ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【勝手に場外乱闘】 片山さつき語録を斬る @エリートの偶像にみる官僚意識のステレオタイプ

20060527041958.jpgみなさんかなーり関心が高いようですね、この御仁に関しては。。。
検索エンジンからもよく起し頂いているようです
すこぶるキャラのたった「毒リンゴの持ち主」ですが、TV等での拝聴雑感が少しでも世のみなさまのご要望に添えればと。。。
[片山さつき関連]
◆政治家達の気づいたクセ 
◆品格問われる小泉自民党公認国会議員 @26歳最年少当選の小泉チルドレン 
◆ちょ~高飛車の片山さつき @さすがは官僚出身 
◆さっそく何様?さつき様! @片山さつきの傲慢ぶり
◆小泉チルドレン観察日記 @カタビー片山さつきの「コイツ」発言 
◆な~んだ、お金好きだったんですね @ブルジョワ官僚出身だった片山さつき
◆拝金原理主義の伝道師 @なぜ経団連会長・奥田碩は消費税を上げたいのか?


片山さつき・・・
選挙戦出馬から拝見するに一言で言えば「高飛車」
エリート意識の塊のような人物だ
金メダルの大殊勲でも一向に祝う気持ちになれない荒川静香の女王様気取りの高飛車とは質が異なるものの主観的にも既にレッドゾーンと言う点では同じ
いままでTVでは4度ほどお見かけしたことがあるが、この湧き出るような傲慢さはなんなのだろうか?
さも優秀な面も覗かせるのも事実だがそんなこと消し飛んでしまうほど人間性の部分で欠落したものが多く生理的にも受け入れない

4/6放映のTBSアサヒジャーナルを中心に少しその言説を追ってみた・・・

幼い時から"神童"と呼ばれ、ついたあだ名は「天才少女さっちゃん」という自己紹介をご用意
 ★そう言えば前夫・舛添も自分で神童だとか、東大No1だとか言いまくっていたな
   番組司会者(MC)の水道橋博士も同じように小さい頃神童と呼ばれていたそうだ
   私の周りにも3人は自分で神童と呼ばれてたと言っていたのがいたけど
   カリスマなみに「安い言葉」になっているんだねぇ

たった30分枠の番組内だけでも、発言をつぶさに見ていくと面白い

自ら並べた偉業の数々(笑)
駿台模試で全国1位だそうだ

 「でもぉ1位は一回しかとってないんですけどぉ」
 「でもそれ言ったらかえってそんなことは言わない方がいいって人に言われた」


謙遜なのか自慢なのか理解不能。。。

 「あのねぇあたしは1位とったのは正確には代々木ゼミナールの全国の第1回目の模試だったんですよ」
 「(高校)3年生になって最初の時ですからぁ、その模試って言うのは通常浪人生が上位に全部来ちゃうものなんですよ」
 「そしたら、アタシあんまり深く考えずにぃ腕試しで受けちゃったら受かっちゃったんでぇそれで甘く見ちゃったんですね」
 「その後はだからぁ 駿台とかでも1番とか2番とか3番とか来てないですよ」
 「じゅう・・・十何番はあったと思うけどぉ」


ちょっとMCの3人、(浅草キッドx2+江口ともみ)が"引く"と、今度は自分で

 「それだってすごい競争率ですよ」 だってさ(笑)

いやーすごいすごいと言ってあげれば嬉しいかな?
代ゼミで初めて開催する全国模試っていうけど「通常浪人生が上位」の普通って?
1年余分に勉強した人たちを相手に大殊勲と自分で言いたいのだろうが、そうは言っても大学入っちゃったやつはもういないわけだし、「みんな一斉スタートライン」って言って見せてこそ謙虚、、、そうじゃない人だから"片山さつき"なわけだし、そんなの無理か
大きく見せたい、大きく見せたい

 「鳩山邦夫さんには『君も筑波大付属(高校)の総合試験一番だったんだってね』って言ってはじめて声をかけていただいた」
 (そうよ、私は一番だったのよ、みんなわかったぁ?)


こういうヒトの『謙虚さの表現』(大爆笑)の傾向のひとつとして、著名な第三者を登場させて「君"も"」なんて言わせてみせるのが見受けられる
「私はアッチの人間なのよ」っていう遠まわしな表現だ
遠まわしをもってして謙虚と思い込んでいることがとても愉快だ
ちなみに前夫・舛添要一もまったく同じことをアサヒジャーナルで言っていたようです(「私も一番でした(東大の主席論争)」って)
似たもの同士で結婚して、3年もたなかったのは同族嫌悪?(爆)

父・朝永康郎氏は数学者で宇都宮大学名誉教授を勤めていた
その父をはじめ親戚はみな東大の理系で学ぶものが多かったとのことだが、解剖などの実験が苦手で東大法学部に進学したとの"自己申告"
額面通り受け取れば心優しい少女時代と微笑ましいが、これだけ相手に負けるところを見せられない性格の彼女が親戚縁者や父君までもが皆こぞって合格し通った東大理系学部を目指さなかったわけはあるまい
わざわざエピソードつきで語られるあたりがなんとも「らしい」と言えよう

 「私の大学時代だと、天下国家の土台を作ると言うと政治家よりも官僚だったんですよね」
 「もうそれだけ日本は官僚国家でしたし」

外務省も受けたんだとか
 「あのねぇ外務省はねわたし大学3年のぉハタチの時に受けられる国家試験がひとつしかないんで、外交官試験で受けたらぁ20何倍で学科試験通っちゃったんです」

「ホー」と玉袋筋太郎

 「そこでまた図にのっちゃってぇ」 と自ら殊勝を気取る(爆)
(ちょっと声がはしゃいじゃって、玉袋の合いの手がよっぽど嬉しかったんでしょうねぇ)
 「『8月の夏休み潰しちゃってさつき馬鹿ねぇ』なんていわれたけど、でも面白いから受けに行こうって面接受けにいったんですよ」
 「で、1週間外務省でぇ 霞ヶ関のぉ でいろんな方と面接しながら」
 「ホントにわたしJJルックの女の子でしたから『あなたホントに外交官ってアフリカとかも行くんですよ』って」
 「わたしもはっきり言って一人娘ですし、そこまでの覚悟はありませんって答えちゃったよね」
 「でも面白かったのは経験でしたしぃ それで外務省の方とか見てねぇ あ逆にあたしはこの仕事一生するつもりはないなとすごくはっきり分かって」
 「外務省は1本道隔てたら大蔵省が隣りでしょう で真夏の暑い頃に遊びに寄ったんです その主計局とかぁ 官房にいる先輩が、もおランニングシャツかなんかで夏休みなんですけどぜんぜん休んでなくて」
 「当時国鉄の関係とかでもお、倫調とか行革とかで既に熱くなってて」
 「当時はもう大蔵省が実質決めてたからぁ 休みもなくてうぁあたいへんだ やっぱり日本動かしてるのはコッチだなと思った 悪いけどぜんぜん違うわ」(夏休みの外務省は静かだったと付け加える)


ふーん、要するに外務省は落ちたのね
長い話だった。。。
(口述筆記はもはや義務感)

 「ホントにわたしJJルックの女の子でしたからぁ」 。。。頼む誰か彼女の時計をちゃんと進めてやってくれ
よく言われる今どき聖子ちゃんカットも昔の栄光を忘れ得ないのであろう
すでにこの世界の時計は進んでおり、いまやノーメークで白雪姫の黒い方で舞台に立てるゾ
誰かリンゴもって来てやれ!

初の女性主計官という"勲章"に話は進む
 「石破さんとは共通言語で話せちゃいますから」
これまたオタクの水道橋博士が「型番で『PWG-23が2億だから』みたいにできちゃうんですか?」って聞くとちょっとケゲンそうに引っ込みつかなくなったような表情で目線を下に落として頷く

 「わたしはぁPXには賛成だけど、石破さんはPXでなくてもいいんじゃないかなんて・・・」
ウニョウニョゴショゴショと語尾を有耶無耶にしてたけど、PXって自衛隊の売店の話? P-X次期海洋哨戒機なのかなんだかしらないけどさ(笑)
つっこむといろいろxx出てきそうで面白い気がすんだけど。。。
 「ねえ!いろいろとそういう!」 っていきなりでかい声で話を次に振るから、なんか誤魔化しっぽい感じでした(真相は不明)
 「あたしは、でも、好きでしたよ」 って鼻を鳴らす(笑)
ま、たしかに防衛庁ってちょっとマニアな人たちが本職でやっている世界だからそういう風に自分も見せなきゃなんないんでしょうけど
馬鹿じゃないんだろうから専門用語くらいは覚えるだろうし(OLだって)、いろいろ大変なんですねぇ

 「江畑さんとかとも友達ですし、あーえーと陸自出身のー、誰でしたっけ? 評論家ね、みんなお友達です」
"志方さん"と名前を教えられて
 「うん、みんなお友達です」 って名前忘れてお友達。わーい
 「本当に詳しい同士は今回の防衛力見直しってすぐわかっちゃうんです」
 「だからね、片山さんの言っていることは合理性があるって」
 ハイハイ

 「(イージズ艦のお値段は)1400-1600億」
 「ただ米軍に納入するお金は600-800と言われててぇ 開発経費を負担させられるんですよ」
 「ただイージスのあれだけいいバージョンをもっているのは米軍のほかは事実上日本だけですから」
 「あとはスペインでも北欧でももっているんですけど、彼らはそこまでのバージョンはいらないと言ってバージョンを落としている」

詳しいなぁのため息に得意絶頂に火がついた
 「それからなぜそれができたのか分からないけれど、(スペインでも北欧は)国内産業に仕事を落としているんですよ」
 「うちの場合はイージスのレーダー機能ってのはブラックボックスできてしまって、その超ハイテク、ITにお金を払っているんですよ」

嬉しいリアクションの連続で調子出てきたのかな? 両腕目いっぱい広げてみせて、身振りもでかくなってきた
 「で、あの八角形の甲板のモノだけだったら数百億かからずできますからぁ あの上に乗っけるハイテクのぉ 部分がブラックボックスなんですよ」

いや気持ちよさそうだったね
でもさ、その「ブラックボックス」やアメさんにぶんどられている部分のところにこそ天下国家を論じるお方の仕事があるんではないの?
調子にのって馬脚を現したな(爆)
「安保第一、アメリカさま」って言うのが目に見えているけど、スペインでも北欧でも"ちゃんと国内産業に金落とさせている"って自分で言ってんだからやることやってない証拠
墓穴を掘ったね


官僚としてキャリアを積んでいこうと言うところで政界を目指したのはなぜ?
 「23年で5回の大きな行革で、行政の中にいればいるだけ、ああ、だんだん官僚ですべて決めて土台を作ってきた時代は確実にシフトすると」
 「その流れは止まらないと言うのはよく分かる」


ふーん、出世レースで限界を感じたと言うことは意地でも言わないわけね

 「わたしの場合最初にお話しがあったのは早い時期で、小池センセイが東京で小林興紀さんのところで刺客として出られるというもうその時点ぐらいではお話があった」
わたしは真っ先に声かけてもらってたのよ、と
 「(解散した)8日の日には自民党の派閥の上の方からお電話あったんですけども、比例女性枠というスキームがなかったんですよね」
 「その時点ではぁ 先週までワシントン行ってましたし、わたし... みたいな言い方してました」
 「だんだんお話が具体的になってきてぇ その時に中国ブロックとか東海ブロックの名前が出たんですね」
 「有力な造反議員が多かったですよね、そのふたつは」
 「はじめはそれこそ平沼さんとか、亀井さんとかぁ 野田さんとかの裏ってあったんですよ」


よっぽど城内だから勝てたって思われたくないのかなぁ
わたしは大物相手がちょうどいいと評価されてたのよって(笑)

 「ただわたしは言われた時に、『あと10年は官僚で政府の公的な仕事ができる立場にいると言うことはご存知ですよね
  この選挙に出るんでしたらこの選挙のための一回の政治家ではなくて中長期的に政治家やっていきたいと
  そういうことができる選挙区にしてください』と言ったんですよ」
 「そこで静岡7区っていうのが出てきて」


ま、官僚出世レースに破れる前に、華麗なる(笑)政界への転身を目論見であれば、この辺のしたたかさは当然でしょう
ここまで言ったんだから次もその「中長期的に政治家やっていける」同じ選挙区から出られることでしょう (ワクワク)
どうせ大学教授とか保険はいっぱいかけているのは目に見えているけどね

水道橋が"安倍さんのかわいがっている城内実現職との対決"に話を振る
 「でも安倍幹事長はウチの後援会にぃ(なんかベタベタしたしゃべり口調)推薦のメッセージ出してくれてますからね」
一生懸命余裕を見せる
 「当時の幹事長代理の時点で自民党公認以外を応援することはありえませんって言ってくださっていた」
水道橋、「でも俺も辛いんだよって(城内氏に)言っている気もしますがね」と返すと
 「そんなことはなさらないと思いますよ」
間髪入れず否定、、、よっぽどその話題は嫌なのか?
 「安倍ファミリーとのお付き合いは片山家の方が長いですからね」
カメラ目線を入れつつ余裕をかましたつもりなんでしょう
アームチェアにもたれかかったその女王的態度がなんとも憎らしい(笑)
城内なんて小僧と一緒にするんじゃないわよって聞こえました

一同、ホーーーッ

このリアクションが返ってくると"スイッチが入る"ようで引いて見てると大変面白い
 「あのーわたしたちの結婚式に、安倍晋太郎さんは当時病床に居られたんで、お母様とお兄様に出ていただいているし」
"お母様"と"お兄様"にのところにやたらとアクセントが入っていたのが大笑い
腹式呼吸か発声の際に"お かぁ さま""お にぃ さま"のところでアゴが上がっていました
シンゾウ坊ちゃんの話じゃないのよ、彼の"上"とのお付き合いよって言いたいのであろうか?
いや、ホント面白いよ、この人


現職閣僚としての仕事をアピールしたいその席に、なにやら分厚いノート持参で参りましたねぇ
大学ノートが資料挟んで3倍くらいに膨れ上がってるんで、うーんハードワーカーって感心しそうになりますが、何でロケのわざわざ高級ホテルにまでこんなもの持ち出してきてるんだろう?
って自己顕示欲の旺盛さに脱帽します
例えば通産省の執務室とか議員会館とかのロケなら話の展開で偶然日頃のお仕事振りってのはいいけど、わざわざ高級ホテルの特別室まできったないノートもって出てくるのは"その辺の感覚器官"がぶっ壊れている証拠
あちらこちらでいろいろ言われているのも分かります
(いただいたコメント紹介)

[最悪な組み合わせ]
官僚上がりの女国会議員と、ハゲタカファンドと同じ事をしている夫の官僚(町金並に、給与の他に成功報酬も出ています。公務員なのに・・・・)。
国民の生血を吸って、高級マンションに住み、BMWを乗り回し、しっかり預貯金と証券を銜え込む。
しかも他人に対する態度は尊大・・・・・

2006/01/15(日) 01:38:16 | URL | written by 鬼作

世の中手厳しいですね
身から出た錆と言うか自業自得と言うか、そんなこと割り切りエリート志向(思考)には馬の耳に念仏でしょうが

フランスへの海外留学の話を振ってもらった時のこの上なく嬉しそうな顔はないったらありゃしない(笑)
フランス国立行政学院時代の同級生に孔泉・前中国外務省報道局長がいたとか
かなり日本に対してむかつく発言を繰り返したこの人物評が面白い

 「あの人非常に人間的で頭の回転も非常に早いし、だから彼は立場でしゃべっているんですよ」
 「ものすごく柔軟な人ですよ」
 「それはだって社会主義国家でぇ軍事政権の上に乗っかっているみたいな部分がある国だってことを忘れちゃダメですよ」
 「軍部を向いて彼らは発言しているんだから」
 (だから日本人になんと思われようと)「だって国内のガバナビリティ自体が大変なんだからぁ あの国は」


TVでみんながワカンネー言葉、得意になって使うなよ
governability=統治とか調整とか言いたいのかな?
状況分析は立派なもの
官僚としては当然のレベルなんだろうけど、理解して見せても問題解決に至らないのであれば無能と言い換えても構わないのではないだろうか
先のイージス艦の「アメさんにやられっ放し」とまったく一緒の構図

「<小泉首相>を向いて<わたしら>は発言しているんだから」
って置き換えるとこういう役人気質の"状況だけ利用する"適応型政治"屋"の素養が見出せる
官僚であれば政府のシンクタンクとしてそれでもいいかもしれないが、官僚臭さが抜けきれないままさらに政治家の腹黒さを身に付けていってしまうこと間違いなしだ
いわゆる志なき政治家で、こういった類のヒトが天下国家を論じるから日本は腐敗し喰われていく

 「あの人(孔泉)に関しては本当の優等生ですよ」
 「だってフランス国立行政学院に中国政府がはじめて出した人だから、"間違いあろうはずがない"」

エリートはエリートにしか分からないといいたいみたいね
さすが終始見せる肩書き主義は伊達じゃない
「世界で一番いけ好かないやつですけどね」と言う水道橋に対して、ひたすら擁護を続けてみせる
 「仲間同士でスポーツやっても何でも率先してやったり、弱いものイジメはダメだとか立ちはだかったり、立派な人なんですよ」と留学当時のエピソード(抽象的)を交えて擁護
そんな立派なヒトがちっとも立派に思えないような仕事振りをしていることは気付かないのか? 気付かないフリしているのか?

優等生同士の相互理解とでもいいたいのか?
というより優秀な彼を批判することはそのまま「優秀なわたし」を批判することに他ならないとよくお分かりのようで。。。
いや、もはやそういう庶民感覚には感覚器官切って接しているんでしょう
訂正、使わない神経は退化していきます(哀)

こういう官僚、政治家が国を牛耳っている限り、民は常に置き去りです

(将来は総理にとか)「わたしある新聞に"初の女性首相へ"って書かれてから、絶対そういう発言しないようにしてるんですけどぉ」って顔面クシャクシャにして笑ってみせる
ようは口には出さないけど狙ってますわよって言いたいようだ


年末の番組でも国民代表のゲストが「本当は国のお金はいくらあるんですか?」と言う素朴な質問に
「M2+CDがぁ」っていきなり専門用語をひけらかす
実はこういう人はホントは頭が良くない
専門用語を出して相手を煙に巻くのがテクニック

相手に「何それ?」「わからない」「分かるように説明しろよ」とさえ言わせれば得意絶頂、勝った気になる
「ふふん、そんなことも分からないの?」と高い位置に自分を置きたがる
プライド先行で相手がわかってるフリして"思考停止"してくれればさらにしめたもの
やたらと横文字並べたり専門用語を並べたがる"自分を優秀だと思っているタイプ"に多いから、今後よ~くそういう目で見てみると面白い
会社なんかにもときたまいるでしょう

たとえば英語ができないエンジニアも無理やりひとりで海外出張させられたら何とかこなしてきてしまう
技術用語、専門用語は"同じ畑"では世界共通だったりするからだ
お互いに分かろうとするから、そこからなんとなくの意思疎通も芽生え始める

じゃあ"畑違い"の専門用語ばかり並べて相手が理解してくれるかな?
そもそも自分の知らない世界の言葉を捲し立てられて、片山さつきさん、あなたは理解できるかな?
農業や、化学や、市場の言葉だって難しいものあると思うんだけど、自分の知っている専門用語を一生懸命にひけらかして何が楽しいんでしょうか?
相手が知らないと悦に入るだけで、自分が知らないことがあるとは「感じない」のがこういう人種なんでしょう

本当に優秀な人は誰でもわかる言葉で表現で、相手の意見を十分に引き出しておきながら議論を噛み合せる人
同じ土俵で本当の実力で戦う人
相手の思うところを引き出す人
相手の考えを尊重し、その上で納得させられる人


この辺に"自称エリート"と"ホンモノ"との差があるんだけど、「自分は優秀」と思っている人の中にはホンモノはほとんど見かけない
逆に人間性を差っぴくと一般の人よりも総合点で格下の場合が多い(笑)

試験なんて所詮テクニックだし、学歴も昇格試験もみんなテクニックだけで勝ち上がってきた人たちだから仕方ないか
そもそもその試験を作っている人たちが同じ人種だから気付くこともなく彼らの"文化"を後生大事に守っていく(笑)
でないと自分の存在自体を否定するからね

ディベートもなにもしょせんテクニックだから心のないエリート集団で培われた、もしくは成長過程で人として大切なものをどこかに置き去りにしてきた"割り切りの生き方"の「賜物」だ

片山さつきというお方を見ていると、まさに典型的な"日本官僚政治の病理"を感じてしまう

コメント

痛快!これからも期待してます!
胡散臭いやつらを斬りまくってください。

  • 2006/06/03(土) 22:17:01===
  • URL===
  • written by
  • [ 編集]

「額に横線三本~横線三本、クッキリと」(オバQの歌のリズムで)の人ですね。人生の成功者風吹かしていても、かつて、舛添って人と結婚していた事だけで、人生終わっていると思うのは、私だけでしょうか?このチルドレンと言われているオバさまがたの化粧の見ていると、歩くだけで、ファンデーションの粉が飛んでこないかと
迷惑しています。同類に、小池、高市という面々がいますが。
管理人様、これからもどんどん斬りまくって下さい。私も荒川静香に好感をまったく持てません。

  • 2006/06/21(水) 17:21:54===
  • URL===
  • written by tiggar
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/504-f3e134aa

ワーキングホリデーでオーストラリアにゴルフ留学?!(動画)【ゴルフ馬鹿】

昨年、神さんとオーストラリアに行ってきました。ゴールドコースト。

  • 2006/06/14(水) 08:37:26===
  • ゴルフ馬鹿@GORUのゴルフな毎日

日本における大学教授になる方法

私も修士課程に在籍していたことがあり、痛感したことがある。女子、特に美人の女の子はものすごく有利だということである。

  • 2006/06/08(木) 15:21:54===
  • ブログ大学

自民党に関するなぞかけを思いつきました。

毎日楽しいなぞかけをつくっています。けっこう真面目な内容ですよ。「自民党の造反組への対応」とかけて・・・

  • 2006/05/29(月) 10:36:31===
  • なぞかけブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。