ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またひとり責任者の無責任がまかり通る @小泉、村瀬社会保険庁長官の引責辞任を固辞

またひとり国の中心で『責任者の無責任』がまかり通る

"小泉以降"で形だけでも自らを律することができたのは福田康夫ただひとりだと言うから、「潔い政治家」「潔い経営者」「潔い責任者」はもはや日本から絶滅の危機だ

BSE再禁輸問題の中川昭一にせよ、2度目の官製談合の額賀福志郎にせよ、問題発覚直後には辞任の意向を口にするが、「キミが辞めたら僕まで責任問われちゃうよ」って辞任撤回させるのが小泉流

小池百合子に至ってはほとぼり覚めるまで病院隔離という自民党の古典的手法(永田メールも笑えない)でなんと半月以上も国務大臣が公務を離れる異常事態でも馬耳東風の荒業だ
しかもマスゴミの協力もあってこんな破廉恥もすっかり功を奏しているようだからまったくもって許しがたい

こうしてまたひとりそういう"無責任男"が誕生しそうだ

小泉首相 社保庁長官は辞任の必要性ない 参院本会議
 小泉純一郎首相は31日午前の参院本会議で、社会保険庁の国民年金保険料の不正免除問題について「ずさんな事務処理により国民の信頼を失う事態を招いたことは極めて遺憾だ」と述べた。
 ただ、野党から辞任を求める声が出ている村瀬清司長官については「引き続き村瀬長官の下で全容解明と再発防止に万全を期すとともに、職員の意識改革や組織改革、業務改革に全力で取り組んでもらいたい」として、辞任の必要はないとの認識を示した。民主党の山下八洲夫議員の質問に答えた。

(毎日新聞) - 5月31日17時31分

「バカな国民の前で辞めて見せる必要なんかないんだよ」
「野党の思い通りになる必要なんかないんだよ」
「どうせすぐ忘れちゃうさ、日本人なんて」
「ほら僕を見てご覧。 なんだってできるじゃないか」


ブッシュが大量破壊兵器はありませんでしたって認めたその日の朝も謝るどころか官邸でヘラヘラと遊んで見せた卑劣漢の極み
まさに"遅れてきた世紀末"、恐怖の大王・小泉

ついでに川崎厚生労働大臣も辞める気なんてさらさらないと記者会見

 一体全体この国はどうなっちゃったんだ?
 責任者は責任をとるために責任者なのであって、"権限と報酬の等価交換"のはず
 逃げ出すのではなく綱紀粛正を実現するために残ると殊勝なことを言うのであれば、
 その達成とともに一切の報酬を辞した上で引責辞任を公約すべきだろう
 何となく居残ってみせても単なる保身にしか受け取れない


これも最初は意味がわからなかったんですけど、また例の"お得意のアレ"ですね

改革つぶしに乗るな=小泉首相、社保庁の体質批判
 小泉純一郎首相は29日夕の自民党役員会で、社会保険庁の国民年金保険料不正免除問題に関し、「(社保庁)改革に反対している勢力があるから、その改革つぶしに乗らないように」と述べ、地方組織の一部幹部が不正を隠していたことを念頭に、同庁の体質を批判した。
 首相は「改革は行政のあきれた意識、無駄の実態を改めることが原点だ。長官も民間から起用した」と述べ、村瀬清司長官の起用は間違っていなかったことを強調した。その上で、「そういうことをもっと分かりやすく説明する必要がある」と述べた。

(時事通信) - 5月29日21時1分

"敵の敵は味方"論
自分がヤバくなると必ず出て来る

自分に都合が悪い人間は誰彼構わずみんな"抵抗勢力"
私の敵はキミの敵、私の敵はみんなの敵
みんなの敵はお前だ、コイズミ!
本当の改革を一番阻害しているのは小泉純一郎そのものだということを世間のみんなに気付かせないようにするために、「ウソも100回言えばバカでも信じる」ということのようです
「民間であればなんでもOK」って本気で思っているんでしょうか?
ここまでくると痛々しいxxx

保険料不正免除で緊急会議 社保庁、再発防止図る
 社会保険庁は27日、各地で発覚した国民年金保険料の不正免除問題について、実態を把握するとともに、現場に法令順守を徹底させ再発を防止するため、各都道府県の社会保険事務局長を東京に集め、緊急の「全国社会保険事務局長会議」を開いた。
 会議では、川崎二郎厚生労働相、村瀬清司社保庁長官が、問題を徹底的に解明し、公的年金制度への信頼回復のために尽力するよう訓示した。
 不正免除問題では、大阪と三重の社会保険事務局長が実際には不正行為はあったのに、社保庁の調査に対して、ないと回答したため、監督者としての責任を問われ、更迭されている。

(共同通信) - 5月27日13時54分

個人的にはちょっと違った見方をしている
もしこれら免除適用がその基準を十分満たしているのであれば、実は免除代行は親切と評価する
たとえば国民健康保険の高額医療払い戻しや児童医療費の払い戻しは自治体によってはわざわざ役所に出向くことなく自治体の方で該当者を確認して申請書を送ってきてくれる
払い戻し口座も登録しておけばその口座に振り込んでくれる
以前は対象者自らが気付いて申請しなければ黙って国庫が総取り丸儲け
そっちの方が不親切というか行政の不作為

そういう制度や特例の存在を知らない人は「バカなヤツだ」とでも思っているのか受け取り損でもお構いなし
せっかく法律まで作ってやった制度政策が実行されないことの方が恥とは思わないのかね
財政の危機と制度としての福利厚生を、役人、政治家の無駄遣いと同列に議論されることの方が問題だ

もちろん憲法も変えずに好き勝手の限りを尽くすルール無視の無頼漢・小泉を許すつもりもないので、今回の免除問題にしても「代行してはいけない」ルールを破ったのであるならばお咎めは当然だが、実はそのルール自体が不整備だという見方もできる
にも関わらずどこからも「制度側の不備」に言及が及ばないのはまたもや御用マスゴミと悟られたくない、障られたくないと、コイズミ一味以下くだらない議員ども目論見どおりか。。。

しかしながら問題は社会保険庁自体がもはや信用度ゼロだということ
なんでも民営化が素晴らしい小泉肝入りの"民間長官"も結局は営業停止の損保ジャパンと同じケツのたたき方しかできなかったという至極分かりやすいオチ
ケツの穴の小さい役人はさらに肛門をキュッと締めて"分母減らし"に走ったということ

誰も買わないような保険商品(運用不信と制度破綻の国民年金)を押し売りして来い(強制徴収)とゲキ飛ばされた営業マン(社保事務所)がとった行動は、損保ジャパンのそれとなんら変わりない

もっとはっきり言えば人選ミス
小泉人事の引責問題だ
この辺に敏感な小泉は早々に村瀬擁護に走った構図
弾除け村瀬に辞められちゃったら裸になるのはコイズミ自身だ
実に分かりやすい

他方、今回の社会保険庁カイカク?法案の"お流れ"は、その実一番喜んでいるのは解体必至だった社保庁であり、厚生労働省であり、そして高級官僚とベッタリ談合の小泉純一郎だろう
なぜなら小泉政権になってからはずっと問題視されてきた社会保険庁優遇政策を国民の反対を押し切って2度にも渡り延長してきたのは小泉純一郎あり、それが今回世論の「追い風?」でまたしても延命できるというのだから、まさに渡りに船だ (逆風も 逃げの航路にゃ 追い風だ)
しかもその責任と国民負担のツケを、野党に責任転嫁することも忘れない念の入れ様
村瀬、小泉の責任問題を追及する「野党がカイカクに反対した」と言いふらしたい御様子、まさしく噴飯
コイズミ自らの不徳の所産だとは決して認めはしない
まっこと小賢しい狡猾さ、姑息極まりない卑劣漢だ

社保庁法案成立断念へ 不正免除拡大で政府与党
 政府、与党は30日、社会保険庁を解体し、公的年金業務を引き継ぐ「ねんきん事業機構」を新設することを柱にした社会保険庁改革関連法案について、今国会での成立は断念する方針を固めた。
 同庁の国民年金保険料不正免除問題が拡大しているため、6月18日までの会期中に成立を図るのは、国民の理解が得られないと判断した。秋の自民党総裁選後に予定される臨時国会での成立を目指す。
 法案審議の過程で野党側の批判を浴びるのは得策ではないとの思惑もあり、これにより会期延長は行われない可能性が出てきた。
 政府筋は30日午前、記者団に対し「厚生労働委員会は重たい法案を抱えており、それに全力を傾注すべきだ」と述べた。

(共同通信) - 5月30日12時3分

村瀬への追及、自分への追及回避のためには「こんなカイカク、どうってことない」ということだ
そもそも改革なんて真面目にやるつもりもなかったといういい証拠
小沢一郎をして「ろくな法案なんかなにひとつない」とは至極同感で、まさしくなるべくしてなった実質上の"空転国会"

小泉純一郎の頭の中にはアメリカ保険業界との密約である医療制度改悪だけ実現できればあとはちっとも意に介さないのであろう
凶暴罪にせよ、愛国心にせよ、結局は小泉強権政治の"コバンザメ"どもこの機に乗じて積年の悲願を達成しちまおうってこすい魂胆だ

どうでもいい小泉は「好きにすればいい。会期は延長しないよ」ってところなんでしょう

彼の関心事はアメリカとの契約履行、何は置いても『カネと権力』以外のなにものでもない
これを阻止してこそ本当の勝利であるが、コイズミ(院政)政権倒してからでもアメリカから取り戻すという手も無きにしも非ず
コイズミ一番のご馳走を取り上げた時には破壊神の本性が現れるかもしれない
花道なんかやらないぞと思うのだが、焼け野原になるかどうかはこの際小沢に任せてみる
新自由主義って言葉はもしかしたら小泉純一郎の代名詞そのものなのかもしれない

コメント

小泉の税金私物化

こんばんは。
これほど国家・国民を愚弄しこけにする首相が
いまだに居座り続ける日本には全く愛想が尽きる
しかないですよ。
税金私物化の小泉は公設秘書などまでファミリー
で独占し、税金泥棒し続けているが、その一番の
税金盗人の小泉の愛する姉が定年で辞めるか辞めるよう。
しかし、知事などが辞めるときの退職金は辞退する
のがいいなどと偉そうなことをほざく小泉だが、ファミリー
が税金泥棒するのは丸々いただくよう。恥さらしそのもの。
この無責任列伝の政権にはまったく吐き気しかしない。

  • 2006/06/01(木) 01:48:35===
  • URL===
  • written by kabumasa
  • [ 編集]

個人的にはちょっと違った見方

>個人的にはちょっと違った見方をしている

の以下で仰っていることには「よくぞ言ってくれました!」との思いです。
「もしこれら免除適用がその基準を十分満たしているのであれば、実は免除代行は親切と評価する」
もはや年金のシステムがここまで壊されてしまってからはもう一度作り直さなければならないとその必要性を感じるのですが、今の制度の中で将来年金がもらえない人が出るのを少しでも少なくするためには今回の社会保険庁の行為を「親切」とも受け取れます。
人生の中には浮き沈みがあり「免除」があって助かる人もあります。ま、お金があっても払わない人も居るでしょうけど・・
新制度に移行する過程での心配もあります。たとえ話で恐縮ですが「草原で、もはや歩くことも出来ない仲間を、やむなく置き去りにしていく・・そして無抵抗なのを幸いにハゲタカが群がって食べつくす」
そんな図を思い浮かべるほど年金問題を新たな金儲けとして狙っているのではと危惧します。
国にしてもシステムにしても「壊れるときにも金儲けの種はある」のを彼らは知っているでしょう。
泥棒猫にも注意しなければと思います。

  • 2006/06/01(木) 08:59:33===
  • URL===
  • written by ニケ
  • [ 編集]

村瀬長官が辞めたら

喜ぶのは不正をしていた役人たちじゃないんでしょうか?だって村瀬長官が「これからは民と同じく厳しくやるぞ!」と言われて、慌てた無能者どもが数字のイカサマに手を出したってことでしょう?
それを反小泉的な理由で村瀬長官を辞めさせたら「うるさいヤツがいなくなった。今まで通り、だらだら出来るぞ」と喜ばれちゃうんじゃないの??
村瀬長官が最適とは言わないけれど、ココまで腐敗したのは彼が就任したからではないのだから、大阪と同じく、今までの責任者を切る事の方が国民にとっては良い結果になると思うけどなぁ。
おしえて、賢い人!!

  • 2006/06/05(月) 19:46:52===
  • URL===
  • written by ベル
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/516-0819d391

母が泣いている (前に「分」が付くけど^^)

社会保険庁の不正免除の問題ってどうでしょうか?年金不正免除の話です。次から次に「実は・・・」「実は・・」「週刊実話?」って古すぎる(笑)って結局、一連の不正免除・猶予

  • 2006/06/01(木) 08:37:26===
  • らんきーブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。