ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオカミ少年・小泉、吠える @「愛国心、強制せず」の欺瞞

またひとつ小泉ウソツキ伝説がふえる。。。

「愛国心」強制せず 教育基本法改正で小泉首相
 終盤国会の焦点となる教育基本法改正案の趣旨説明と質疑が16日午後の衆院本会議で行われ、審議入りした。「愛国心」についての表現を新たに盛り込むなど1947年の制定以来、約60年ぶりに全面改正した内容。会期末まで1カ月余りで、政府、与党が今国会での成立を目指すには会期延長は避けられない見通しだ。
 小泉純一郎首相は「我が国と郷土を愛する態度」とした「愛国心」についての表現の明記に関連し「教育上の目標として規定しており、児童や生徒の内心に立ち入って強制するのではない」と述べ、強制する考えのないことを強調した。

5月16日18時47分

「国債30兆円枠、その程度の約束なんか・・・」 と大事な就任選挙の『選挙公約』をばっさり破棄
「各国の首脳はみんな小泉さんが正しいと・・・」 とニッポンのオバチャンは何にも知らないと高くくり平気でウソを言ってみる
「この選挙は郵政民営化だけで判断して・・・」 といっては白紙委任状でも取り付けたように好き放題で暴挙の限りを尽くす

公約違反 公約破棄その圧勝選挙の自民党の公約でもある「サラリーマン増税はしない」も、「議員年金は廃止する」もTVカメラの前ではっきりと小泉自身の口から言ったものでさえ、いとも簡単に約束破る大ウソツキだ
山本一太や平沢勝栄のコワッパ雑兵が勝手にキャンキャン吠えたのとはわけが違います
国会の過半数を占拠した戦後最強の自民党の、しかも抵抗勢力をすべて串刺し放逐しイエスマンだけにした圧倒的独裁体制の総理総裁が全国放送で約束したのです

これだけ多くのウソを平気でつき、責任とらない辞めはしない、謝るこどころか意にさえかけない天下御免の無責任男・小泉純一郎

国旗国家法では、国会答弁の場で「強制はしない」とはっきり明言されたにも関わらず、石原慎太郎以下の戦前臣民教育心酔派により、東京都の教育現場は粛清の嵐
内心の自由は蹂躙されている現実があり、その上位構造であり立法責任のある国が一切その暴挙に口をつぐんでいる事実があります

法律は通してしまえば、あとは野となれ山となれ
運用はお好きなようにお任せしますってか?
というより本心は口約束なんか約束のうちにならないからテキトーに言っといて、法律として発効しちまえばコッチのもんだくらいに思っているのがミエミエです
二枚舌の世界の住人である政治家の口約束は信じてはいけません
必ず条文化させましょう!

そもそも「強制しない」のであれば「強制はしないし、強要することの違反罰則規定を明記」してみたらどうでしょう?
その意気があるのであれば「法の主旨に反した」とまずは即刻、石原慎太郎以下ゲシュタポ粛清部隊の教育委員どもは全員解任処分すべきだろう
石原も土屋も大好きな国家に処分されてみるのはオツなものかも知れない(爆)

もひとつ小泉発言で気になるのは「児童や生徒の内心に立ち入って強制するのではない」って「児童や生徒」に限定されるわけでしょうか?
石原が東京都通達で教職員の"敬礼"の仕方まで職務命令と称して強制しているのは『国家公認』にするつもりなんでしょうか?
つまりは教育の現場において「児童や生徒」は内心の自由、自由意志で選択をしても構わないが、それを刷り込み洗脳する「教職員」は国家の命に背くことなく個人の自由意志を剥奪し、ひたすら「児童や生徒」を洗脳教育することに厳に勤むべし
これを法律をもって強制するとしたいのでしょうか?

聞かなきゃ答えないのは実に汚いやり方ですね >コイズミソーリ
子供に自由意志と言いつつ、カリキュラムや指導方法、教員の自由はがっちり縛る
小学生が『革命運動』でも起さない限り国家の目論見は達成ってなんとも周到な答弁だこと

凶暴罪も"マスコミ緘口令"まで強いて、国民が疑念を抱くのをなんとしても避けたかったようですね
聞かれちゃ困る質問で、とりあえず「一般団体には適用されない」「労働組合は除外する」と口で言って見せては条文化には応じない、逃げる逃げる
政府自民党、官僚の思惑がどこにあるかよーく分かります

"国権の最高府たる国会"の委員会答弁も、本会議答弁も、衆人環視であっても平気で堂々と約束破ります

兎にも角にも法律は限定的に明文化、条文化しておかなければすべてなし崩し解釈で逃げられます
『最初の一歩』を許してしまえば、後の改正や範囲拡大はろくな議論もせずに素通り
法の主旨を審議、定義した国会議員は誰もいなくなって責任とるやつもいない
行政運用するお役人の好き放題です

憲法もそうですが、法制化の際は拡大解釈ができない"装置"を組み入れる必要があるでしょう
必ず条件を限定して明文化して
また運用側にも罰則を科す必要があります
それくらいしなければいまの世の中法の主旨はまともに守られてさえいません

兎にも角にも天下の無責任男・コイズミ以下、政治家役人の"口約束"は絶対に信用しない構えが必要です
くれぐれも騙されないようにしましょう

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/482-1d879ac1

B級国民?!~愛国心を指導するということは…

共同通信によると,【終盤国会の焦点となる教育基本法改正案の趣旨説明と質疑が16日午後の衆院本会議で行われ、審議入りした。小泉純一郎首相は「我が国と郷土を愛する態度」とした「愛国心」の表現について「教育上の目標として規定しており、児童や生徒の内心に立ち入っ

  • 2006/05/17(水) 08:23:58===
  • 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。