ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"デザイナーズ都庁舎"のツケは1000億円 @15年で雨漏り頻発、修繕費は建築費と変わらずの愚

以前、デザイナーズ注文住宅というヤツのクレームをTVで見たが、3億円の豪邸が雨漏りするは桟(サン)や梁(ハリ)が腐るはでもう大変
なぜかといえば室内用の窓枠をデザインが気に入ったのだろうが外壁に使ってみたりして、もちろん密封性なんか皆無だから浸水ドバドバ隙間風ヒューヒュー・・・その他もろもろ、現場の職人が文句いってもデザイナーさんは聞く耳持たなかったらしい
ま、TVだし当然どうしようもないくらいヒドイ例なのだろうけど、最近の"デザイナーズ流行り"のせいでそういうトラブルは後を絶たないらしい
(どうでもいいけど3億円の豪邸建てられる気取ったオバチャンは、さっさとつくり直せよ。被害者訴えてもなんか微妙に同情できない)

で、こちらは都民の税金で建てられた東京都庁舎
約100年の歴史がある有楽町・丸の内から当時副都心といわれていた新宿駅西口へ大規模にお引越しした際にモニュメント的に建てられたのだろう
20060531072359.jpg1990年12月に建物が完成、翌1991年から業務を開始
バブル経済の最中に計画されたまさしく「バブルの塔」だ
年間40億円もの維持管理費用がかかり、知事室も豪華この上ない
ちょっとした王様気分に浸れる(笑)

世界的建築家、丹下健三なる人物がデザインしたという
地上48階建ての第一庁舎、34階建ての第二庁舎、7階建ての会議等の3棟からなる構成
2本の上層部をねじったデザインがなんとも斬新、サイケデリック(モダニズムといわなければならないらしいがあえてこう言う-w-)

が、この複雑な構造が仇となり、随所に水漏れ雨洩れが発生しているということだ
外壁材の目地の劣化が止まらず補修が追いつかない
20060531073201.jpg都委託の民間会社の試算によると全面改修費はなんと約1000億円に及ぶ
実に都庁舎新築時の総工費1570億円にも迫る巨額だ
10年かけて修繕し終えた頃にはまた最初に直した部分が"更新"の時期を迎える計算(笑)
なんともいやはや

かたや展望台には年間170万人が訪れるという東京観光の華
東京タワーか都庁タワーか。。。(もうすぐ隅田タワーかな)
楽しそうに見学し、圧巻の眺望と"首都東京の威厳"に感嘆する親子連れの頭の上の天井裏には青いバケツとビニールシートがびっしりと並んでいる(写真)というからなんとも複雑

なんとなく"張り子の石原"と被ってしまった(爆)

贅沢しないで普通のに建て直したら?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/515-631dee55

タマホーム 着工数日本一?

タマホーム 着工数日本一は嘘!?こんにちは!ローコスト住宅@情報バンクのナナです。昨日ライブドアニュースを見ていたら、あの着工数日本一として有名なタマホームの記事が載っていました。記事を読んでみると、実は着工数日本一は大手メーカーを除いてのものということ

  • 2007/03/30(金) 12:42:50===
  • ローコスト住宅@情報バンク

【タマホーム】トラブル・クレーム続出?タマホームの評判を分析

株式会社住宅産業研究所が行っている『注文住宅地域ビルダーランキング』で注文住宅着工数2年連続(2004年・2005年)1位に輝いています。一方、タマホームで家を建てたお客様からのクレーム、お客様とのトラブルが相次いでいるのもまた事実です。タマホームは理念を貫く素晴

  • 2006/11/04(土) 00:15:00===
  • 【タマホーム】トラブル・クレーム続出?タマホームの評判を分析

核武装に向かう日本の歴史

前エントリ「非核三原則?」の続編です。以下槌田教授の盛岡講演録からの抜粋。  1957年、岸首相が初めて核兵器問題について発言しました。「日本が防衛的核兵器を持つことは許される」。憲法の九条の解釈で、攻撃的な兵器を持たないが、防衛的な兵器は持つことができる。

  • 2006/05/31(水) 19:49:01===
  • 晴耕雨読
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。