ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の司法もマスゴミも役立たず!なら・・・ @イギリスBBCのドキュメンタリーやアメリカのNGOに力を拝借が『吉』

なんともショッキングな報道
いや報道されないのがショッキング

   習志野市不正選挙疑惑①「大手マスコミはなぜ、取り上げないのか?」

歴史上稀に見る大接戦で盛り上がったアメリカ大統領選での不正投票疑惑を暴いたドキュメンタリー映画 『ボーターゲート』
現職大統領の不正発覚の発端になったwatergate事件と、vote(投票)をもじった異色の問題作、というよりドキュメンタリーだ
VOTERGATE
川口順子が当選した神奈川の補選では票の不整合が数箇所の投票所で発覚するも、まさにその直前で圧倒的母数の多い911小泉圧勝選挙ではただのひとつも「報じられない」のは不思議でならなかった

そんな折、N市の露骨な不正選挙を報じた「わが国でも某発展途上国並の不正選挙が存在する?」は溜飲下がる思いで読ませていただいた
なんと習志野市でしたか!

そりゃやっぱりあるんだなと触発されてリマインダー記事を上げました
 ◆民主主義の危機「管理選挙」と「共謀罪」、監視されるのではなく監視すべき
ここでも書きましたが、為政者の都合だけでなく、裁判所は社会秩序を守るためと称して(単なる言い訳)不正選挙を認めたがらない
本当は一切の不正をキッチリと排除してこそ社会正義と社会秩序が符合しあるべき姿になるのだが、どうもそんなことはお構いなしになってしまうあたりがなんとも解せない

こういうときは外圧を利用するのが一番いいでしょう
日本国内に正義が存在し得ないのであれば、日本の恥を世界に晒そうとも、それは日本の将来のためだと思うに十分である

「日本は黒船に弱い」と歴史のトラウマから誰もが諦めるのを利用して、郵政民営化や金融緩和をアメリカからの指示書『年次要望書』(参考:2004年版訳)に書かせたのは、実は小泉+竹中からの要請で『日本売国の確信犯』であったと言う話までアメリカの議会筋から出てきている
しかし私利私欲のこういう企みとは社会正義の点で同列に論ずる必要はない
日本が自浄能力に欠けている小泉"以降"であるからこそ、グローバリズムの目に晒されるべきだろう

日本で証拠能力もニュース性もないといわれるこの告発ビデオは、日本の現状を写し取るのには格好の材料とされるだろう

NHKの改革論議に盛んに参考にされるイギリス国営放送BBC
カネの話しかしない日本の政治屋と役人とNHKの経営幹部の『お腐れさま』どもは、BBCの権力に対する毅然とした報道姿勢についてはまったく度外視している
よっぽど彼らにとっては都合が悪いのだろうな
時の政権や王室まで糾弾し得るその報道姿勢は、少なくとも社会正義めいたものが見て取れる
いくつか拝見したドキュメンタリー番組にはアメリカ政府機関や自国イギリス政府の陰謀めいたことまで取り沙汰されていた
是非、小泉"以降"の日本にも目を向けて欲しい

アメリカのどこぞのNGOが「圧政国家」のワーストランキングを調査発表していた
詳細不明だが、彼らに日本の現状をつぶさに知らせたらどんな回答が返ってきただろうか?
少なくとも"いまの議席数"で議論されている"内容"が日本の行く末であるとすれば『穏やかな結論』はないものと思える

自浄能力を失いつつある今の日本には、ブッシュ以外の外圧も必要なのかもしれません

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/461-cda12d27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。