ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上世彰、考察[4] @"路傍の石"とするか、"他山の石"とするか?日本の舵取りの好機

面白おかしく見るのも一つだが、これは日本の転機になるかもしれない
まだ引き返せるぞ!

  >>> [3] から続き

◆有罪?無罪? 地獄の"沙汰"なんか金次第でしょう(泣)
巨額のグレーマネーで最強弁護士軍団を組織し公判で一転否認、無罪勝ち取るつもりかもしれないが、全国ネットで「認めた?」のはあの作戦でいいのだろうか?(居丈高ながら微妙な言い回しに気を配っていた気もする姑息さ)
で、村上マンセーさんたちは「無罪だからなにやってもいいんだ」なんていってみせるが、まさに何やっても絶対無罪の小泉純一郎はまさに天下の聖人"世直し人"というマンセー論法とも符合する
こういうひとは慧光塾だか統一教会だかカルト的な新興宗教に陶酔する安倍晋三と全く同じ思考だから、何を言っても理解する力はなさそうなので諦めている
安倍晋三ソーリも応援するんだろうなぁ

一部に小泉のインチキには気付いているのに、断片的にしかわかってない村上はその一部分を見て擁護という人もいるようだ
大嫌いな和田明子やデビ夫人のようなご意見番のつもりもないし、別に誰がどんな想いを抱いても一向に構わないが、「点を点で見ずに」もう少し「つなげて」観察するといいかもしれない
陰陽師・安倍清明(あべのせいめい)の「"呪"とは言葉で縛るもの」なんてセリフを聞いたことがある気がするが、一回口から吐くとついつい相手も、自らも、自らの考え方も"規定"したくなってしまう
「さもありなん」とリラックスして縛られずに、「なるほど」と思えたときには考え変えるのはちっとも恥ずかしいことではないと思う
「変わるのが恐い」と思った時点で"呪"に縛られているのだがなかなか気付かないのも人間の弱さだ

  いま気付いたんだけど・・・
安倍晋三って安倍家の姓を名乗るところを見ると晴明の末裔で血筋だったりして・・・それで馬淵議員の"安晋会"追及で『おきつね様』が降りてきたのかも(爆)
時代が時代なら"家系偽装"で権威付けするんでしょうけど、実はカルトだか秘密結社の方では"そういうこと"になってたりして・・・コワッ


アメリカで共同買収の事例があったという事実をもってして村上を擁護するのは少々拙速な気もしますし、なによりアメリカの市場ルールの話であって日本の市場ルールを逸脱したのであればそれは違法行為以外の何者でもありません
日本の市場整備が遅れているというのであれば否定はしませんが、何もかもアメリカ様のルールに合わせるべきだという話になると思いっきり否定したくなります
まさしく小泉マンセー論法と相違ありません
そのアメリカでも単独だろうが共同だろうが企業買収をする際は正々堂々と法律守って"宣戦布告"してからやりなさいという法整備がされているようなので、そういった精神に照らし合わせても、裏側でライブドアにけしかけていながら、かたやその舌が乾かぬうちにフジテレビにも同様の取引を持ちかけて、両社競わせ株価高騰で200万株も自分だけ売り抜けたという村上世彰のどこが自由市場の申し子で、新自由主義的日本のヒーローなのでしょうか?
「儲けすぎちゃったから悪者扱いされて嫌われた」のではなく「儲けることだけに必死で何やっても構わないと思っている」から嫌われるだけ
嫌われ者は自分の何が嫌われるか分からないから嫌われ者だという非常に身近で分かりやすい釈明会見でした
で、踏み外してくれれば「そら見たことか」と拍手喝采になるわけです

なんでもアメリカ的が大好きなカタガタには「モラル・ハザード」なんてカタカナ語を使うと分かっていただけるだろうか?(期待薄)
エンロンとワールドコムとアーサーアンダーセンという史上最悪の事件に発展するまでルール至上主義で放って置けというのがそういうカタガタの主張なのだろうか?
監査法人がグルになっているのは既に日本も感染しているからより恐ろしい
耐震偽装もなにもかもチェックする人間がカネに目が眩みチェックをしないという
まさに経済合理性優先、新自由主義真っ只中だ
現行法で楔を打ちつづけるというのは市場監視の観点からも被害拡大を防ぐ賢明な手法であるとも言える
出なければ水も漏らさぬ法整備を要求され(近づける努力は当然として)、事前規制タイプの従来どおりの古き悪しき官僚日本が肯定されるだけだ
果たしてこれはカイカク好きの"マンセー団"にとっては喜ばしいことなのだろうか?


◆どちらに進むか? 日本らしい道も無いのだろうか?
日本の文化土壌は元来「公の精神」を重んじるヨーロッパ型のそれに近いものであったのに、ルールだけはアメリカ型を無理やり導入したもんだから、おかしな連中が跋扈し始めたと言う至極わかりやすい意見だ
しかもそのアメリカ型でさえ、市場の監視機能はしっかりしているわけで、日本のそれは全く追いついていない
今回の村上逮捕を受けて「監視機能が正常に機能している表れ」とまたしてもすっとぼけて他人事のように馬鹿なことを言ってみせた小泉は自分が今まで野放しにしてきたことも忘れている様子
いや分かっているけど、泥棒の親分が子分に泥棒をさせておきながら捕まったら「俺が捕まえた」なんて言ってみせている滑稽さだ
おバカなウソも500回言えば通ると信じている『パンツをはいた純一郎』

ここにきてようやく小泉批判の"うねり"めいたものが見受けられるようになった
小泉全否定ができないポスト小泉は問題が噴出しているアメリカ盲従路線を踏襲するのは想像に易い
口先だけなんと言おうが騙されつづけてきたことに気付いた人たちには思惑通りに届いているだろうか?
もう騙されない
アメリカが裏で手を回す広告代理店戦略もそろそろ飽きられたのではないだろうか?

しかして日本はここで初めて自らの進むべき道を考えるべきだろう
欧州型から学ぶのもよい
でも、日本の独自のシステム、ルールと言うのがあってもいいはずだ

TVの放送方式(NTSC,PAL,SECAMからHi-Vision 1035とHDTV 1080)に始まり、コンピューターのOSでも、ICタグのISO規格でも、デファクトスタンダードから世界標準のヘゲモニー争奪戦はいまに始まったことではないし、まだまだ続くだろう
"世界はひとつ"と言うのは人類の夢ではあるが、グローバルスタンダードなんて踊らされてアメリカ一色にされるのはまさしく詐欺的行為だ

市場ルールについてみてみるのであれば、まずアメリカ型でよく言われるのは『株主価値の最大化』
ホリエモンや村上世彰を時代の寵児として崇め奉ったメディアで盛んに流されて、お茶の間でも「ふ~ん、そんなモンなのかぁ~」と他人事で思ったアレだ
あまりにケタ違いの話だから他人事は至極当然だが、黙って言わせておけばいつの間にやら社会の常識のように扱われるのが実は最大の落とし穴
「会社は株主のもの」
従来常識とされてきたこととは"逆説的なキーワード"はインパクトをもって受け入れられるが、個人的には「ごはんダイエット」とさして変わらないような話なのかもしれないと言う感覚だ(笑)

"クロフネ効果"に弱い日本に輸入された新常識を振りかざし、よってもって「株価を高くせよ」「配当を多くせよ」「IR株主説明をせよ」
これらは決して悪い話ではなく、特にIR(Investor Relations)は企業の透明性を増す上でこれ以上なく重要なのは論を待たない

ところが今回の一連の事件は、この株主の権利を必要以上に振り回し、恫喝しながら、企業の経営判断を自分だけに有利に動かそうと言うもの
微笑ましく見守れるようなシロモノではない

こういったアメリカ的風土に対してヨーロッパ型はかなり空気が違っている
ステークホルダー(利害関係者)重視という
ステークスホルダーとは誰か?
株主と経営者、従業員、取引先、債権者などの経済的関係だけでなく、地域社会や環境問題、はたまた企業規模によっては国家から地球的影響に至るまでなんともいやはや幅広い視点で捉える
要はバランスの問題だ
"付加価値を配分する"経営が目指されると言う
行き過ぎた株主至上主義への警戒感だろうが、至極合理的で筋が通った考え方だ

従来日本社内留保主義(会社が成長していくことが何より優先)とも微妙に一線を画す
とはいえ、21世紀型の環境経営は少しだけこちらに近いものかもしれない

 ※一部ではニッサンのように、この機に乗じて役員報酬を平均3億円にまで引き上げた会社も散見する
  最近アメリカに憧れるそんな日本企業も現れたが、日本は経営者も慎ましやかに会社の成長を優先させてきた
  確かニッサンは経営危機に際し旧経営陣は誰一人ろくに責任とらず、ゴーンに従業員も関連会社も
  斬り捨て"させた"、自分の手も汚さぬ無責任の極悪集団 (後輩がリストラされただけに個人的にも許せん!)


面白い例として、フランスは2年以上を長期保有株主とみなして議決権を2倍与えるらしい
『会社自体の応援団』と企業側も他の株主も認めるといったところか
短期売り抜け型の株主とはあえて差別化するというもの

"議決権つき株式"と"純投資株式"の証券コードを分けて市場で売買してみたらなどと提案してみたことがあるが、こう言う考え方には賛成だ (関連記事)
「モノ言う株主」さんは"議決権つき株式"を買えばいい
ホンモノを自認するのであれば"重石つきの株式"であっても買い進められるはずだ

加工貿易が得意だと言われた日本も、派生だか、亜流でもいいではないか
日本の正義と秩序に則した独自のルール作りは何を臆することがあろう
これこそまさに国益だろう

アメリカの言いなりになっているだけが能ではない


◆政治と金と村上ファンド
たぶん村上と政治の間のカネの話はこんなちんまいモンじゃないと思う
村上容疑者から政治献金=与謝野担当相
 与謝野馨金融・経済財政担当相は6日の閣議後会見で、証券取引法違反容疑で逮捕された「村上ファンド」の村上世彰容疑者との関係について「私の勉強会に何回か参加され、会費は政治献金という形でいただいている」と述べ、村上容疑者から献金を受けていたことを認めた。同相によると「政治資金規正法上、すでに報告してある」という。ただ、資産運用面でのかかわりについては「一切ない」と否定した。
(時事通信) - 6月6日13時1分
小泉の溺愛馬の対抗馬潰しと見るのが適かな
立場上問題アリとする意見もあるが献金者潰してみせたんだったら利害相反で一応セーフ?(あれ?潰したのはトクソー?)
というより、もう止めろよ、政治献金
国民から年間1億円で雇われてて足りないとかぬかすなよ (>マスゾエ!)

先日の大きな声で自信満々に騙そうとした中身は矛盾だらけ逮捕直前一方的演説会で村上自身の口から出た言葉から分かったこととしては、村上流は「"聞いちゃった"はインサイダーじゃないと思ってた」ってことでしょう
投資のプロがそんなこと言うこと自体チャンチャラおかしんだけど、だったら政治家さんたちが村上の"独り言"を聞いちゃっても、<村上とその政治家の間だけ通用する解釈では>、それはちっとも違法性はないんだろうし、"情報をカネに替える術"を心得ている政治屋と"株価を動かす投資家"(モノ言う投資家改め)との間では十分過ぎる"利益供与"があると言われても"喉ごしスッキリ"だ
もちろんあんなに簡単にアシがつく村上のやり方も以外でしかないが、逮捕されずに国政の中心まで上がってきたシンゾーくんのような百戦錬磨の政治家が、「僕が買いました」って証拠を残すはずもなく探すのであれば10階層下位まで"ディレクトリ検索"かけないと出てこないだろう
武部ブタ結城純一郎もそうだけど、親族名義やビジネスを偽装した金のやり取りは常套手段
小泉信子小泉孝太郎以外にもせめて4親等くらいは見渡さないと周到に仕組まれてるんじゃない?

しかしながら村上の主張は滅茶苦茶だったなぁ
あの自信満々の話ぶりや表面的な「功」の部分に目をとらわれて"ヒロイズム"まで感じてしまっている人もいるようで何とも情けない
その多くは小泉マンセーと全く同じ論法だったりする

ホリエモンもそうだけど、"出たがりくん"はあっちゃこっちゃで散々ビデオテープを残してくれるから、頭の回転速いところを見せ付けて"その場しのぎ"でいろいろ言い返してくれるから後になって言質が捕りやすくて自ら墓穴を掘ってくれる
少し引いた目で今まで何を言ってきたのか聞き返してみると、本性みたいなものが見えてくると思う
頭のいい人(と自分で思っている人*重要*)は、その場その場で切り返すのが上手いから頭よさげに見えるってだけだ(会社にもいけ好かないやつは少なからずいたなぁ)
よーく聞くと一貫性が有りそうで無くって、じゃ何が"幹"なのかと考えてみると見えてくる気がする

不正利益、最大60億円=ニッポン放送株インサイダー-村上容疑者
 ニッポン放送株をめぐるインサイダー取引事件で、「村上ファンド」の村上世彰容疑者(46)=5日付で代表辞任=が、ライブドアによる大量買い占め発表直後に株価が最も高騰した昨年2月の数日間に、不正取得した株の大半を市場で売却し、最大で60億円の利益を得ていた可能性があることが6日、関係者の話で分かった。
(時事通信) - 6月7日6時3分

そうですか。。。
不正利得は金融当局に没収されるから、早々に認めた村上は「いくら負けてもらえるか?」に関心が移っているのでしょう
どれだけ手元に残るかが最大の関心事のようです

700円弱で買った阪神株のTOBでは470億円の利得ですって?(全株応じた場合の試算)
総会屋は年に1回の株主総会しか大騒ぎして稼げないのに、"Everyday, High Return"でウォルマートもビックリです
"内緒の役員決裁つき"で総務部長から対策費の数百万から1000万円くらいせしめる総会屋が小者にさえ思えるほど、これまたケタもずいぶん違いますが、村上世彰に憧れるヒトはこの辺にヒロイズムを感じるのでしょうか?(愚)
悪どい手法も発明だと言うのであれば、ノーベル経済学賞なんてノミネートしてみては如何でしょう?(爆・イグノーベル賞なら間違いない!)

実に面白い証言があった
経済誌記者によると、村上はターゲットの企業に出向いて最初にすることは徹底的にその経営者に嫌われることだと言う
開口一番に言うセリフは決まって「経営者のあなたが『無能』だからこの会社はよくないんです」、例のあの調子で遠慮なく怒鳴りつけると言う
そこから始まるのは終始一貫気遣いの欠片も無い罵倒の連続
突然大株主だと称して現れた若者に滅茶苦茶言われたらそれはそれは嫌悪感を抱かない人間はないだろう
会社の中のパワーゲームに勝ち抜いた経営者の驕りとか創業社長のそれという話の前に、人として礼節を欠いた言動が目に余るのだと言う
エリート官僚にまでなった頭のいい彼がなぜそんなことを平気でするのか?
それにはしたかな戦略があり、とにかく企業側に嫌われて「1日も早く出てってくれ」と思わせるのが狙いだと言う
経営トップに「多少の無理を聞いてでもさっさと居なくなって欲しい」と思わせればしめたもの
それで得られるのは"法外な"株主配当
そしてその配当につられて群がってくる有象無象の個人投資家たちによる株価急騰
なんか樹液に集まる昆虫のようだ(あ、受益か?)

とくに村上世彰のやり口は『占拠屋』と全く一緒というから、ヤクザとさして変わらない
「早く出てって欲しい」で"立退き料"をせしめる
なるほど見方を変えればとっても古い古典的手法ではないか!
拝金主義者の新世代ヒーローのやっていることは、なーんだ発明にさえならないのかもしれないxxx

まずくなったらっさっさと店をたたむ
こういうところは悪徳商法の常套手段で昔からいっぱい見られてきた"ステレオタイプ"の悪党の対応を見せる21世紀のヒーロー様
20060611050444.jpg日本を廃業して逃げていったシンガポールでも当局が動き出したようです
3月に出した申請時点で違法性を隠していたかどうかによっては逃げた先でも摘発されると言うこと

村上のシンガポール新本社が入っているというビル 20060611050351.jpg

いやいや、ケイマン当局は悪党のボディーガードですから大丈夫ですね(政府自ら認めてます)
よかった、よかった

やばくなるとヤバイ連中は蜘蛛の子を散らすかのように逃げていくようです
最大の協力者、オリックス宮内も事件発覚前の4月末には「なんとも偶然に」資金を全額引き上げていたと言うことです
このあとに資金返還が求められるでしょうが、阪急が予定通り買い取れば4000億円のうちの2/3のキャッシュが回収されると経済番組で言っていたいましたからそれほど大変ではないのではないでしょうか?
ただ世界同時株安でTOB価格の割高感が否めません
ここでTOBが成立した場合、今度は阪急HDの株主が黙っていないような気もしますが、なんで阪急はTOBを取り下げなかったのでしょうか?
不思議でなりません
さらなる背後にオリックス宮内がいないことを祈ります(阪急との密約は?)
阪急ブレーブス、近鉄バッファローズ、そして阪神タイガーズ・・・何でも欲しがる宮内さんですからxxx 


◆反省しない新自由主義の鬼ッ子に「マイッタ!」と言わせないと何も始まらない
小菅の拘置所内から弁護士経由で株価チェックと売買の指示に余念がないという村上世彰
なんともタフなお方だ
この感覚の持ち主は、もし金のためにはXXXしろと言われたら、相当なことまで平気でしてしまうのではないか?(あえて伏字にしますのでお好きな言葉を入れて楽しんでください)

もしこのヒトに反省を促すことを狙うのであれば、壊滅的な経済的打撃以外は無いのだろう
当然ながら経済犯に死刑は無いが、一般のヒトに置き換えれば死刑にされても反省しそうに無い。。。
もちろんたとえばなしだが、死んでしまったら金稼げないじゃないかという意味では反省したフリをするかも
やはり無一文で再起のチャンスさえ奪うくらいが、死刑よりも反省を促せる
罪刑法定主義ですってぇ? たとえばなしですよ(嘲)

そういう意味でも即刻残りのキーマン、3人とも4人とも言われる村上世彰の右腕をさっさと身柄拘束することでしょう
このキーマンの逮捕取り調べを村上世彰は最も嫌がったと言います
それで逮捕前日には検察の調書にサインをし、認めたんだか認めていないんだか分からないような釈明会見(謝罪会見ではない)を開いてみせました
「逮捕するなら一人だけにしてくれ」
これを潔いと言ってしまう村上マンセーさん、「俺がすべて責任とる」と言っているように感じたみたいですので大笑いです
「頼むから俺の錬金装置を止めないでくれ」って泣いて懇願したのでしょう

きっとここを押さえれば「マイッタ!」というのではないでしょうか?
それこそ何でも利用して裏切る人物ですから義理も何も感じないところは「予想外の名前まで出してくる」ことも期待できます
それは社会正義のためには最も望むところです

前々日自分がカメラの前で言っていたこととは180度違うことを平気で言っています
その日その日であの自身満々を目にしたヒトは騙されるでしょう
でもつなげて見れば一過性も何も感じません
前科がつこうが「自分なりの正義」がどうなろうがお構いなしのようです

「有罪」「無罪」も「儲かった」「損した」も言う人思う人の勝手ですが、「道義的擁護」という論調だけは捨て置けないのが率直な意見です
とにもかくにも彼に「マイッタ!」を言わせるのがなにより先決です
まるで中南米のマフィアのボスのように、檻の中から接見弁護士経由であれこれ指図する反省の色も皆無の村上世彰
証拠隠滅の危険性も地下に潜って再犯性の高さも証明するかのような話を聞き及ぶに、まずは蛇口をきちっと絞めて(首?)、そこから話を聞きましょうか?

村上ファンドがトカゲのシッポで終わってはいけません
ハンパな擁護は本当に責任をとらなければならない特定勢力の"ご都合どおり"です

シリーズ記事
◆村上世彰、考察[1] @見えてくるところと見えない影
◆村上世彰、考察[2] @親元アメリカ評、「市場監視がやっと機能し始めた自由市場途上国・日本」
◆村上世彰、考察[3] @『クロフネ・エフェクト』の呪縛から脱し得ない日本人を喰い物にする者たち
◆村上世彰、考察[4] @"路傍の石"とするか、"他山の石"とするか?日本の舵取りの好機

たいしたもんじゃありませんが・・・(笑)
関連記事
◆ここはひとつアメリカみたいに「村上・ライブドア法」と命名しよう!
  @金融商品取引法では拭い去れない「犯罪者天国・日本」の現状は、政治の確信犯か?
◆インサイダーではない! 共同謀議による企業乗っ取りと不当利得搾取犯だ
  @なんなんだ村上の逮捕前釈明会見は?まるで被害者面・・・
◆香港、シンガポール、スイス、ケイマンとつながり始めた期待感 @村上ファンドを突破口に!
◆微妙なトーンで村上擁護? @やっぱり"アッチ側"の人かもね、アベシンゾー
◆高飛び前に身柄確保を! @村上ファンド、最終章。 そして森派との攻防戦?
◆村上ショック、"早期逮捕"で材料出尽くしを! @ライブドアの二の舞はNo!
◆いくか?トクソー! @村上ファンド社長一時帰国に関係者任意聴取
◆村上ファンドの"落とし物" @間もなく完成"10億円豪邸"遺し慌ててトンズラ
◆村上ファンド、廃業届 @“外資系”転身で、日本の司直から逃げおおせるか?
◆村上ファンド『海外逃亡』、もう特捜の手は届かないのか!? @海外法人に全資産を移転
◆仕組まれたニッポン @やっぱり村上ファンドってわからない
◆阪神は大丈夫か? @村上ファンドが44%超を取得
◆ホリエモンの目に涙 @株主からの社長退任要求で
◆村上ファンドって、よく分からない


 ちなみに<楽天・三木谷>はコチラにの末尾にリンク集

小泉政府側近の経済"893"s
◆まるで金融暴力団!? 小泉会系竹中組 @"売国エンジン"竹中平蔵を止めろ!
◆拝金原理主義の伝道師 @なぜ経団連会長・奥田碩は消費税を上げたいのか? 
◆宮内:「規制緩和はお手盛りで」 @官僚から奪い取った"主権"でお仲間内でやりたい放題 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/540-b4e62ec8

木は2度生きる

木は2度生きることができる。植樹されるとやがて枝が伸び、葉を咲かせ、果実を持つ。枝はどんどん太くなり、分岐して、大きな木に育つ。大木になると樹齢何百年も生き続ける木もある。人間の寿命には限りがある。人は、死ねば骨になり、土に戻る。

  • 2006/11/23(木) 21:44:46===
  • 堀田信弘のリーダー養成塾 HottaWorld::「活・喝・勝」

定年退職後にあなたの収入は大丈夫リストラ・・・そのときあなたは?今必要なリストラ対策とは

リストラ・・・・今までこの会社のために一生懸命働いてきた。時には家族も犠牲にし、子供が病気のときも無理に出勤した。

  • 2006/10/25(水) 19:46:30===
  • 定年退職後の収入は?定年ホームレス対策は?

お金持ち、一寸先は闇!?

イワサと申します。いわゆるお金持ちは、お金を使いすぎることから、いつ転落するのか分からない、微妙な位置にいるのではないかと思ったわけです。

  • 2006/06/16(金) 12:52:45===
  • ニートフリーター、バイト卒業する会

金融商品取引法

6月7日、金融商品・取引を包括的に監督・規制する金融商品取引法が成立した。

  • 2006/06/14(水) 21:21:59===
  • 経済最も前
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。