ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの『別・財布』、ニッポンの「コウゾウカイカク」 @グアム"移転経費"ではなく、米国内"軍事基地新設費用"の日本負担と言うべき

G7で中国元の切り上げ圧力共通認識が出て、日銀の量的緩和解除、ゼロ金利解除の思惑優先の"円高誘導"で「節約」とは、なかなか舞台装置がでかいこと。。。

国内向けニュースは円建てで報じるんだから、「あら、小泉さんとこの政府もずいぶんがんばったじゃない。ねぇ、この大根も安くならないかしら?」って八百屋の店先で大根値切る奥さんにも共感得ようという考えなんでしょうかねぇ?
マーケティング政治(爆)でいうところの「B層」対策ってやつですか?
     郵政民営化合意形成コミュニケーション戦略「B層」対策(低IQ支持者獲得) [濃縮された問題のページ@流出資料より]

日本の負担額や貸付額はドル建てフィックスなんでしょう(国際決済通貨だし)
でも報道はみんないろんな換算レートで報じるみたいで、聞くやつ聞くやつみんな違う金額(円換算)言っているみたい
「ご希望どおり」のマスメディアであれば負担総額は少なめに言った方が、もしくは減額幅(値切り額)は大きく、政府努力(噴飯!)は大きく見せたほうが「覚え宜しく」なのかな?
米軍移転費用、日本負担57・6%に…民活で節約
 在日米軍再編を巡る在沖縄海兵隊のグアム移転費について、日米が合意した総額102億7000万ドル(2006年度予算の換算レートで1兆1400億円)は、民間資本の活用により家族住宅整備費が4・2億ドル(466億円)節約できるため、実態では総額98億5000万ドル(1兆934億円)となることが25日、分かった。
 日本側の負担も57・6%の56億7000万ドル(6294億円)に縮減される。政府筋が同日、明らかにした。
 23日の日米合意では日本側負担を総額の59・3%、60億9000万ドル(6760億円)としている。このうち、日本側が負担する家族住宅整備費は、25・5億ドル(2830億円)。その内訳について、日米は〈1〉政府が国際協力銀行を通して特定目的会社(SPC)に出資する15億ドル(1665億円)〈2〉国際協力銀行などによる融資方式の6・3億ドル(699億円)〈3〉節約される4・2億ドル――と分類することで一致している。
 額賀防衛長官とラムズフェルド米国防長官が23日に会談した際には、日本側は節約効果の4・2億ドルを除いた実態の額で合意するよう求めた。しかし米側は議会などへ説明する際、日本側の負担割合が高い方が理解を得られるため、節約分も総額に含めるよう要求し、日本側も受け入れたという。

(読売新聞) - 4月26日3時9分

為替のレートより、金額の過多より、なによりこの「取引」は『歴史的意味合い』があるという点で危惧する

だってそうでしょう
前回のエントリーではお気軽にも『立退き料』と揶揄してみたが、日本国外の米軍基地設置に巨額の日本人の血税を使えるという悪しき前例なんとも無用意小泉お得意の『なし崩し』をやってのけたということだ

いや、これだけデカイ企みだからこそ、コイズミ的にはコソッとさらっとやっちゃまいたかったのだろう
『共謀罪』と同じように

そもそも「思いやり予算」でさえかなり???だというのに、こんなところまで日本を「コウゾウ・カイカク」してしまった小泉純一郎
カイカクとは米国への日本売り渡しと同義語で、その目的完遂のために日本のすべての構造まで変えてしまったというのは5年前には誰も想像できなかった本当に恐ろしい話だ
これでアメリカ議会の予算審議の歳入項目の中に『極東統括領からの拠出金』という項目が計上される日も近づくことだろう

なるほど財政赤字、双子の赤字などアメリカ合衆国の経済破綻が真剣に危惧されている中、脳なしジョージが減税減税で突き進める裏付けはこんなところにあるのかも
イラク戦費がエコノミストが考えるような国家財政の負担に感じられないのはそういうカラクリがあるのか
ドルや米国債を一生懸命買い支える日本の財布も、将来的にはアメリカのものと思えればぜんぜん危機感は感じないだろう

一般会計に対して特別会計が国の別の財布だと言っている場合じゃないかもしれない
今回の前例をすんなり受け入れると、まさしくアメリカにとっての『別財布』は日本になるということだ
グアム商談

『移転費用』と称して日本との関与を盛んに強調するが、よく見てみれば単なる撤退
それに加えて『アメリカ国内基地の新設』
全然関係ないじゃないか!
そうすると次は『国際貢献』と称して『アメリカ占領軍の海外基地の新設』まで負担させられるぞ
そもそも金に色はついてないからなんとでも言えるが、黙っていればなし崩し
泥棒が玄関ドアから入ってくるようになるかもしれない
しかも呼び鈴鳴らして、カギ開けさせて

これまた酷いアメリカ+小泉レトリック
危うく騙されるところだった

実は主権国家・日本の岐路に相当するような大事件かもしれないと思った今回の『グアム事件』
まさに『ニッポン売り渡し』の現場を国民環視の中で堂々とやってのけた
"沈黙の螺旋"の手口を試みる
ホントのところは気付かれないように。。。こっそりと

「気付き、騙されず、そして黙らない」がヤツラが一番嫌がることだ!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/446-7821079c

米軍再編:グアム移転費 小泉首相「たいへんよかった」(おいどこがやねん!)

ついに7100億円で決着がついたようですね。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/20060424/20060424_018.shtml>訪米中の額賀福志郎防衛庁長官は23日午後(日本時間24日午前)、米国防総省でラムズフェルド国防長官と会談し、在日米軍再編協議の焦点となっていた

  • 2006/04/28(金) 00:27:32===
  • 路上日記@なんで屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。