ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果たして私たちの善意は届くのだろうか? @義援金は誰のもの? "支援ビジネス"は濡れ手に粟の怪

ジャワ島地震のエントリー書いたら、なにやら怪しげな募金のTBが舞い込んでクルクル

大変申し訳ないがそういった類のものはイチイチ信憑性の確認ができないのでお受付できませんゆえ、悪しからずご遠慮ください

もちろん中には真面目で真摯な募金もあるのでしょうが、「盲導犬募金詐欺」や「なんちゃらバンド」その他諸々の事件性が明るみに出てしまうと、自分だけでなくTB先を訪れた人まで被害者になってしまうことが考えられる
リンク先からさらにワンクリックで変なところにリンク誘導する「ツークリック詐欺」や、ひたすら宣伝だけのもの、記事とは関係ないもの、の"導線"は立ち消えさせるのが賢明と考えます
(こう言う連中に限って毎日のようにスパムTB入れてくる)

個人的には胴元のハッキリしているドラえもん募金かなんかが安心かと思っていましたが、そんな折なんとも恐ろしい話が舞い込んできました

【追記】
ドラえもん募金は在京キー局の呼びかけで電話一本で寄付ができる簡便なシステムが好評ですが、その募金をかなりの金額で複数の募金団体に再募金(委託)する形が収支報告の中でされていたようです。
その中に下記の「日本ユニセフ」や、各所でかなり問題視されている某団体が名を連ねているため、そういった団体の理事に名前を連ねる元首相の某大物政治家などによる「力学」が働いているのではないかとされているようです。
メディアと政治の癒着関係が取りざたされる昨今、それらの募金団体をトンネルとした不透明な資金の行方が取り沙汰されているようですので、"善意の行使"にあたってはくれぐれもご自身で精査の上お願いします。

記事中にオススメと錯誤する表現がありましたのであくまで注意喚起の限りです

XYZさんよりの情報 (many thanks!)

 "ユニセフ"と"日本ユニセフ"って別なんですかぁ???

そもそも本家本元との組織上のつながりはかなり希薄で(いわゆるフランチャイズのような関係らしい)、ピンハネ容認の上送金さえすれば良いというのは如何なものかと思って止まないが、リンクのサイトが詳しい
見解の相違と言うのは至極便利な言葉で予想の範囲を逸脱しないが、たしかに組織維持運営管理経費支出(もっと言おうか?)などとと言う大義名分の元、年間16億円も「戴いちゃえる」んであればこれはもー"ぼろいビジネス"だ
"関係者"の給料のほかに東京都港区高輪の25億円の自社?ビル建設なんて話を聞くともはや絶句

 弱者救済のボランティア精神、手弁当のこころはどこへやら?

である
案の定と言うか、こう言うところには湧く蟲もあり政治屋さん達もこぞって御参加の模様
南の島をテリトリーにしている森のオッサンといい、こう言う類のところには嗅覚働くのかね
あ、常連さんのお名前、しっかりありましたねー
オッサンと101匹ワンちゃんといったところでしょうか?(笑)
いろいろいわくつきの人も多いようです
こう言うところは本来であれば 既に信用なぞ失った 公認会計士などの第三者の監査を受けたり、もしくは経費支出を認めていると言うことは"ロイヤリティ収益"をあげているのであるからして税務署の税務調査を厳格に行えば何も疑われることもなく(いままで疑っていなかっただけに・・・)ガラス張りの透明性と公正性と社会的意義を同時に証明できるものの、政治家オレキレキが居られるためにか果たしてそのつもりはあるのだろうか?
なお検証させない決算書ほど、いつの時代でも胡散臭いものはない(特に最近はブームのようだ
管理人さんによると逆監視もされているようなので追加記事も読まれたし


「民間企業ですから」と堂々とビジネスにする輩も出てき始めている
知る人ぞ知る、マータイさんの『MOTTAINAI運動』
[title]驚いたのは世界に名を馳せた日本の大手商社・伊藤忠商事がそのライセンスを独占的に握っていると言うことだった
で、さも美談のように取り上げられていたTVの特集番組では、「参加企業からライセンス料を徴収し、その30%をMOTTAINAI活動に寄付する」という

  えっ?、たった30%だけかよ???

 「収益活動とすることで、息の長い支援ができる」
 「(利益追求を主旨とする)企業が参加するには儲けを確保しないと賛同が得られにくい」
 「フェアトレードの精神こそが大切だ」
商社お得意の"もっともらしい"プレゼンテーション攻撃で集いし企業からしっかり戴くもんは戴く
幾ばくかでも"主役"に渡せば「ないよりはいいでしょう」
「日本の民間企業がタイアップすれば30%でも結構な額になりますよ」
我々が儲けている限りはお宅らの活動にも黙ってマネーが転がり込みます」

う~ん、新自由主義の匂いがする
善意を気取った金儲け
ないよりマシってのがなんとも釈然としない
こう言うのを「WIN-WIN」とか平気で言うから最近の自称エリートビジネスマンには腹が立つ

フェアトレード気取るのであれば、原価内訳をすべて開示して5%程度の利益上乗せをお許し願うのが、善意をビジネスにするということではないのか?
70%もピンハネするその根性が気に食わん
善意は100%に近いままピアー・トゥー・ピアーで届けてこそ、仲介人の使命は全うされるもの
"間に入ってコバンザメ"(しかも大食い)ではとても胸張って言えたものじゃない

どういうロイヤリティ体系になっているのかはブラックボックスの中のようだが、活動に支援を訴えるリストバンドを作ると言う伊藤忠商事さん
アフリカの天然素材で手作りの"地球環境・・・!"って感じのMOTTAINAIバンドを売り出すと言う
でもさ、価格交渉で現地の社長だか仲介人だか世話役だかの丸々太ったオバチャンにぼったくられててどうすんの?
天然素材のリストバンドの納入価格が1本2円で即決商談成立したすぐ翌日に、なんと10倍に吹っかけてきた(パソコンで計算ミスとか言ってたけど、誰も信じないよそんなこと)
同じものを日本で作るよりベラボーに高いんだそうだ
アフリカの貧困地帯で真っ黒い毛皮のコート着て(暑くないのか?)、運転手つきの乗用車で移動してる天然肉布団のオバチャン(暑くないのか?)が全部吸い上げちゃって働き手の細った女性たちにはロクに配られないのは目に見えているでしょう
商社のお家芸の"原価積算"やって交渉しないのは、アンタラもオバチャン社長も"ぼったくってる"からちっとも痛まないんだろうけどさ
結局5.5円でお互い満面の笑み(shit!)
「アンタ モ スキネー」って笑う売春宿の女主人にたいな顔だった(マジで)
ちなみにビーズ2個と包装して日本での売り値はサンキュー390円だそうです

オバチャン太らせてどうすんの?
ちゃんと働き手にまで隅々行き届いてこそフェアトレードと言えるんです
取引先の選別も相手の会社の中まで覗き込んで本当にフェアかどうか見極めるのがアンタラのお役目でしょう
値上げた分がきちんと配分されるならそれはそれはいい話だが、そこのところを強欲そうなオバチャン社長にきちっと言って聞かせなければ全くもって意味がない
方法はいくらでもあるだろう
結局のところ商社だし、そんなこと言ってもできない、しないから新自由主義なんでしょうがね(嘲)


新潟大震災の際のエントリーです
義援金は誰のもの?
一説には200億円を超えたと言われる全国からの善意の賜物“義援金”

ところがある日避難所には1枚の張り紙が。
 「市が認定した被災者以外には配給は中止します。」
住宅が全半壊した人は当然のことながら、ライフラインが復旧せずに余震が続く中、より安全な避難所に唯一のよりどころを求めていた多くの被災者に冷たい仕打ち。
居場所を奪われた多くの被災者はチリヂリに、避難所の体育館はガラガラに。

義援金は助かったでしょうね。 市の財政が。
被災者支援費用に回さなくてよくなったカネは、道路や箱モノを喜び勇んで作るのでしょう。
で、政治家や役人にキックバックのうれしい嵐。
行政経由では、本当に困っている人のところに善意は届きません。

確かに税金では私有財産を援助する事はできないというのも一理あります。
税金に頼らず自活を促すのも筋でしょう。
しかし誰もが多かれ少なかれかなり困っているわけで、困った時の国・自治体なのでは?
百歩譲って税金でできないところを援助するのが義援金でしょう。

 ★そんな最中、被災地の村議会議員が視察の名目でTVCMでも有名な
  千葉・木更津にある温泉ホテル「竜宮城」へお泊まり旅行。
  もちろん税金ですよね。
  「竜宮城から帰ってきた浦島太郎は時代に取り残されていた」話を
  お忘れになっておられるようですね、センセイ方。


先週実家に帰ったときに私の父が一生懸命ドラえもん募金に電話している姿を見てなんだか悲しくなってきてしまいました。

もちろん特定の募金の使われ方に問題があるという事ではありませんのでくれぐれも誤解なきよう。
でも義援金の多くは形を変えて行政に委託されるのは間違いありません。
結果、役所には援助物資が配られずに山済み。

全国隅々までの善意の数々が、冷血な役人どもにいいように利用されているのは何とかならないものかと叫びたい気持ちです。
せめて行政ではなく、(実績のある)民間のボランティア団体にお願いするのが良いのではないかと思いました。(義援金詐欺もあるようなので注意が必要です)
民間の団体もお金だけ集めずに最後まで責任を持って被災者を援助、ケア、支援して欲しい。
ボランティアなんていわずに時給払ってお年寄りを介助する人を多く送り込んでも良いのでは?(現場で大変な思いをする人は報われてもいいと思っている)
実績のあると書きましたが、いくら集まってどこに渡したという実績は公表されていますが、本当はそれでも足りないのかもしれないと思いました。

国も役人も信用ならん世の中になりました。

2004年11月14日

ジャワ島の援助物資もぜんぜん行き渡らないと言うし、なかなか上手くいきませんね
どこかにはこちらの島では自分のことが最優先で他人の事なんか押しのける国民気質などと、ホントにそうなのか?と思える記述もありましたが、もしそうだとしても(そうだとしたらなおのこと)いっそ余って腐らせるくらいの心意気で無尽蔵に空中投下してみてはどうかとも思います
「並んで、並んで~」が通用しないのであれば、ひとりでガメテしまうようなやつが食い切れないほど、蓄えて売ろうとしても市場価値の形成が皆無なほど徹底的に空中投下してやれば、道が寸断していてトラックがいけない場所でも、秩序が保たれなくなっている場所でも何かしら届くと思います

無駄だ、効率的にという声も聞こえますが、その「秩序らしきもの」がある日本でさえ援助物資が倉庫に山積みだという皮肉
倉庫の中で腐らせるのであれば食い切れないほど空中投下して配り歩けばいい
(もちろんいつまでもやれと言うつもりはない)
そんな風にさえ思ってしまいました


なお、"善意の活動"までも否定するつもりはないし、上記が作為的なものであると断言するつもりも毛頭ないので、各個人が精査の上、募金、支援活動に協力されることは喜ばしい限りである

諸団体においては安直に有名人や著名人のネームバリューばかりに頼らず、いかに公正さと透明性を担保できるか自らの活動や運営方法と情報の開示をよりいっそう研鑚されることを切に願う



   モッタイナイで地球は緑になる モッタイナイで地球は緑になる / ワンガリ マータイ

直接行動してる人は応援します

結局、コバンザメのように周囲をウヨウヨする、カネの臭いに誘われて宿主に寄生する連中が問題なんだろね

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/525-76aed1f8

金儲けは悪いことなのか

ホリエモン、村上さんの逮捕・・・。ここ数年の金儲け主義の反動だ!!って、話を聞きますが、本当かなとも思ってしまいます。検察は、ホリエモンや村上逮捕と同じ熱意を持って、新興企業以外のインサイダー摘発などに取り組まなければ、「不公平だ!」という誹りを免れえな

  • 2006/06/16(金) 14:49:21===
  • 株初心者の投資チャレンジ日記♪

「なぜ高級な車に乗っている人などはお金持ちではないと思ったのか?」

イワサと申します。書籍などから「高級な車に乗っている人は、実はお金持ちではないのかもしれない」と思いました。

  • 2006/06/04(日) 16:43:16===
  • ニート・フリーターバイト卒業する会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。