ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ、強烈でした・・・ @もはや"攘夷"しかない

これ、強烈でした・・・

  晴耕雨読 「国保崩壊」

これ読んで何にも感じない人はいるのだろうか?
お涙頂戴の話ではない
本気で日本を心配する
誰か才ある人がドキュメンタリー映画作って欲しい
多くの人に知らしめて欲しい

このままでいけば間違いなく明日は我が身だ

  「官から民へ」「官から米へ」の規制緩和
  生存権と福祉の収益業化
  年金、医療後退
  言論統制市民弾圧の準備
そして極めつけは、外資献金容認

すべてのお膳立ては整いつつある

お金と数字しか興味がない人たちが、
ヒトとしての生活を壊していく

コカコーラだってディスニーだって買収されちゃうこの世の中で、
あなたの会社がターゲットにならない保証はどこにあるのでしょう?

今の日本人の経営者は信用してても、
ある日突然青い目の社長さんが現れて、
見かけは日本人でも心が日本人ではない、
とても冷たい目の奥をした経営者たちが、
ある日突然送り込まれてきて、
自分の周りのすべての考え方が一変する

株主のためと称しては、
不採算部門は斬り捨てられ、
残った部門も大幅リストラ

根っこを生やして会社にいるつもりでも、
地ベタごとごっそりもっていかれます

アメリカ流を受け入れた人たちは、
「明日から来なくていいよ」と簡単に、
お気軽にレイオフを告げられます
あなたのデスクに警備員がやってきて、
15分で出て行けといいます
私物を箱に詰めているそのすぐ脇で、
昨日までとは全く違った厳しい目で、
部外者を見るその目つきで、
エントランスを出るまで見届けられます

ある日突然"その時"はきます

その時、国は、自治体は、
あなたを温かくなんか迎えてくれません

他人事だと思っていた、
命のために泣き別れた武田さん夫婦、
この人たちと同じ境遇が、
すぐとなりのドアに待っています


強行採決までして無理やり通した医療改悪法案
小泉とブッシュの悪魔の契約が履行された瞬間

こんな日本に誰がした?
こんな日本を誰が望んだ?

"ビジネスチャンス"と言えば聞こえがいいと思っている、
金のことしか頭にない冷酷な悪魔どもの仕業

"小さな政府"と言えば聞こえがいいと思っている、
「痛みに耐えて・・・」、弱き者は死になさいと言う政治

ここまできたら、もはや日本を取り戻さなければならない
アメリカンスタンダードの完全否定
"行き過ぎた開国"は、結局は植民地になることと変わらない
これではいまだ占領下

小泉"以前"の方がまだましだ
時計を戻すレジスタンス
ここまできては"攘夷"の志が必要になってきたのかもしれない
私の場合は<尊民攘夷>

道を間違ったら一度立ち止まり引き返す
あたりまえのことだ
そんなことを臆してはいけない
.



らんきーブログさんからTBもらった内容で、自分も感じた"その感覚"との共感があったので後記を加筆する

武田さんご夫婦も「他にも方法があっただろう」と言いたいこともあるかもしれない
私だったらたとえば実家に帰って"扶養"にしてもらうと、自分の"今の状況"に置き換えてみるのもいい
だけどふたりの大人が、死んでしまうその瞬間まで「それができなかった」状況を想像することができるかどうか?
ここで自らの人間性が試されていると思っても過言ではないような気がした

自分の"今の状況"が不変のものだと信じ込み、ある日突然思いがけずに変わってしまうことをなぜ認めようとしないのか?
他人事なんて本当はなにひとつない

  ・・・ 自己責任って、すごく無責任な言葉だ


マシンのような行政は
ヒトのぬくもりの感じられない政治は
コンピューターか何かにすべて置き換えてしまえばいい
そんなところに人間が座っている必要などひとつもない

生身の人間に委ねて政治を行政を託しているその意味を
いま一度政治家も役人も、そして我々国民も
噛みしめてみる必要があるのではないだろうか?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/549-b1984f81

リストラにあったときの経済的バックアップは?

リストラ・・・退職勧告・・・もはや中高年の問題ではありません。いまや20代、30代でも当たり前のように行われています。そのときあなたは経済的に大丈夫ですか?

  • 2006/11/15(水) 18:54:57===
  • リストラ・・・そのときあなたは?今必要なリストラ対策とは

第85号 覆面を被った「人権法」

北朝鮮人権法などと言う、これまた胡散臭い法案が可決されようとしている。しかし、その実態は「朝鮮人保護法」以外の何物でもなかった。

  • 2006/06/16(金) 01:28:09===
  • 帝國愁報

第84号 小泉一派の朝鮮人流入政策

エレベーター問題の報道やワールドカップの報道に浮き足立つなかれ。これらを隠れ蓑にし、売国政府と共に日本破壊を画策する民主党の所業は万死に値する。

  • 2006/06/16(金) 01:27:49===
  • 帝國愁報

暗黒時代から安国時代へ・・・

TBを頂くブログの中に晴耕雨読 という私にはちょっと難しいところも多いが読み応え十分の素晴らしいブログがあります。何故かよくTBを頂き感謝しております。きっとどこかのブ

  • 2006/06/15(木) 17:38:22===
  • らんきーブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。