ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Lost and Found"、消された情報検索エンジン @・・・なんてあったらいいけどな

many thanks >いいげる さん

情報ありがとうございます
これもブログの良いところ、感謝です

困った時の阿修羅...ですか、勉強になりました

googleキャッシュもそういう意味では非常に意義ある時期がありましたが、中国共産党でフィルタリングが行われているのが表沙汰になった頃と符合して、アメリカや日本でもそういう"似例"(造語)が散見するようになった気がします

権力に左右されない"かつてのgoogle"的な検索エンジンが別途台頭し、市民権を得ることを切に望みます
ましてや消された情報にこそ重要性があるという考え方に基づくアーカイバーです
『Lost and Found』
探し物はなんですか~

Wikipediaの削除依頼の公正に思える手続きや、さらにその分派による"削除の過程を克明に綴った"削除情報専門サイトみたいなものはそのお手本になるかもしれません
阿修羅は誰かが転載UPしてくれないといけないそうですから、その辺はロボットが理想でしょう

googleもアメリカでは異常な株高のようで、「株主のために」広告収入を増やさねばならず、日本で言えば"電通という毒蜘蛛の巣に絡め捕られている"のでしょうか
やっぱり新自由主義に巻き込まれると魂をお金で売っちゃうんでしょうかねぇ

ボランタリーサイトの多いインターネットの世界ではなんとか望めないものでしょうか?
サーバーだの人件費だの管理費用だのといいますが、それこそP2Pの出番のような気もしますし、どうしても金がかかるのであれば金儲け目的ではないパトロンが出現してもおかしくない気がします

世は株主至上主義に移行しようとしているようですが、新自由主義経済の中での株主なんぞはしょせん(故)村上ファンドを1000万分の1にしたような存在でしょうから、結局のところ増えてなんぼで「増やせー増やせー」の大合唱になるのは目に見えています
株式上場=悪魔との契約とまで言うのは言い過ぎでしょうが、最近の"何でも単純化思想"においてはそう遠くない表現のような気もします

徒然なるままに書いちゃいました(笑)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/501-3b4adeb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。