ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは"カースト制度"から改めたら? @安倍晋三の『格差固定政策』、急発進!(笑)

安倍晋三、会心の"格差社会対策"第一弾
で、出てきたのが、いきなり 『身分制度』 だってんだから思わず噴飯

フリーター採用枠を検討 国家公務員3種で100人
 政府の「再チャレンジ推進会議」(議長・安倍晋三官房長官)は13日までに、国家公務員3種(高卒程度)について毎年100人程度の「フリーター採用枠」を新設する方向で検討に入った。
 バブル崩壊後の不況期に高校などを卒業し、就職が難しかった現在20代後半から30代のフリーターに就労機会を提供する狙い。ポスト小泉有力候補の安倍氏が、改革に伴う格差拡大の是正策の一環としてアピールする思惑もある。
 ただ、新たにフリーター優遇の採用枠を設けることは、国家公務員5%以上純減の政府方針と整合性が取れなくなるとの指摘もある。国家公務員採用を担当する人事院も難色を示しており、今後の調整は曲折がありそうだ。

(共同通信) - 5月13日17時55分

この国家公務員試験って、勉強したやつが報われるって制度を作り上げたのは、『テストだけは"巧い"』官僚たちが集う官僚機構に間違いない
こんなものに"拠り所"を求めている時点で本質を見誤っているのではないか?
現代日本でもてはやされている受験勉強なぞ"しょせんはテクニック"でしかないからだ

そこで得られし階級は終身雇用制度の中で不変の地位を約束する

ノンキャリアはいつまで経ってもノンキャリアだってこと

幾度となくTVで見かけた覆面インタビュー
音声変えて、すりガラスの向こう側で本音を話す役人たち
「試験に合格した我々役人は優秀だ」「優れた存在だ」「選ばれた人種だ」なかには「特権階級だ」「一般人と同列に論ずるな」とまで言い切った人間までいた
エリート意識は滅私奉公のために使われるのであれば賛成だが、現実は腐敗と怠惰で糞まみれ
右肩上がりの日本経済の中では、たまたまベールに覆い隠されてきただけだろう

格差の象徴にされているフリーター問題もカースト制度の一番底辺に組み込んで、とりあえず一丁アガリって対処療法のつもりなのでしょうか?
100人ってことは「やったフリ」が最も重要ってことですね、シンゾーくん(笑)
なんかコイズミっぽ~(嘲)

どうせやるなら学歴、職歴、年齢、性別、何もかも不問で自由参加の人材養成機関、虎の穴でもつくってみたら?
キャリアもノンキャリもフリーターも転職組も関係なく自由参加
実力だけで勝負をしていく毎日の課題
当然ながらずっとふるいにかけ続けた選抜後は、高級官僚の上に立つようなポジションにつけるとか(プロジェクト制にしないとここでの格差固定も生じるか)
政治家含めて嫌がるやつは多そうだなぁ~(笑)

あ、それから公務員5%削減は恩給や天下り先含めた"政府支出"で見るべきでしょう
外部委託ビジネスを"偽装"した『人件費の肩代わり』、随意契約も全部含めて
現場や若手ばかりクビ切って見せないで、『腐敗臭の最大の原因』である給料高い方から順に切っていけば

コメント

なにが政府じゃ、お前ら全員アウト!

もう、まったく、その通りなので、特にコメントというようなものはありません。仰ることに限りなく同意いたします。政府のやることは、セーフじゃなくて、アウトばっかりですね。人事院が難色を示したと書かれてあったけど、いっそのこと、そのフリーターの人たちを人事院で採用して、人事院の上から100人を馘首したらいいよね。絶対に前より良い国になると思います。これ、僕、本気で言ってますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/472-e26e0217

公務員試験面接試験対策レポート

1次試験を突破したら、いよいよ面接試験です。面接試験突破のノウハウを書いてみます。

  • 2006/05/18(木) 07:11:44===
  • 公務員試験に独学短期間で合格する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。