武運をお祈りいたしますぞ、本村殿。

  • 2007/06/27(水) 21:15:07===
  • URL===
  • written by 拝一刀
  • [ 編集]

許せない

山口県母子殺害
このニュースを耳にすると、テレビの前に立ち凝視して自分でも、全身が強張っていくのを感じています。卑劣で、どうして、このような人が今も生きていけるのか!
いつも、本村さんの気持ちを察すると涙が溢れてきます。
更生って、何ですか?人は、そんなに変われないと思いませんか?まして、あの友人宛ての手紙を知ったときは、こんなに腹立たしい生き者が存在するんだと、何を言っても駄目なんだと確信しました極刑を免れるための馬鹿みたいな嘘にもうんざりです!
不遇の過去を持ちだしてきても、やってはいけない事をしてしまった言い訳にはしないで欲しい。
弥生さんのように、作業服で工事ですと言われたら、私もドアを開けてしまうかもしれないし、きっと子供を守ろうと息をひきとる直前まで必死だったんじゃないでしょうか?
変わり果てた姿を本村さんは自分の目で見なければならなかった。残酷です。
死刑以外ありません。いつも、誰に憤りをぶつけたらいいのか、もし世の中に再び放たれる日が、来たらと不安でした。実際、凄惨だった〇〇事件の元少年は、私の知ってるスーパーで働いてたそうです。テレビで連日報道されてた犯人が、すぐそこにいた。これが現実に起こるんです。噂を耳にしても犯人と普通に接することなんて私には出来ません。罪を犯した人もやり直すチャンスをと言うのも分かります。でも事情によると思うんです。法律が云々とか難しいことはわかりませんが私も皆さんと同じ意見だと発言すべきだと感じました。長々となりましたが、このような世論が、どうか本村さんの手助けにならないかと願っています。

  • 2007/06/28(木) 02:37:53===
  • URL===
  • written by 二児の母
  • [ 編集]

悪魔の所業

はじめまして

被害者遺族をとことん愚弄し嘲笑う加害者とその父親。
そしてその鬼どもに味方し、悪知恵を吹き込み法廷では狂った理屈を振りかざして憚らない狂人弁護士集団。
オカルト的な言い方ですが奴らこそまさしく人の皮をかぶった悪魔です、魔物です。
こんな魔物どもの思うがままにさせてたまるものですか!
出来るなら本村氏を直に応援したいと思う昨今です。

  • 2007/06/29(金) 17:22:43===
  • URL===
  • written by 怒りの中年
  • [ 編集]

お疲れ様でした。

本村洋様、この度の本懐成就、誠に祝着至極に存じ上げ奉ります。
1999年4月より、長い月日だったことと心中お察し致します。
これで奥様と娘さんに報告できますね。
本当にお疲れ様でした。
まずは、ゆっくりお休みください。

  • 2008/04/22(火) 12:11:58===
  • URL===
  • written by 拝一刀
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/438-8e02f6a0

山口母子陵辱惨殺事件

1999年4月、山口県光市で鬼畜少年福○(当時18歳)が強姦相手を物色する為、配管工を装い居住地と同じ敷地内の社宅アパートを一軒一軒物色。そして本村さん宅に押し入る。本村弥生さん(当時23歳)を襲って殺害。遺体を陵辱後、

  • 2006/06/21(水) 23:03:14===
  • 野田寮雪板横乗部

生きたい・・光市母子殺害事件被告

「生きたい」と光市母子殺害被告山口県光市の母子殺害事件で、殺人罪などに問われ1、2審で無期懲役(求刑死刑)を言い渡された男性被告(25)=事件当時(18)=が20日の最高裁判決を前に「罪は重く極刑以外ないが、生

  • 2006/06/18(日) 09:52:53===
  • DANGER

山口県光市の母子殺害、20日に最高裁判決

山口県光市の母子殺害、20日に最高裁判決犯人 福田孝之決して許すことのできない事件の判決が20日にくだる。当時18歳だった犯人 福田孝之は、1999年(平成11年)4月14日午後2時過ぎ、会社員の本村洋さん(当時23歳)宅に、排水検査を装って部屋に入り、本村さんの妻(23歳

  • 2006/06/17(土) 22:48:53===
  • 湘南のJOHN LENNONの独り言

死刑制度とは2 -山口母子殺人事件より-

山口県光市で1999年に起きた母子殺人事件で殺人罪などに問われ、一、二審で無期懲役の判決を受けた当時18歳の被告(現在25歳)の上告審弁論が昨日18日最高裁第三小法廷で開かれた。前回記事を書いてから早一ヶ月が過ぎていた。> 死刑制度とは-山口母子殺人事件より-以下の

  • 2006/04/20(木) 14:13:27===
  • らんきーブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。