ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報操作ももはやズタぼろ @"偽装"撤回宣言にみるコイズミ体制の斜陽衰退

世の"偽装"の数々が剥がれ落ちる2006年
今年の漢字は誰がなんと言おうと絶対に 『偽』 だ  愛

なんでもかんでも都合のいいように捉えては一方的にウソ八百で言い切ってしまうのがコイズミ方式
この辺りは"盲導犬"・タケナカのほか、コイズミ的なるものの正当継承者・アベシンゾーもさも帝王学かのように受け継ごうとしている模様

そんな中、言っても分からないならもっとはっきり言ってやろうとアメリカさまからの苦言に引き続き、日本の経済界からも須らく"訂正"される始末
靖国提言、撤回せず=「ポスト小泉」も見解を-北城経済同友会代表幹事
 経済同友会の北城恪太郎代表幹事は23日の記者会見で、小泉純一郎首相と財界首脳が17日会食した際、同代表幹事が首相の靖国神社参拝自粛を求めた提言について謝罪したと報道されたことに関し「お騒がせしていますと話しただけだ。方針を変えたということではない」と述べ、提言を撤回する考えのないことを強調した。
 小泉首相が「政治と商売は別」と提言に反発している点について同代表幹事は「われわれは経営者として業界利益のためではなく、日中の良好な関係のため首相の靖国参拝を控えてもらった方がいいと思う」と反論した。
 また、小泉首相の後継者を決める自民党総裁選では、靖国問題を含めたアジア外交に対する考え方をマニフェスト(政権公約)で示すことも求めた。

(時事通信) - 5月23日17時1分

なるほどこの辺りのいきさつがいまいち釈然としなかったのですがなんのことはない、コイズミ+アベ一味による"偽装"撤回宣言だったわけですな
中韓だけでなく、どんなに諸外国から非難の声が出ようがひたすらに耳を塞いだ挙句、"B層"オバチャンにはどうせ分かりっこないと高を括って小泉は「外国の首脳はすべて私の言っていることを理解している。『小泉さんの言うことは正しい。中国、韓国はおかしい』と言っている」なんて平気で日本国民に対してウソを言えちゃうようなイカレタ感覚の持ち主だ
都合が悪くなると「相手がおかしい」アメリカ下院委員長まで「おかしな人間扱い」するし、経済同友会会長に至っては「何を言おうが気にしない」とは、いやはやこの人・・・
ブッシュのお膝元の共和党の重鎮からクレーム書簡まで渡されてこの対応では、子供のそれ以下といっていいのではないかと思うゾ

この「撤回宣言」については毎日新聞顧問の岩見は自分の番組TBS時事放談で「撤回するくらいなら最初から言わない方がいい」なんて北城会長の対応を罵倒していたが、それこそよく調べもせずに真意を受け取らず言葉尻だけ"小泉の都合に合わせて"全国放送で意見してみせる政治評論家様ってのもねぇ
いくら爺放談だからといって岩見隆夫、もと政治部記者だったと記憶しますが、その後如何お過ごしですか? >岩見(爆)
(一部には"草"だと言う説もあるようだが)

コレもなんか変だなと思っていましたが、カネ掴ませて喋らせたか、もしかしたらまた捏造(笑)なのかもしれませんねー
「靖国は不幸なこと」 リー氏が小泉首相に
 小泉純一郎首相は23日午前、官邸でシンガポールのリー・クアンユー元首相と会談した。元首相は、首相の靖国神社参拝について「(日中、日韓関係の)基礎は強いが、靖国問題は不幸なことだ」と懸念を表明、その上で「アジアとの経済関係や人とのつながりを乱すものではない」とも指摘した。
 小泉首相は会談後、記者団に「元首相から靖国も中国が心理的なプレッシャーをかけているだけで、日中友好の底流は変わらないと(言われた)。わたしもその通りだと思う」と述べた。

(共同通信) - 5月23日13時5分
齢80を越えるリー・クアンユー、どの程度影響力があるのかよく分からないが、使えるものはロートルだろうがなんだろうが持って来たい小泉一派もかなり厳しい状況のようだ

お膝元さえ抑えきれないのはもはや政治生命の危機と感じたのか、アベシンゾーが掴みかかる
国会で秘密後援会(安倍本人が認めていないと言っていた)『安晋会』の名前を出されてヒステリックに甲高い声で早口に捲し立てた時もそうだったが、やはりこの人には一国の首相は無理だと思う
安倍氏が同友会に不快感 靖国参拝の中止要請で
 安倍晋三官房長官は23日午後の記者会見で、経済同友会の北城恪太郎代表幹事が小泉純一郎首相に靖国神社参拝中止を重ねて求めたことについて「首相は何回も参拝する気持ちを述べている。同友会側も首相の意思を深く考えてもらいたい」と不快感を示した。
 首相は同日夜、北城氏の発言に対し「賛成の人も反対の人もいる。さまざまな意見があるからいい。北城さんはわたしの立場を理解してくれている」と記者団に述べた。
 また、首相は悪化した日中関係に関し「いずれ打開される。友好は拡大しており、そんなに心配することではない」と強調した。

(共同通信) - 5月23日20時24分
北城氏「経済も国の政策」と反論 安倍氏「視野狭窄的」
 小泉首相に靖国神社参拝の再考などを求めた経済同友会の提言を巡り、首相官邸と同友会の対立が深まってきた。首相が「商売と政治は別」と反論したことに、同友会の北城恪太郎代表幹事(日本IBM会長)は23日の記者会見で「経済も含めて国の政策は決めるべきではないか」と再反論。この発言に対し安倍官房長官は「視野狭窄(きょうさく)的になってはいけない」と不快感を表明した。
2006年05月23日22時58分 - asahi.com

果たしてどちらが『視野狭窄』か?
一時は「靖国問題を外交カードにまで引き上げた小泉純一郎は偉い」という見方も一部外交の専門家の間にはあったが、ちゃんとカードとして切って他の外交問題の解決に資せなければならないものを、いつまでも頑迷固辞にやっていていいはずがない
周囲が「ついつい深読みしてしまうほど」(笑)の低脳ぶりと浅薄ぶりだ

表向きの強気とは裏腹に、重要な問題からは逃げ捲くるタカ派気取りのこの御仁
「官房長官という立場上仕方がないこと」なんて弱腰姿勢を擁護するマンセーさんがおられるようだが、だったら総理大臣になったら一体どうなっちゃうんでしょうかねぇ?(爆)
政府方針とどうしても噛み合わなければ福田のようにさっさと辞すればいいだけのこと
立場で言うこと変わる人が、幕の裏側で居丈高に演説ぶっこいててももの悲しいだけ。。。横田夫妻にも見限られるわけだ (きっと税金はアメリカに納めたいと思ったかもしれないね-w-)

「格差問題」とともに「靖国問題」を自らの"滅びの呪文"と認めてしまったようだ(爆)
安倍氏、靖国問題の争点化に反対
自民党総裁選挙で派閥横断の連携を模索する古賀元幹事長が、靖国神社のA級戦犯の分祠案を盛り込んだアジア外交戦略を発表したのに対し、安倍官房長官は、靖国問題を争点とすることに ... (消去につき以下、不明!)
TBS - 2006年5月18日 ...他も軒並み消されてるんだよなぁxxx

とても気になるんだけど・・・
安倍自身が靖国争点化から逃げている記事を一時多く目にしたが、いま確認すると軒並み消されていて全く見つからない
安倍"逃避"発言に対する民主鳩山の非難発言が散見するだけだ
削除依頼攻撃か?
やっとみつけた。。。ずいぶん古いけど
(最近"noarchive"でキャッシュも取らせない"工作"が少なからず見受けられる・・・敵も学習してきたようだ)
こういうことがあるからネットニュース(だけではない)の"ミラーリング"に社会的意義さえ感じさせられてしまうのだが、権力に媚びないメディアの立ち位置と言うものをもう少し自覚されたい

自民党総裁選/「靖国」を“争点化せず”/内外の批判、抑え込み狙う
 靖国問題を「ポスト小泉」を選ぶ党総裁選の争点とすべきかどうかをめぐり、自民党内でさまざまな発言が飛び交っています。
 「争点とすべきでない」と明確に言い切る一人が、靖国参拝支持派の安倍晋三官房長官です。九日の民放番組で「靖国問題を総裁選の基本的なテーマとすべきではない」と発言。翌日の記者会見で、「総裁選で議論することで、より外交・政治問題化する。本来はそうさせないことが大切ではないか」と、発言の意図を説明しました。
■小泉首相も安倍氏後押し
 小泉首相は十一日、外遊先での記者団との懇談で「参拝をしろとかしてはいけないとか、どの人にも言うつもりはない。精神の自由、心の問題だ」とのべ、事実上安倍氏を後押し。安倍氏も「見識あるご発言」(十二日)と首相を持ち上げました。
 武部勤幹事長も「日本の政治家がこのことを争点にして政治問題化するのはどうかなと思う。次の首相になる人が靖国参拝するかしないかは問わない」(十二日、金沢市で)と同調。党執行部として「争点化せず」の路線を敷こうとしています。
■戦後の国際秩序真っ向から否定
 「政治問題化させないのが大事」といいますが、ここまで政治問題化させてきたのは小泉首相自身です。それに対して国内外から厳しい批判が起こると、「政治問題化させるな」と批判を抑え込みにかかるのは、本末転倒です。
 靖国問題で問われているのは「心の問題」ではありません。過去の日本の侵略戦争を正当化する目的を持った靖国神社を首相が参拝するという行為です。首相の行為によって靖国神社の主張にお墨付きを与えることになります。侵略戦争への反省という戦後の国際秩序に、真っ向から逆らうことになり、日本が国際政治に参加する資格が問われる大問題です。
 党内や財界から批判が相次いでいるのもそのためです。「自らが総理総裁になった場合は何をやるかということだけは明確にしていきたい。…アジアの問題が一番改善を要する」(山崎拓前副総裁)、「(次の政権はアジア外交を)できれば変えていただきたい」(奥田碩日本経団連会長)―。小泉首相やその後継者らが、一切の批判を「心の問題への介入」とはねつけるだけなら、もはや国政をあずかる資格はありません。(坂井希)

Livedoor News - 2006年01月14日13時08分

都合の悪いことからは全て逃げ切るのが小泉流であり、正当継承者、安倍流ということのようだ
争点とし、総括すべき時期ではないのか?
憲法書き換えもしたいのだろう
いつまでも"なし崩し"で進める問題ではないと思う

もはやこういう叫びにも似た対応が多く見受けられるに及んでは『断末魔』という言葉が思い浮かんでくる

あとひと息だ
大往生なんかさせてはならない

コメント

安倍晋三氏の発言を扱った記事

安倍氏「靖国問題 総裁選の争点にするな」―「産経新聞」
http://asyura2.com/0601/senkyo18/msg/514.html

自民党総裁選での靖国問題争点化は、政治・外交問題に発展へ=安倍官房長官 ( ロイター )
http://asyura2.com/0601/senkyo18/msg/566.html

などの記事が見つかったのでお知らせします。何かの役に立ちますでしょうか。なお、小泉首相の安倍 “ 指名 ” 発言を詳しく取り扱った記事もありました。

小泉首相:次期総裁候補、重ねて国民的人気求める。
http://asyura2.com/0601/senkyo18/msg/556.html


しかし、ネット上の速報記事は本当に、すぐ消えてしまいますよね。Yahoo!ニュースの記事が、三時間も経たないうちに消えてしまった事もありました。
http://igelblog.blog15.fc2.com/blog-entry-308.html
これも情報操作の一環のような気がします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/496-677150ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。