ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相変わらずFIFAのオペレーションはヒドイ @なんと100万泊分がキャンセルだって・・・絶句。

なんかバカみたいに高い宿泊料金を設定していたホテルが軒並みだとTVで見た気がするんけど、もしかして『残り物には福』?

独ホテル とまらぬ怒り FIFA、100万泊キャンセル
 【ベルリン=黒沢潤】六月九日に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会を直前に控え、国際サッカー連盟(FIFA)の関連会社がW杯関係者向けの宿泊予約を50%以上もキャンセルし、ドイツのホテル業界が“悲鳴”を上げている。手数料発生前とはいえ、その数は百万泊以上にも上る。祭典を控えた高級ホテルに大打撃を与えている。
 独メディアによると、ホテルを斡旋(あっせん)するFIFA関連会社「WCAS」は大会スポンサーやVIP、各国チーム向けに数年前から二百万泊分を予約。しかし、思うように注文が取れず、五月上旬までに百万泊分以上のキャンセルを通告した。
 深刻な打撃を受けているのは、ホテル計七十六カ所八千室のうち、62%の五千室がキャンセルとなったベルリンだ。アインシュタインやトーマス・マン、マレーネ・ディートリヒら著名人が投宿し東西ドイツ統一の“象徴”であるブランデンブルク門近くに位置する最高級ホテル「アドロン・ケンピンスキー」まで、“犠牲”となった。
 四つ星ホテル「エストレル」(全千百二十五室)の場合、半数近くの予約のうち60%がキャンセルに。ホテル側は「注文を思うように取れないのなら、WCASは、その旨を事前に知らせるべきだった」(支配人)と怒り心頭だ。同ホテルの六月の利用率は通常68%だが、キャンセルの影響で50%以下に低迷。W杯期間中は「サッカーショー・イレブン」と銘打ち、特別割引キャンペーンをせざるを得ない状況だ。
 一方、予約百六十室のうち数十室をキャンセルされた「シュタイゲンベルガー」は、「空室を埋めるために値下げをすれば、事前に(高額で)予約した別の顧客に失礼になる」(支配人)として値下げはしない方針。
 ドイツでは毎年六月、会議やイベントがめじろ押しで、ホテル利用率は他の季節に比べて高い。だが今年はW杯が開催されるため予約は不可能と思われ、一般の予約は多くなかった。
 WCASは本社所在地も不明で、独紙は「FIFA関連会社」としているが、英紙フィナンシャル・タイムズは「FIFAそのもの」との表現で批判している。
 ベルリンの旅行マーケティング会社「BTM」は世界各地にホテル利用を呼びかけているが、W杯開催前にどれだけ回復できるか未知数だ。

(産経新聞) - 5月28日3時1分

相変わらずFIFAのオペレーションはヒドイ
自分たちだけ儲けようと必死だからヒドイ

前にもチケットが足りないだとか言ってたと思ったら、一転今度は余っちゃって困ってるとか迷惑千番珍騒動があった気がする

熱心な人は最後まで諦めずにいるといいかも
航空機が取れなければ隣国から陸路で入るとか!
オー、グローバル・ダイナミズムね

がんばってくだらはい

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/507-d6836271

着物と暑さとの戦い

夏の日差し対策に!流行しないかな?和傘な日傘?外国人にも大人気らしい・・

  • 2006/05/29(月) 17:57:54===
  • 着物・和服なんでも情報うぇぶ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。