ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップルブランドの携帯電話が見たい! @ソフトバンクと米アップル iPod携帯開発へ

着うたフルで日本市場で大いに出遅れたボーダフォンの後釜、ソフトバンク
なんとアップルと組んで見せた

垂直統合とか言ってくだらないビジネス根性の"夏野"や"高橋"にはできないだろう
なんてったって囲い込みエンクロージャーが肝だそうだから

そういう意味ではソフトバンクの参入はヨシ

ソフトバンクと米アップル iPod携帯開発へ
 ソフトバンクが携帯電話事業で米アップルコンピュータとの提携を検討していることが十三日、明らかになった。アップルのデジタル携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」の機能を内蔵した第三世代機の共同開発に向け、早期合意を目指している。
 ソフトバンクは四月に英ボーダフォン日本法人を買収し、携帯電話事業に参入したばかり。ただ、グループ企業としてNTTドコモ、KDDIの後塵(こうじん)を拝する同社が顧客を奪うにも、端末や料金では差がつけにくい。このため、アップルと組み、携帯で自由に音楽を購入できる画期的なサービスを開発して、追撃の切り札にしたい考えだ。
 アップルは、iPodにインターネットを通じて音楽を配信する「iTunes(アイチューンズ)ミュージックストア」を世界各国で展開している。
 米国では音楽配信市場のシェア80%以上を握るが、日本ではフルコーラスの楽曲を携帯電話で購入できる「着うたフル」の人気が根強い。米国の携帯電話事業者も音楽配信事業に関心を持っており、逆上陸すればiTunesの強力なライバルになる可能性がある。
 アップルはこの布石として昨年九月、モトローラと共同でiPod機能の付いた携帯電話「ROKR(ロッカー)」を販売した。もっとも、音楽取り込みは携帯電話回線でなくパソコンで購入してから転送するという面倒なもので、携帯電話機能とiPod機能は融合できていない。
 従って、ソフトバンクがアップルと提携しても、すでに携帯電話から直接音楽を購入できる日本では、ROKRのようなものではインパクトがない。そこで、ソフトバンクの持つ無線LAN公衆網「ヤフーBBモバイル」ネットワークの安価な回線で、他の携帯電話よりも安い携帯電話用音楽配信サービスを実現するとみられる。

(フジサンケイ ビジネスアイ) - 5月14日8時32分

共同開発ということだが果たしてどんな端末がお目見えするのか?
i-Pod機能を国内にライセンスするのではなく、やっぱりアップルブランドが見たい!
通信機器自体はアップルには無理だから、モトローラーとか使ってのOEMであれば、アップルブランドの国内携帯電話なんて結構イケそう
自由な発想でやってほしい

C404S Divaで先駆のソニーさん、完全に優位性を失って飲み込まれてしまいましたね。。。残念

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/476-522de14d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。