ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでも規制のお上の心配をよそに、秩序はライダー達の良識で守られる @高速タンデム解禁から1年

う゛~~~

今日は久しぶりにツーリングのお誘いを受けたので楽しみにしていた
心配していた天気の崩れも昨日までで、気持ちいいほどの晴天の日曜日
ウキウキ出発のはずだったが。。。

深夜から腹の調子が悪くついに一睡もできなかったxxx
完全徹夜明け寝不足状態で600km走った若かりし頃とは雲泥の差で、睡眠不足=即体調不良
前回も、同行した後輩を巻き添えに道端でダウンする体たらく
『知ってました? 高速道路の時間制限 @高速料金所でのあるやり取り』はそのトラブルの副産物で、実はサービスエリアの木陰でぶっ倒れていたのがそもそもの原因でした
もう無理は効きません
で、頓挫xxxくやしい

かなり久しぶりに2ケツで伊豆箱根でも行こうと思ったのにぃ
とりあえずなによりも体調優先で仕切り直しますか


そんな折、オートバイの高速二人乗り解禁から1年が経過した模様
当局側から心配されていた事故件数の統計、分析結果が出された

2人乗り事故30件、死者4人 = 高速のバイク解禁から1年
 道交法改正で昨年4月1日に解禁された高速道路、自動車専用道路でのオートバイ二人乗りによる事故が、今年3月までの1年間で30件発生し、死者4人、負傷者52人に上ることが11日、警察庁のまとめで分かった。
 高速などでのオートバイ事故総数(506件)の5.9%。二人乗りについて危険性を指摘する声もあったが、警察庁は「特に大きな問題が生じているとは考えていない。引き続き安全教育や取り締まりを徹底していく」としている。
 警察庁によると、死亡事故があったのは茨城、静岡、大阪、広島の四府県で、死亡した4人のうち3人は運転者。一人は無免許、二人は免許取得から一年未満で、いずれも高速での二人乗りが可能な「20歳以上で免許取得後3年以上」の条件を満たしていなかった。残る1人は条件を満たす運転者のオートバイに同乗していた。
 取り締まりの状況は二人乗りが可能な条件を満たしていない違反が70件。二人乗りが禁止されている首都高速の一部を走った違反が14件だった。


バイク2人乗りで4人死亡=高速道路で事故30件-改正道交法施行後1年・警察庁
 昨年4月施行の改正道路交通法で高速道路でのオートバイ2人乗りが認められてから1年間に、2人乗りの事故が30件発生し、4人が死亡、52人が負傷していたことが11日、警察庁のまとめで分かった。同期間の高速道路上のオートバイ事故は、全体で506件、死者27人、負傷者539人だった。
 2人乗りの事故のうち、9件(うち死亡事故3件)は「運転者が20歳以上で二輪免許取得後3年以上」との要件を満たさず、そもそも2人乗りができないケース。同庁は、制度の周知徹底や免許更新時の安全教育などを推進するとしている。

(時事通信) - 5月11日13時1分

重大事故はないに越したことはないが、当初予想されていたように二輪車事故が増大するどころかかなり少なく、良い方に予想を裏切った
悲しい事故は「違反を伴った」ものが大半を占めた形だ

良識あるライダー達により一定の秩序が守られていると見ていいだろう

なんでもかんでも『子ども扱い』の警察当局、政治家センセイ方、如何お過ごしでしょうか?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/491-8c6a7954

箱根 ツーリングにTBさせて頂きました。

先週箱根に初ツーリング行きました、良いと事ですね。

  • 2006/07/16(日) 16:53:06===
  • taka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。