ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさんどうもありがとう @マルチレスにて失礼

最近励まし(?でいいのかな?)たくさんいただいて嬉しい限りです

コメント欄でお返しするのがふさわしいのでしょうが、1件1件お礼していると[RECENT COMMENTS]が自分のHNばっかりになってしまうので躊躇しております
恐れ入りますがご理解ください

>keitanさん、
>heartさん、

4/29未明の朝生では、3時間の放送中、2:48:48で蓮ホウが「審議拒否や本会議欠席のその過程を報じてもらいたい」といったところで、やっと「そう、凶暴罪どうなったのよ」と振る田原総一郎の卑怯さを見ました
世耕と蓮ホウが言い合い始めたにも関わらず、なんと10秒もせずに話題を凶暴罪から逸らしておりました
つづいて田原から振られた川村が凶暴罪について続けようとしたら「凶暴罪じゃなくって世耕さんと蓮ホウさんのどっちが正しいか?」と凶暴罪から必死に逃げる始末
残り時間僅かで"最後っ屁"くらい見せるかと思ったのに。。。やはり田原は確信犯的に逃げていた

ちなみにその間(後も)1分近くも田原の背中のメイン画面にはどこぞの新聞の「凶暴罪審議入り」の記事がでかでか映っていたが田原はそっちのけで話題を別方向にもって行くのは番組の方針というより田原総一郎のケツのアナの問題のようです
OA中、自分の番組(朝生、サンプロ)は「タブーに挑戦している」「ギリギリのところまで突き詰めている」なんて朝生の裏話をまとめた著書の宣伝で言っていただけに、コイツも石原慎太郎と同じ張子の虎ですね


>TONYさん、
>ESUさん、
>ロカタンスキーさん、

ちょうどあっためてたエントリーでUPしてみました
  ◆【妄想特急】 小沢的政界再編予想図
政治の予測をできるのは当の政治家でもできないということですので、あくまで[妄想]を書いてみました
中には自ら「精度の高い分析」とまで称してしまう方もいらっしゃるようですが、小生はあくまで個人の日記の言いたい放題というスタンスです
どうせ知らないことのほうが多いでしょうし、表に「滲み出てきた事象」を点と点で結んで、はまるピースとはまらないピースをより分けるのが関の山です

小沢ファンの方々にはちょっとしらけたかもしれませんが、私が小沢の一番いいところと思っているのは「虚華就実」のところです
単なる権力の亡者であれば自民に残ったほうが遥かに賢い選択でした
でもそれをしなかった
連立のためなら一番小さいグループの細川を担ぐ離れ業
2度目の総理のイスのチャンスにも関わらず、あっさり身を引いた
いろいろ言われる手段の先に確固とした何かを見据えているようなところなのかもしれません
いや、まだ分からないことだらけですからこの辺にしておきましょう

福田は何を考えているのでしょう?
旧福田派の流れを汲む森派があんな滅茶苦茶集団になってしまってどう思っているのでしょうか?
小泉が小泉なら、森も森です
闇ガネ裏献金の集金力はピカイチでしょうが、それで靡くようなら福田もそれまでです

なにより「大政奉還」がなされるのかは、福田にとって見極めが肝心ですね

で、[妄想]したのは、「小沢一郎 AS 坂本竜馬説」です
明治維新の立役者、坂本竜馬は、薩長の藩士が倒幕後のポスト争奪にあくせくしている時に、自分は入らんとひとり遠くを見据えていたといいます
周りの推挙もあったようです

つまらんことにはこだわらない
そんな大きな政治家だったらいいなと言う期待もあるかもしれません

平成維新なんてちょっと大胆な発想ですが、『遅れてきた世紀末』から生じた『小泉暗黒政権の5年間』を完全にリセットして欲しいですね


>佐藤秀さん、

 「見ケ〆料」、many thanksです
 安くない用心棒代なのですから、アメリカにはその分働いてもらいましょう!


ほかのみなさんも、貴重な情報、書き込みありがとうございます
諸般の事情により几帳面にお答えできないものが多いと思いますので、ネチケット知らずの無礼者と斬り捨てていただいても構いませんが、なにとぞゆるりとお付き合いください


なおTB(トラックバック)いただいた方には、できるだけ速やかにTBいただいた記事のTBをお返ししております
カウンターTBの際にはよろしくお願いします

TB先のブログの設定によってはTB受け付けていただけないものがあるようですが、個人的にはTBはブログの最もいい特徴で「相互リンクのお誘い」だと理解しています

「記事見たよ、で、私のも見てよ」って感じで輪が広がるのは素晴らしいですよね
情報洪水の波間に埋もれてしまう稀少かつ貴重な情報の伝播ができれば、お仕着せ、紋きり調で、統制された巨大メディアに頼ることもなく、心と言葉の自由を守れるものと思います

たまーに、記事の内容とは違ったTBも見かけます
基本的には当方の記事に一種共感をいただいたものと理解し、TB元の記事に返すのが礼儀かと思っておりますが、なにぶん記事の内容が似つかわしくなかったりすると私のほうも他の方から「スパムかこいつ」と思われてしまいます
別にどう思われようが気にはなりませんが、そういうこともありますのでご配慮いただけますと幸いです

なお専ら宣伝目的のスパム系は遠慮なく削除いたします
先日「アイフル」で1本書いたら来るわ来るわのアフィリエイトばかりのTB
サラ金系は手数料高いんですよね、たしか。。。
「ライブドア」で、株、投資のアフィリエイトも熱心ですね
ウザイから送って来ないでください(ロボットか?)

最近巧妙なのが、数行だけ関連ありそうな記事があって覗くと、その数行以外はみんなエログロ宣伝の偽装スパムTB
振り込め詐欺同様よくやるよって感じです
その知恵他に使いなさい

なお、アフィリエイト自体は否定していません(私もヒトにオススメできるものだけ+google ad.はやっています)
ボランタリーのブログの世界で読者に迷惑かからずにそのくらいはというのが私の考えです

一方的な金稼ぎ目的のTB排除に役立ってくれているのがFC2の機能です
コメント、TBを承認制に設定可能です
一応公開可能にする前にTB先のページは確認していますのでビジターさんに迷惑かからないようには配慮していますが、そのうち少し経過してから内容書き換えたりリダイレクトかける小賢しい輩が出てくるかもしれませんので、その時はご容赦ください

承認制のためできるだけ早めに承認するようにしますが諸事情ありますのでこの辺も何卒ゆるやかにお付き合いください

以前「スパム対策機能」なるものを有効にしていたら、TB元の記事内にコチラのURLがない場合TBを受け付けないという機能だったということが判明し、その機能がついてから1ヶ月くらいTBが自動的に弾かれてしまっていた時期がありました
ご迷惑おかけしました方にはお詫び申し上げます
便利な機能なんでしょうがTB元の方に負担かけるのは忍びないので現在はOFFにしています
説明読んでもいまいち誤解してしまっていた機能なので、お気づきの方はご自分のブログの設定を確認されることをオススメします

やっぱりトラックバックがブログの一番の魅力なんでしょうから

最初からTBやコメント受け付けないようにしちゃっているブログはもったいないですよ
スパムに辟易しているのだとは思いますが、一方的なTB(自分だけ宣伝)だとスパムのやっていることとあまり変わらなくなっちゃいますよ
そんなにお困りならFC2ブログをオススメします
ちなみに私も引越し組みです


なんて世はGWで、少し充電しようかと。。。
しかしブログは便利ですね
ネットに繋がればどこでもできる


ところで小泉はサマーワ電撃訪問するんでしょうか?
変なスケジュールの外遊ですし
当初噂のあった北朝鮮かなとも思いましたが、臆病者の謗りを残したくはないのでしょう
ついこの前も黒鬼女と白般若ジジイが二人揃って行っていましたし(あそこでやれば効率よかったのに)
その場合、日の丸1号2号はどうすんでしょうね? 目立つし
コソッとどっかで乗り換えるんでしょう

自衛隊のみなさん、給水公務にかこつけて駐屯地は空にしましょう
狙ってますよ、狙ってますよ~
戦闘地域になっちゃいますよ~

コメント

また拝見させていただきます

朝生の様子がわかりありがとうございました。田原さんですが、共謀罪を4回シリーズで扱うはずだったというサンデープロジェクトがなぜか1回で終わったとのことでご苦労あるかと思います。イラク戦争開始直前にイラク入りした田原さんは、時のナンバー2に、このままだと本当に殺されますよ、と。インタビューで質問しました。そして、本当にイラク戦争が起こり、当人は死亡が伝えられました。田原さんは、色々な恐ろしさを実感しているのではと思います。

  • 2006/04/30(日) 11:04:02===
  • URL===
  • written by 散策
  • [ 編集]

郵政解散選挙報道の総括

小沢一郎が政権を獲ったら是非ともやって貰いたい事がある。
それは昨年9月11日に行われた衆院選挙報道、所謂「郵政解散選挙報道」の総括だ。
周知の通り新聞、特に「テレビメディア」はやってはならない事をやってしまった。
要するに確信犯的に一線を越えて「放送法」は勿論、「公職選挙法」を審判してまで小泉を応援したのだ。
故にそれの「ケジメ」を取らねばならない。
田原総一朗やその他の放送業界人はテレビメディアを始め、あらゆるメディアにて
「テレビが小泉大勝を齎したと言う説は間違いだ。」
などと詭弁を弄するが如く言い訳にならぬ言い訳をしているが周知の通り事実とは違う。
彼等は小泉の為に盛んに宣伝宣撫したのだ。
まず、衆参両院に「特別委員会」を設置して「余りにも露骨だったテレビ朝日」を中心に事実関係の徹底究明を行うべきである。
参考人として「テレビ朝日会長広瀬道貞、田原総一朗、松原聡、草野厚、古館伊知郎、アナウンサー渡辺宜嗣、大谷昭宏、
みのもんた、岸井成格、辛坊治郎、田勢康弘、福留功男、テリー伊藤、宮崎哲弥、黒岩祐治、猪瀬直樹、伊藤洋一などその他
大勢の報道関係者並びに評論家などのテレビ文化人を招致して貰いたい。
そして当時の報道ビデオを委員会に提出させ、(仮にテレビ局サイドが「無い」と言っても国民の誰かは必ず録画している筈である。)
参考人の言い分を聴取し、事実関係の徹底究明をする必要がある。
勿論、その内容はNHKに協力を仰ぎ、ゴールデンタイムに中継するべきである。
(唯一NHKだけが「放送法」と「公職選挙法」を守ったからだ。)
そして今後この様な不祥事を起こさせぬ為に政治報道に関する厳格厳正なルールを定めるべきである。
これは断じて言論統制でも何でもない。
報道の自由の名を借りた偏向メディアと結託した「一部勢力」によるメディアファッショの抑制措置である。
とにかく「テレビ朝日」を始め、テレビメディアに於ける政治報道の酷さは言語に絶する。
小沢一郎は朝日新聞のインタビューにて「メディアは一線を越えた。自殺行為だ。」と断じた。
故に新聞やテレビメディアの確信犯的悪質性を十二分に認識しているであろう。
是非とも小沢一郎にお願いしたい。

  • 2006/05/01(月) 12:41:38===
  • URL===
  • written by 郵政解散選挙報道の総括
  • [ 編集]

小沢一朗が自由党の時、正直、期待した。
自民党よりハッキリとした理念を感じた。経済政策にも期待が持てた。また、捕まったってしまったが、西村真悟の様なよい人材も存在した。

しかし、今はというと、ああもなり下がってしまったのか?
本来、水と油のはずの横路と手を組み、理念を曲げ、自らを隠し、権力をつかむことだけを考えている様にしか見えない。
むしろ、最後の足掻きに見えてしまう。
そして、田中真紀子氏との関係。
彼女を近づけると言うことは、自分の信頼が低下すると言うことがわからないのだろうか?
田中真紀子は既に化けの皮がはがれている。あんなめちゃくちゃな人間に後押しされた政治家を本気で支えることが出来るだろうか?
近く、民主党は分裂するのではないだろうか・・・

  • 2006/05/15(月) 00:58:14===
  • URL===
  • written by aaa
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/455-ef14ea17

小沢一郎&真紀子さん相性

フジテレビの日曜日朝ワイドの調査で民主党の支持率が自民党を追い抜いたそうですね。すごいですね、小沢一郎ファンにとってはいよいよ時節到来というところでしょうか。となると、関連して気になるのが小沢応援団長を自認する田中真紀子さんですが

  • 2006/05/09(火) 18:07:11===
  • 占い日記 わたしは誰ですか、私の歩く道はありますか

内閣御用達評論家

今日の最高気温は22.4度。一日中、Tシャツ一枚で過ごした。明日は、27度まで上がる予想とか。暑さに弱い身としては、勘弁して欲しい。もっとも、これから涼しくなる訳ではなく、一日ごとに暑くなっていく訳で、いまから覚悟が必要。これから、5ヶ月ほどは、ひたすら我慢の

  • 2006/04/30(日) 22:44:54===
  • 南城悪口三昧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。