ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港、シンガポール、スイス、ケイマンとつながり始めた期待感 @村上ファンドを突破口に!

わざわざ海外逃亡までしたのになんで舞い戻ってきたのだろう?
よっぽどまずい証拠の隠滅のためか? はたまた政治の力で握り潰そうとしたのか?

20060605042552.jpg 「孤独だ。誰も相談できる相手がいなくなった。。。」
 盛んに流されるこのフレーズ・・・
 帰国後に電話で知人に話したと言う
 美味しい汁だけすすって逃げた政界、財界の権力者達の存在を感じさせる

20060605042609.jpg経済ジャーナリストと名乗る水島愛一朗なる人物が、村上に密着取材を続けていたと言っては「シンガポールへの移住は前から決まっていたことで家族とともに移り住む。会社の移転は住居をシンガポールに移したために後追いで決まったこと」なんて、オマエは村上マンセーか!?
7月完成予定の10億円大御殿をあの村上が『無計画性に』着工したとでも言うのだろうか?

20060605060259.jpg どうやらシンガポール本社も見せかけだと言う
 ファンドの運用資金は「ケイマン諸島」に集中すると事情通はインタビューに答える
20060605060323.jpg
 ここでライブドア捜査で出てきた、香港、シンガポール、スイス、そしてケイマンと。
 なにやらつながり始めた期待感が芽生える

カリブ海、キューバのすぐ南に位置するイギリス領ケイマン諸島
人口は約4万人、面積260K㎡の小島
世界に名だたる企業も含め、なんと銀行だけでも600以上も集中する金融センター
こんな小島になぜ集まるのかと言えば、法人税ゼロのいわゆる"タックスヘブン"で、中心街のジョージタウンにはロイヤルバンク・オブ・カナダとかゴールドマンサックス、リーマンブラザース、メリルリンチ、UBSグループ、そしていわくつきのアーサーアンダーセンなど大規模な国際金融企業も数多く本社を置く
(図体デカイだけでどこも十分怪しいけど・・・)

何よりビックリしたのはケイマン政府のファンド管理担当者の女性が日本のTV局の取材インタビューに対して言った言葉だ
20060605063301.jpg 「私たちは投資ファンドを"各国のチェックから守る"のが役目です」
 政府自ら"悪人天国"を自認する

20060605064552.jpgそんな"天国"にも村上グループの拠点があるようだが、現地取材ではずらっと並んだ間口10cmにも満たない私書箱だけが"実体"で、所在地住所は現地の法律事務所と同一、オフィスはない
そう完全な"ペーパーカンパニー"だという
ライブドア事件の追加取材で沖縄で怪死した野口英昭の足取りを追った香港では同じようにA4ファイルボックスひと箱の「会社」に行き着いていた
さすがライブドアの錬金術も元は村上が指南役とされるだけあって手口も瓜二つだ
ファンド、投資事業組合に実体なんかはいらないと、これぞまさしく虚業の極み!
立派な仕立ての高級スーツに身を包み、どんなに居丈高に"ビジネス"を叫ぼうと、村上世彰も海の向こうの"楽園"の怪しげな会社を操る人物と言うことになる


東京渋谷の一等地に新居を構えるつもりだったのだろう
20060605042638.jpg それにしてもデカイ家ですねー
 「日本を変えるんだ」と使命感に燃えた"時代の寵児"の落とし物
 政権中枢の拝金主義者とグルになって妙な方向に変えてくれたものだ
 そんな男の成功の証
 まさにランドマークになるべきものだったのか?
 成り上がりヒルズ族からの脱皮宣言だったのかもしれません

20060605042652.jpg 嗚呼、怖い世の中です
 TV局の空撮映像の全国放送で位置まで特定できてしまいました20060605042622.jpg
 これ以上はちょっと不謹慎につき止めときましょうか・・・。

Xデーは5日とも6日とも
"場"が閉まってからなどと変な配慮はせずに恣意的な逮捕はいらぬ憶測を増大します
市場というのは"オートスタビライゼーション機能"があるから『市場』なのです
仕掛けにのって狼狽売りする連中が悪いのです
株価の乱高下で儲ける不届き者もいるでしょうが、そんなヤツラを配慮して株価操作を司法警察がする必要はないと思うのですがどうでしょうか?
「我こそ国家なり」の意識がそうさせるのかと思いますが、それじゃ結局政府と変わらず政治をやっているようなもんですし、風説の流布で市場操作する村上のような連中ともさして変わらなくなってしまいます

最近、"国策捜査"、"国策逮捕"という言葉が良く耳にされるようになりました
国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて 国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて
佐藤 優 (2005/03/26)
新潮社
この商品の詳細を見る
佐藤優の『国家の罠』を読んで早くから私も幾ばくご紹介してきましたが、私の理解では「政治権力側の恣意的裁量逮捕」という風に捉えていましたが、マスコミやブログの論調からは「司法権力の暴走」のように聞こえます
「一罰百戒」を狙った不当逮捕のような言われ方です
「出る杭は打たれる」「何で彼だけっ」って世間は捉えられているようです
一部には悪党に対してヒロイズムまで感じ反感まで持つ始末です

きっちり頂上まで行かないから国民からこのように見られてしまうのではないでしょうか?
もっとずっと悪い奴らが『政治の壁』の向こう側いつまでたっても酒池肉林を続けているからこんなことを言われちゃうのではないでしょうか?
本当の一罰百戒とは悪のピラミッドの一番上にしっかり責任とらせて、その下の綱紀粛正を望むものです
テキトーなところで折り合いつけて、トカゲの尻尾を叩いて楽しむものではありません

今回も「二罰百戒」で済ませずに、"政界財界の頂上作戦"を敢行していただくことを切に切に期待します

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/527-f0786d3f

『国家の罠』佐藤優

  明日、サッカーワールドカップのブラジル戦を控えて、このような本をご紹介するのは、ちょっと“ヤボ” かなとも思いますが…。著者である佐藤氏の控訴審で大きな動きがありましたので、ぜひ。唐突ですが、 【 藤原正彦 VS 櫻井よしこ 】 といったら何を想像さ

  • 2006/06/22(木) 17:43:29===
  • 本を読もう!!VIVA読書!

自殺願望犯罪者  -死刑制度-

今日は何かとワイドショーのネタが多い日のようである。ニッポン放送株売買を巡る村上ファンドのインサイダー取引疑惑で、東京地検特捜部は5日、代表の村上世彰が、証券取引法違反

  • 2006/06/05(月) 17:54:17===
  • らんきーブログ

阪神株、TOB成立へ/村上氏逮捕か

村上氏、阪神株売却応諾へ TOBは成立確実 村上世彰氏率いる投資ファンド(村上ファンド)が、阪急ホールディングスによる阪神電気鉄道株の公開買い付け(TOB)に応じる意向を阪急側に伝えたことが3日、分かった。阪急関係者が明らかにした。村上氏側が保有する約4

  • 2006/06/05(月) 09:59:12===
  • S氏の時事問題
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。