ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ二輪ETCにさえ非接触IC方式を拒むのか? @ETCの将来に隠された活用方法と"監視社会"の考察

バイク用は取り外し簡単なものか、願わくばSuica方式的なものになることを期待して買い控えしていたんだけど、いまのモニター機器を見るとすっかり萎えてしまいました。。。

二輪車ETC全国展開へ 今秋から、国交省
 国土交通省は23日、高速道路の料金所で止まらずに支払いができるノンストップ料金収受システム(ETC)について、今秋から二輪車でも全国で使えるようにすると発表した。
 二輪車のETCは現在、首都圏や近畿圏などで試験運用し、安全性や車載器の動作などを確認している。車載器の市販が秋をめどに始まるのに合わせ、本格的な導入を決めた。
 これに向け決済に使うETCカードの利用者を増やすため首都高速など高速道路6社は、カード保有者を対象に割引などを開始する。
 内容は、首都と阪神は4月1日から曜日別、時間帯別で割引を導入する。

(共同通信) - 2006年3月23日(木)18時13分

って、去年(2005年)も「今秋から」っていってなかったけ? 気のせい?

一部でモニター募って実証テストしているらしい
車載機などシステムはこんな感じ

 【オートバイ用防水アンテナ】・・・バイクの後付けはどうしても醜いxxx
   MCETC_ant01.jpg   MCETC_ant02.jpg

 【インジゲーター部】・・・システムの稼動状況、データ通信の確認
   MCETC_ind01.jpg   MCETC_ind02.jpg

 【ETCユニット本体部】・・・シート下など雨水かからないところへの設置が必須
   MCETC_unit01.jpg   MCETC_unit_dim.jpg(寸法図拡大)

実際のモニター機アンテナはちょっとばかし洗練されたようだけど・・・  MCETC_monant.jpg

はっきりいって幻滅です

不恰好なアンテナといい、防水不十分なユニットといいxxx
カウルつきやスクーターはスクリーン(バイザー)の"内側"には入れられないのかな?
ただでさえ積載スペースのない二輪車にこんなもの要求するのでは、さすがは頭でっかちで机の上ばかりで考えるお役人様ガタだ
ココセコムやイモビライザー、センサーアラームなどの防犯装置同様、新型車はきっとメーカーで対応していくんだろうけどさ

ユニット設置場所もシート下など雨水のかからないところと限定されているが、たとえばクルマのようにカード差し直しやETC対応してない料金所でのカードでの支払い(割引特典あり)に急に対応ができない
考えているんだか、考えていないんだかxxx

これだとやっぱり付けないかも

◆高規格仕様にこだわるETC推進側
ところでETCって何であの方式にこだわるのかなぁ?
最近巷で流行りの非接触IC方式はなぜダメなのか?
JRの改札を始め、コンビニや、スキー場のリフトなんかでも使っているらしい
オートバイに限って言えば『タッチ・アンド・ゴー』で十分だと思うし、EdyとかSuicaとかそのまま導入だってできる気もするが、何か利権の臭いもしなくもない

そう言えば10年近く前になるが、出張で空港からハイヤーで行ったマンハッタンの高速道路では、TOLLGATE(料金所)でなにやら10cmくらいの黒い直方体のスティックをフロントガラス近くにかざしていたのを見た
ちょうどチョコバーみたいな大きさのものをドライバーが胸ポケットからから取り出してかざすとゲートのバーがスッと上がる
映画"MEN IN BLACK"iconみたいな黒スーツに真っ黒サングラスの上、まったく寡黙なのでちょっと恐いドライバーだった(関係ないか)
このときもゆるゆると進んでいたが、いまの日本のETC料金所のバー方式だと20km/hの速度制限だそうで、それで十分なのではないかと思う(スピード出して突っ込んでは結構衝突事故が多いらしいし)

そもそも国土交通省が高速道路の本線走行中にデータ通信が可能な規格を策定し、180km/hなんて高速巡航まで対応できるようにメーカーに初期の仕様を出していたもんだから開発側はかなり苦労してコストもなかなか下がらなかったと聞く
道路交通法の制限速度が100km/hだってのに、第2東名を本気でアウトバーン化しようとしたのだろうか?
 ※アウトバーン:ドイツの高速道路で最高速度無制限、300km/h以上で走るクルマも少なくない
開発に携わっていたやつに聞くと「どう考えても"オーバースペック"だが役人は頭が固くちっとも負けようとしない」と愚痴っていた

勝手な想像だが、そこまでやりたいのであればいまのようにピンポイントで通信させるようなことせずに、ETC走行車線で500mとか1kmとか使って時分割とかパケット通信的にデータのやり取りした方が合理的のような気がするんだけどなぁ
(全車線対応するか車線変更できない仕組みが必要かもね)

で、ここまで『高規格』にこだわるお役人側の『隠された理由』はないのかとちょっと勘繰りたくなった
と言うのも課金システムであるETCは、そのまま『車両特定に使える』と言う点

実際にこんな笑い話にもなんないような珍事例があった

ETC利用で遅刻ばれる 高校教諭を減給処分
 宮城県教育委員会は16日、高速道路でノンストップ料金収受システム(ETC)を利用していたために無断遅刻や早退がばれた宮城県内の定時制高校の男性教諭(57)を減給10分の1、2カ月の懲戒処分とした。
 県教委によると、通勤手当支給のために提出したETCの利用明細から出勤時間とつじつまが合わないことが発覚したという。男性教諭は以前、ハイウェイカード(ハイカ)を使っていたが、ことし4月に使用停止になることに伴い、昨年12月からETCの利用に切り替えていた。

(共同通信) - 3月16日19時13分

サボって平気で給料受け取っている奴が悪いのであって同情の余地はない
しかしこのニュースの裏側には、ETCが"便利かつ公正な課金"という本来の目的以外にも活用できるという点を証明した

これは総務だか経理だかで集中管理された利用明細から不審に気付かれたわけだが、その課金請求の根拠となった大元に存在する"完全にデータベース化された運行情報"を捜査当局側が見逃すはずはない
ETC装着率が飛躍的に上がれば、まだまだ未完の『Nシステム』を完全に凌駕する
特定車両の"割り出し"や検索が、いとも簡単となる

「私は悪いことなんかしていないんだから疑われたって平気よ」とは善良な市民のほぼすべての人の考え方だろう
でも司法警察はそんなに甘いもんじゃない
犯行時刻から逆算して予想される経路を通った車両を、時間帯別にすべてピックアップ
たまたまあなたのクルマがそこを通りかかっただけで見事、容疑者リストの仲間入り
そう、「ご愁傷様」だ
事情聴取されたというのは会社にもご近所様にもすぐに噂が広がるよ、運が悪かったねー
「私は悪いことなんかしていないんだから大丈夫よ」。。。不幸なことに冤罪事件は後を絶たない
ましてや"犯罪被害者保護法"?の成立で、事件の全容は明かすも隠すも警察権力の胸先三寸で、社会的な検証はより難しくなる
マスコミが暴いてくれた冤罪事件は遠い昔の話になる
不当逮捕を訴えても、だったらと『共謀罪』とのセットで警察捜査の不当性は問えなくなるという仕組み
他人事だと思うその考えこそが思う壺


車検証の提示や、装着車両へのセットアップなど、車両とETC車載機とカードの『マッチング』をかなり念入りかつ慎重に、いや厳格に"こだわり"を見せる当局側

個人的にずっと「車載機なんか複数の車で使いまわしできないのか!?」「機材や設置費用を利用者もちにするんなら共有できるくらいの配慮があっても然りだろう」という疑問があるのだが、どうにもそれを認めようとしない
なぜだ?

ひとつは料金区分が違う軽自動車と普通乗用車、大型車などの誤魔化し排除だと言うが、それこそNシステムだか防犯カメラだかで、課金情報との不整合というか悪質な犯罪は、事後の摘発の対象とすればいい
そんな不届きもののためにすべての車両が大変な思いをする方が非合理的だと思う『非合理主義こそが日本のお役所体質の代名詞だ』と言う点は置いておいて)
実際ETCゲート突破はかなりの件数出てきているらしい

<ETC>強行突破増える 逃げ得防止、カメラ設置へ
 全国の高速道路で、ETCレーンを強行突破し、通行料を踏み倒して走り去るドライバーが増えている。九州の高速道路では、強行突破が02年度約1100件から04年度約3400件と3倍に急増した。関西以西を管轄する西日本高速道路(大阪市)はETCレーンにもナンバー記録用カメラ設置を決めるなど、対策に躍起だ。
(毎日新聞) - 5月17日13時30分

また過不足なく適正料金の徴収を目的とするのであれば、"車種"が問題であって、車載機の固有情報と車検証やセットアップ登録までは本当に必要なのだろうか?
なぜだ?

◆極論と笑う今の世の中自体がすでに極論の流れの中にいることに気付くべき
ここからさらにたくましい想像を馳せるのであれば、車両の特定か可能であればオービスなどのスピードオーバー自動取り締まりも完全なシステムに生まれ変わる
写真だけでなく車両特定のための"ID"(個体識別)まで簡単に取れちゃうわけだ
言い逃れはいま以上に難しくなるわけね
180km/h規格にこだわるわけだ

かなり昔ではあるが、大学のオートバイサークルで先輩が200km/h出てて『ねずみ獲り』で捕まったが計測不能で無罪放免になったと嘯いていた
これを気にする人は200km/hを下回らないように頑張って走るか、走行中はETCカードを"半差し"にしておく必要があるね(爆)

指紋認証からコンビニの防犯カメラまで、使えるものは何でも利用するのがお上のやり方
『指紋を売って朝食を @生体情報のお値段』でも書いたが、捜査当局としては生体情報データーベースは喉から手が出るほど欲しいもの
ここにETCの運行情報データベースがあるのであれば、まさしく『車両運行"動的監視"データベース』の完成だ

で、ついでに言えば、昨今の情報漏洩は見るに耐えないというか許しがたい
なんと対北朝鮮のアメリカ軍との軍事シュミレーションが自衛隊から漏れたと言う
例のWINNYだか山田オルタネイティブだからしい(P2P自体は素晴らしい"世紀の大発明"なのだがひたすら悪者に仕立てようと言う政府マスコミの論調は聞くに堪えない)
何をどう言い訳しようが情報管理運用者の責任だろう
映画なんかでよく聞くまさに『軍事機密』『トップシークレット』

顧客情報とか個人情報なんか軽い軽いは役人の意識

少々想像のし過ぎと言うご意見も聞こえてきそうだが、なんであんなにETCの高規格や厳格な設置運用にこだわるのかが分からないのもこれまた事実
表向きの理由には合理的説得力が十分とは思えない

小泉"以降"の歪んだ日本は、「強制しない」はずの国旗国歌法の運用にしても、「一部の行政業務に限定する」はずの住民基本台帳ネットワークの運用にしても、口先だけでとりあえず法律さえ通してしまえば、制度さえ始めてしまえば、あとからいくらでも拡大解釈、ねじ曲げ運用やり放題のなし崩し
バカげた極論と笑っていたことが現実に進行中だ

自分の乗っている自分のクルマが常に"情報発信"していて、誰かに監視されているかと思うと、「ETCって便利だねー」ってお気軽に喜んでだけはいられない気がしてきた
しかもわざわざ自分の財布からお金出して『自分監視装置』を付けていると言う思いは皮肉を通り越した感情さえも生まれてしまいそうだ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/489-82e0f982

改正道路交通法に関するなぞかけを思いつきました。

毎日楽しいなぞかけをつくっています。けっこう真面目な内容ですよ。「民間の駐車監視員」とかけて・・・

  • 2006/06/02(金) 11:31:03===
  • なぞかけブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。