ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何もかもトンチンカンな小泉政権 @5年も待つの?行政改革、政府調達は原則競争入札に

何もかもトンチンカンな小泉政権

こんな話は5年前の就任直後の第一声で号令一喝すべき話で、5年間も放置してきたのは政府の不作為というもの
なにをいまさらエラソーに

小泉首相が指示、政府調達は原則競争入札に
 小泉純一郎首相は13日午前の閣僚懇談会で、公共工事など政府による契約について「随意契約の見直しを徹底し、公共調達の適正化、透明化に努力してほしい」と述べ、原則として随意契約を競争入札に切り替えるよう指示した。これを受けて政府は引き続いて開いた「公共調達の適正化に関する関係省庁連絡会議」で、防衛装備品のライセンス生産など特定のケースを除いて随意契約を採用しない方針を確認した。
 随意契約を巡っては、中央省庁と関係団体による談合を招き、天下りの温床との批判が強い。首相は談合事件が相次いだため、各省に契約方法の見直しを求めていた。
 連絡会議では、各省が所管公益法人や独立行政法人などと競争入札を導入せずに結んだ随意契約が、2005年度に2兆1743億円あったと公表。このうち67%の1兆4584億円分は競争入札などへの切り替えが可能とみて、今年度予算の執行分も含めた見直しを進める。所管公益法人だけに限ると契約の9割が競争入札に移行する計算だ。

(日本経済新聞 - 2006/06/13 13:16)

これまた騙しの総仕上げのつもりかい

 小泉カイカク政権

なんてちゃんちゃらおかしい

 小泉"改革しないで放置プレイ"政権

というのが正しい
退陣間近の末期になって、ようやく重い腰をあげて見せたと言う
期待と人気にあぐらをかいて、役人どもと"政官談合"がその本質

随意契約の見直しなんか一番最初にできる話でしょ
しかも号令だけかけて自分はいなくなるんだから、実効性は興味もないのね(嘲)
本筋ならばその進捗をしっかり自分の政権下で監視し、人事も含めて行政改革を断行していかなければならないはずが、一体なんで最後になったんでしょうねぇ?
もしかして下降気味の支持率回復人気取りと、捨て身でかばった小池百合子への手向けでしょか(爆)
さすがはメディア参謀・飯島秘書官が直々にお出ましになるだけの高待遇、別格扱いだった見たいね

年明けからのように

 小泉純一郎は「追い込まないと仕事をしない」

偽装人気にほだされて応援していた人たちの責任ですぞ
いまからでも遅くない
小泉にまともな仕事をさせて、ポスト小泉なるものに少しでも改心の情を芽生えさせよう(ここは言っていて自分で笑ってしまった)

いまからでもできる!
まずは小泉5年の全否定から

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/544-03975ee8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。