ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白いから出てみなよ @猪瀬直樹が長野県知事だって

長野県がきな臭いらしい
田中知事が談合排除を徹底してやるため、長野県議会や信濃毎日新聞までが談合依存腐敗体質の土建屋集団に協力して田中知事の追い落としに躍起だ
ほとんど四面楚歌の田中知事だが唯一にして最も力強い味方は長野県民

◆県労組会議、田中知事を支援せず
自治労県本部など十四の労働団体で構成する県労組会議(飯田敬次議長)が、夏の知事選で田中康夫知事が立候補しても支援しないことを決めた。今後は他の候補が出そろった段階で支援について論議する方針。田中知事に対しては「県職員の多くが支持しておらず、労働行政も後退している」と指摘している。

特権意識の強い官公労が嫌がるということは、相当行政改革に切り込んでいる証拠だろう
口先だけ行政改革だと5年間もぬかしておきながら、政権末期に出てきたその集大成は『天下り保護法』の小泉純一郎とはかなりの違いを見せる

今のところ音なしの構えの田中康夫に対して、周辺は異常なまでにヒステリックなようだ
候補擁立の一本化が進まない
さすがに県民の多くを敵に回す形になるので地元の候補者がみな尻込みする中、なにやら総務省だかの現役官僚が忙しいはずなのに地元で農業してみせるパフォーマンスをして見せて、それをローカルTV局が3分以上の特集を組んで見せるという仕組まれた構図
「B層狙い」は小泉自民党直伝と言いたいのだろうか?
ところが一部の腐敗業者の儲けより、無駄を排した県民生活を望む『民度の高い』長野県民の意識にはそんな浅軽なメディア戦略が効くと思っていること自体既に県民を馬鹿にしていると言うことだろう
組織票が機能していないのは、前回、前々回の田中知事選出が物語っている
県議会に嫌われて自ら選んだ2002年の不信任失職でも、県民の支持が圧倒的で再選される

正直いうとヤッシー田中、生理的にはかなり苦手な部類なのだがやっていることは評価する
男らしい?石原慎太郎(爆)よりも、中身はまともだと思う
たまに変な噂が出てくるが、ほぼ完全に抵抗勢力のプロパガンダ、妨害工作、風説の流布の類に相違ない
周りがそれぐらい嫌がるほど、『核心ついた改革』を断行しているような気がする

※ "改革"と"カイカク"の違いは・・・
"本物に近いもの"と"口先だけのニセ看板"の違いで、後者は小泉がお得意なもの
なんかカクカクガックンしてて首が座らないような感じが面白いので最近お気に入りになりました

なお引用文はできるだけ原文ままとし、またしょせんはマイブームですので統一感がないときにはご容赦ください(笑)

『脱ダム宣言』とともに『脱記者クラブ宣言』は痛快
大手マスコミの情報独占を止めさせるためとして打ち出したが、これにより"癒着マスゴミ"から激しく非難され、県内外のマスゴミとの大いなる確執を生んだのだそうだ
よってもって小泉翼賛マスゴミとともに、田中康夫批判の記事もそのまま飲み込まないようにはしている
こういった点でも記者クラブを子飼いとした小泉メディア戦略と、そんな姑息な手段に頼らない"改革本気度"の違いが覗えるので対決したら面白いだろう

しかし地元企業との癒着や政治屋議員との癒着が生命線の『信濃毎日新聞』に至ってはかなりのものらしい
広告料は誰が払うのか? 情報は誰が流すのか?
新自由主義的に考えればメディアの立場はわかるが、購読料は一体誰が払っているんでしょうかねぇ?
カネ払って偏向報道植え付けられちゃあ、地元の県民にとってはこれはたまったものではありません

2006長野県知事選 菅谷・松本市長が不出馬表明
◇混迷深める候補者選び
 知事選の「有力候補の一人」とみられていた菅谷昭・松本市長が不出馬を明言したことで、候補者選びが混迷の度合いを深めている。
 「反田中」派の有力団体「輝く明日の長野県を考える会」は、菅谷氏を「幅広い人が結集できる有力な候補」と見ていた。一部の市町村長や県議もこれに同調。非公式に出馬を要請し、後援会に働きかける動きもあった。菅谷氏の擁立で一つの流れが出来つつあっただけに、不出馬表明の影響は大きい。
 行き場を失った菅谷支持者の中には「新長野県政連絡協議会」などが推す総務省官僚の務台俊介氏にくら替えする向きもある。ただ、考える会と連絡協の間には、候補者選定をめぐる意見の隔たりが大きく、務台氏に収れんする可能性は低そうだ。
 また「けやきの会」(擁立候補・橋本要人氏)や「信州ゆめフォーラム」(同・若林健太氏)は独自路線を堅持。
 長野高OBの間では、作家の猪瀬直樹氏擁立の動きが活発化している。考える会が候補者を正式発表する20日が当面の「ヤマ場」となるが、候補者の一本化を目指す「反田中」派が、同床異夢から抜け出す道筋は見えていない。【川崎桂吾、藤原章博】

(毎日新聞) - 5月10日11時2分 朝刊抜粋

オー、『小泉カイカクの旗手・猪瀬直樹様』御登場ですか!?
面白いからやってみなよ

"古き良き甘露の世界"、公共事業と談合解禁に垂涎の想いの県議会議員や官製談合依存業者には、小泉"ニセ改革"ですっかりと毒饅頭喰らった猪瀬直樹は最高の神輿でしょう
口ではさも国民のためみたいなことを言いながら、ずっと抵抗していた古賀誠などの道路族の"満面の笑み"と"満場の拍手"を持って迎え入れられた猪瀬カイカクだ
末期の猪瀬、いま現在もそうだが、まったく説得力のない小泉カイカクの成果なるものを擁護する
しかしながらぜんぜん説得力を感じない
おそらくは自分でもわかっているはずだ
もともとは本当の改革がやりたかった人間だろう

最初は巧いこと口車に乗せられて(取り入って、かな)小泉の下で道路改革ができると思ったが、小泉得意の"梯子外し"
7人のサムライなどと持ち上げられた民営化委員会も、悪魔に魂を売った2人だけしか残らなかったわけだ
いつの間にやら牙を抜かれ、薬草でもかがされたようにトランス状態、ミイラ取りがゾンビになった瞬間だった
鬼面でブツブツボソボソは昔より酷くなったんじゃない?

宮崎哲弥にせよ辛口で批判するものは、諮問委員という確固たるポストを与え、子飼いの"私的"諮問委員会でガス抜きさせることで、気がつくと竹中が言っているようなことをさも自分の意見のように言い始める
で、パブリックコメント、識者による懇談会を十分開きましたと言っては、小泉政府は"結論ありきの方針"で突き進む
なんで誰も文句つけないのだろう? よっぽど恐いのか? よっぽど美味しいのか?
道路公団民営化委員会とプリオン調査会は委員が大量辞任したっけ
こんなにヒドイ小泉政権下では、いっぱしの良心持ったヒトは至極当然の行動だろう
朝生で気を吐いていたキャベツ畑人形も、言うことも着るものもすっかり変わって飼い慣らされた観ばかりだ
これも小泉"以降"の常套手段
見回してみよう

そんな猪瀬が長野県知事選に出れば・・・

小沢代表、政権交代へ他党との連携示唆
 民主党の小沢一郎代表(63)が、政権交代に向けて他党と幅広く連携する考えを示した。小沢氏は9日午前、フジテレビ、NHK、テレビ朝日に相次いで出演。フジテレビでは、国民新党や無所属の田中真紀子氏衆院議員(62)らとの連携について「自民党、公明党の政権では駄目だという人たちとは、どなたでも協力する。当たり前のことだ」と述べた。小沢氏は先月30日に国民新党の綿貫民輔党首(78)と会食。代表選で支援を受けた真紀子氏や、新党日本代表の田中康夫長野県知事(49)とのパイプは以前から太い。
 また、鳩山由紀夫幹事長は9日、訪問先の韓国釜山市で、来年夏の参院選について小沢氏から「社民、国民新党などと協力して最高の候補者を出すべきだ」と指示されたことを明かした。小沢氏の念頭には、社民、国民新党、新党日本に真紀子氏を加えた「野党協力」構想があるとみられる。
 また小沢氏は、参院選で「非自公で過半数を取らなければならない」と決意を示し「党の立場、考え方を明確にしていくことが自民党との対立軸、対決につながる」と、民主党の基本政策取りまとめを進める方針を明らかにした。さらに、小泉純一郎首相の靖国神社参拝を批判し「戦争を主導した大きな責任がある人たちは、靖国神社に本来祭られるべきではない」と述べ、A級戦犯の分祀(ぶんし)を求める考えを表明した。

[2006年4月10日8時27分 紙面から]

これこそまさに、小泉 vs 小沢 の"代理戦争"ではないか!

小泉カイカクの旗頭(笑)、自民党県連も全面バックアップするだろうから猪瀬に組織的死角はない
道路族も今では応援してくれるのではないか?
"カイカクの御旗"までついてきちゃって負けるはずがないよね

対してヤッシー田中は県民民意以外にバックボーンがない
民意+反小泉陣営(小沢、綿貫ほか)
民主と書きたかったが、勝谷などに言わせると地方議会は自民と民主は手を組んでいるらしい
県議会が敵視する田中は民主県議も敵かも
ここで豪腕・小沢の登場だ
中央で2大政党制などといっては地方で談合しているようじゃ、そんなネジレは小沢の原理原則政治でぶっ潰せ!

で、来年7月の参院選を待たずに、長野県知事選は7月20日告示、8月6日投票即日開票
千葉7区補選は僅差で小沢に軍配が上がったが、こっちはまさに『改革競争』

"改革"が勝つか? "カイカク"が騙すか?
県民民意はどちらを選ぶ?
まさしく小泉・小沢、最後の直接対決になる!


◆自己採点で80点? 民営化の功績と外資に買われる高速道路
猪瀬の民営化は吉か凶か?
いまのところの端々の変化(成果?)を見ると主観的には大凶だ
あの手この手で道路は作るは、全部作るだけじゃなくって、巧いこと県や官僚巻き込んで新直轄を捻じ曲げてよりたくさんの税金を国に負担させる仕組みまでできている模様
簡単に言えばネットワークしないと高速道路の費用対効果は測定どおりの数値が実現しないので「全線つなぐ」のが必要不可欠と主張する
で、ごく短い路線を県で負担し、長々した部分は国に「費用対効果を実現するために」必要な道路を作らせるスキームを完成させたと言う
「ネットワークのちぎれた高速道路は国が作らなかったせいで、そのために費用対効果が実現できませんでした」っていい訳だか脅しだかなんだかわからない理屈で全線開通に邁進する
「無駄な道路は作らない」「安い道路を作る下地が民営化でできました」と胸を張る猪瀬は自分の功績に80点の及第点をつけたから噴飯者だ

民間企業は何やってもいいという"免罪符"のようで、首都高速を完全私物化!
なんとETC未装着車を首都高から締め出すことを本気で考えている
ハイカの廃止だって異論が多かったが、民間会社になったら何やってもいいのか?
株主でないものはどこに文句を言えばいいのか?

これが民営化の正体だ

20060520031535.jpgアメリカでは州が高速道路を運営しているが、当然ながら利益優先ではないため経営困難
バージニア州の高速道路をオーストラリアの民間企業が年間通行料収入の60倍の価格で買収したらしい
民間企業だから利潤追求が許される
営利企業が60年で回収するつもりはないだろうから一体何倍の値上げを見込んでいるのだろうか?
もともと高速道路ビジネスは粗利率はすこぶる高いため大きなリターンが見込めると買収企業は言う
採算ベースで運営すればかなりの収益を上げられるという目論見
もちろん負担は地元住民
ガソリン高騰とともに住民の家計はどんどん圧迫される
今後全米に波及すると言う見方が大方だ

そんなこんなも日本の近未来の映し鏡なのだろうか?


◆猪瀬の知事選出馬はあるのだろうか?
なんだか他にも中央官僚が農夫に化けて地元民面しながら知事選に色目出してみたり、いろいろと知らない名前がいっぱい挙がっては消えているらしい
日経主催のテレ東『カンブリア宮殿』なる経済番組で、竹中平蔵がゲストの回で各都道府県からお役人を招待したら48都道府県で唯一長野県だけ招待辞退だって
鳥取は県知事の片山善博が自ら来ていたから、それなりに知事クラスに招待状出したんでしょうね、きっと
でも長野は誰も出さなかったって。。。おもしれ

 ちなみに唯一県知事自ら来ていた片山は舞台上に上げられて竹中平蔵と直接対決
 バカボンみたいな目つきの竹中はかなり苦しい答弁で、完全に片山の論破と私は軍配を上げましたが
 最近の竹中はおそらく自分で本当に思っていることとやっていることがかなり違っていると思うゾ
 優秀な頭脳を持ちながらそれを割り切ってやってしまうのが実に許せん (>関連記事)


嫌ったのか、逃げたのか?
いずれにしても相手が巨大メディアであろうとお構いなし
中央の思惑通りにはさせないって、首長らしくその地域のことを一人称で考えている証拠だと勝手に捉えています(笑)

十中八、九、猪瀬は逃げるだろうが、是非みてみたい"劇場版『モスラ 対 ミニラ』 ~小沢vs小泉、代理戦争~"は7月下旬封切りなるか?
来年7月の参議院選まで待てない!

コメント

小泉総理と小沢民主党代表の党首討論が17日、行われました。 
あなたは、どちらに軍配を上げますか?
小泉総理  (16.4%)
小沢代表  (78.9%)
引き分け  ( 4.6%)
http://news.livedoor.com/webapp/issue/list?issue_id=24&p=1

国家基本政策委員会合同審査会(党首討論)
http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib3.cfm?deli_id=30650&media_type=

  • 2006/05/18(木) 15:15:16===
  • URL===
  • written by ロカタンスキー
  • [ 編集]

どうも、「いいげるブログ」のいいげるです。いつも興味深く見させてもらっています。

日本道路公団民営化については、小野寺光一さんという方が面白い事を言っていますね。曰く 「 さらなるネットワーク化、一斉無料開放も不可能ではなかったのに、民営化のお陰で、あるのは収益アップのための値上げだけ 」 だとか。他にも、小泉べったりの翼賛マスコミ報道の構造についても考察しているので、一度目を通してみるのもいいと思いますよ。
http://asyura2.com/0601/senkyo22/msg/174.html

やり得・日本を改めましょう!

いつもありがとうございます

>ロカタンスキー さん
控えめに言っても小沢の勝ちでしょうね。
喋りが上手くても心のない小泉が敵うはずはないのでしょう。その辺今回思いっきり露呈していました。
アメリカにとっては腹話術人形の方が都合がいいのでしょうが。。。
そういう意味では自称俳優(爆)の小泉孝太郎を今すぐ連れてきてもポスト小泉で務まるでしょう。

小沢はしゃべりが下手でもハートがあります。そういうビジネスマンや偉人はいっぱいいます。
小泉シンパはみんなオウムのように同じフレーズを繰り返すのでブログとか拝見してても新しい発見がないのは不思議かつ残念です。
あ、小泉真理教ですか。。。

小泉により一旦引き渡した大切なものを、小沢がアメリカからどこまで引き戻せるのかが最大の関心事です。

どこぞの週刊誌では竹島紛争は海保のクーデターだったという噂があるようですね。
政府は処分者を出したのでしょうか?
それともイラクの自衛隊のように闇から闇で握りつぶすのでしょうか?
どこかにコソッと事象として現れるはずです。見逃してはいけません。

>いいげる さん
のうのうと国会対策語っている武部の顔も見たくない毎日ですが、竹中、宮内、奥田、猪瀬、宮崎、松原・・・ひどい連中です。最近まとめてみてホント泣きたくなりました。竹中の記事は「泣きながら読んだ」という人もいましたよ。太平洋戦争の総括ができていないとか言っていますが、小泉5年の総括、責任追及、断罪も絶対に必要だと思います。

やり得・日本を改めましょう!

  • 2006/05/19(金) 18:24:13===
  • URL===
  • written by interceptor
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/483-d52b5796

綿貫民輔

綿貫民輔情報満載です!

  • 2006/10/24(火) 11:34:40===
  • http://free7.livedoor.biz/index20.rdf

知事候補探しで自己満足するな

地元の有力紙・信濃毎日新聞を見ていると、毎日知事候補擁立の動きがつぶさに報じられている。田中知事VS県議会・県庁の構図の中で機能不全となった県政を立て直すために、8月の知事選をにらんで、県知事候補擁立を目指す団体が雨後の筍のように生まれ、知事候補を名前をあ

  • 2006/05/24(水) 01:24:16===
  • 加藤 学 Blog 「公募候補の伊那谷奮戦記」

中央日報 「競争を利己主義的と考える韓国、談合多い」公取委委員長

中央日報 「競争を利己主義的と考える韓国、談合多い」公取委委員長

  • 2006/05/19(金) 09:01:00===
  • 朝鮮日報時事通信ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。