ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交わされた"悪魔の契約" @東京地検特捜部のメンツは、司法警察悲願の『共謀罪』成立とバーターか?

どうも最近の世の中には解せないことが多過ぎる

なぜあんなに与党自民党は『共謀罪』の成立を急ぐのだろう?
なぜあんなに広範囲の犯罪に共謀だけで逮捕できるようにすることに小泉政府案、自民党案はこだわるのだろうか?

政治権力 にとって言論封殺の手段としてはこの上なく都合がいいのは間違いない
戦前の治安維持法の拡大解釈適用が言論の自由を奪い取った暗黒社会を歴史の轍として日本人の多くはDNAに記憶しているのだろう
まさしく政敵の抹殺だけでなく、不都合なことを言う市民の弾圧粛清にまで使われた

そしてもう一方の受益者
警察権力 にとってはまさに永年の悲願
裁量逮捕権の獲得
いまでも別件逮捕は捜査手段のひとつとして使われるが、そもそもチトつらい判断の元に身柄拘束するわけで、一歩間違って不当逮捕に繋がるケースは少なくないと言う
たとえばイラク派兵に反対し反戦を叫んだ人などは団地の1階の郵便受けまで行けば「家宅侵入罪」で逮捕拘留だそうだ
もう司法警察側はこんな微罪逮捕なんかで「苦労」する必要はなくなるだろう
まさに『打出の小槌』のような法律

何度も議論にはなるものの日本では認められることのない「おとり捜査」「司法取引」
今回はなぜかこの言葉はそのまま使われないように気を使って扱われているようだが、日本の司法が立法が認めないこの捜査手法も共謀罪成立で可能になる
通報者の刑の減刑、免除はまさに「司法取引」
共謀者を見つけて司法取引をバーターに他の共謀者の情報を引き出すように内部に侵入させれば「おとり捜査」そのものだろう
なんだったら協力者は最初から用意することだってできるだろう
刑の免除まで法律のお墨付きだ
市民同士の見張り合い、監視社会だ密告だなんて実はお気軽な話ではないのかもしれない
司法警察にとってはパラダイスのような世界が待っている


共謀罪の急な審議入り偶然にも時を同じくして、"平成最大の疑獄事件"になると思われた2つの事件の捜査も急展開

耐震偽装事件は8人が別件逮捕され、小嶋と内河をそれぞれの頂点として幕引きに向かうのか?
伊藤公介は、安部晋三は胸をなでおろしているだろう
土建金脈の森派にとってはこの集金装置は手放すわけには行かない
総理総裁まで繋がっていると言われたこの事件は強引な権力の横槍があったのだろうか?
行政の不作為と自民党、公明党議員の利益供与、そして政官業癒着の構造問題を白日の下に晒したくないからだろうか?
まだ同じ甘い汁を吸いつづけたいからだろうか?

堀江貴文容疑者が保釈された
容疑否認のまま94日での保釈決定は前例のない"破格の扱い"だと言う
検察側も準抗告までして保釈取り消しの異議を申し立てたが、別の裁判官に代わろうが何しようがしょせんその人選は政府側の都合だろう
ライブドア事件では飼い犬に手を噛まれたとでも思ったのだろうか? なんと地検特捜部の人事にまで手を突っ込んだと言う小泉純一郎
ある時期を境になにやら急に弱腰に変わった捜査の進展も、いまでは"落とし所"は全面自供している宮内ひとりに罪をなすりつけて、ホリエモンさえも執行猶予ではないかという(無罪になると言う見方まで出ている)
海外にまで及ぶ投資事業組合の錬金術の解明は?
スイスまで捜査員を派遣した金の流れはどうなった?
野口さんが死ななければならなかった沖縄開発事業と自民党政治家と闇社会の住人の関係
安倍晋三の名前がコチラのほうでも挙がったのが手打ちに至る原因か?
自民党の新世代利権、闇ガネ錬金術に深く斬り込まれそうになったからだろうか?


もはや何でもありのようだ

そうやってみるとここのところの不自然なまでに急な動きもなんとなく。。。
酷い世の中だ


地検特捜部は面目丸潰れだろう
メンツを何より重んじる方々は、司法上層部と小泉政権のこの裏取引はどう思っているのだろうか?
現場は決して腐っちゃいない
そんな言葉を聞いてみたい
 がんばれトクソー
  唯一総理にお縄を掛けられる存在
そうやって応援してきてみたが、果たしてこれで手打ちなのだろうか?
斬り返すことはできないのだろうか?

まずは悪法成立を阻止するところから始まる
バーター外せば『パンドラの箱』のカギは開くかもしれない

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/457-4ecdec50

臓器移植法改正の動き

1997年に制定された臓器移植法の改正案が昨年8月、国会に提出されたが、衆院解散に伴い審議入りせず廃案となっていた。このたび自民、公明両党の有志議員により二つの臓器移植法改正案として3月31日、衆院に提出された。自民、公明両党とも党議拘束はかけない見込み

  • 2006/05/15(月) 19:12:46===
  • 晴耕雨読

死ぬ権利、死なす権利、死ぬ義務

臓器移植を問う市民れんぞく講座からお送りするシリーズの最後になります。 この臓器移植と脳死の問題を弊ブログで取り上げ理由は今回の記事を載せるためです。医療という切り口から見えてくる今日の社会の有りよう、「脳死」したドナーが我々と重なりあって見えませんか?

  • 2006/05/09(火) 22:30:23===
  • 晴耕雨読

第74号 共謀罪第2ラウンドに向けて

連休明けには、共謀罪第2ラウンドが始まる。我々はこれに負けないためにも、今回提出されている案件が更に破壊力を増している事を知り、敵以上に迅速な行動を取る事が求められる。

  • 2006/05/07(日) 18:24:39===
  • 帝國愁報

第73号 『小泉改革』の総仕上げ

『小泉改革』は、宣言通りならば実質今国会で打ち止めになる事から、今国会にたくさんの改悪案を畳み込んでくるはずだ。我々は、常に政治の動きに注視せねばならない。

  • 2006/05/03(水) 16:44:28===
  • 帝國愁報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。