ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三宅島TT、本家マン島TTレースを超えろ! @東京オリンピックなんかよりこういう"年イチお祭り"いっぱい定着が吉

よいでわないか~
たまには珍しく誉めてみる(笑)

石原知事、三宅島復興でマン島のオートバイレース視察
 【マン島(英国)=千葉直樹】噴火による被害を受けた三宅島の復興策として、島内の公道を使ったオートバイレースの開催に意欲を見せる東京都の石原慎太郎知事は29日、世界最古の公道レースの開催地として知られるマン島を訪れ、レース会場などの視察を行った。
 1907年から行われている「マン島ツーリスト・トロフィー(TT)レース」の開催時期に合わせ、三宅村の平野祐康村長らを伴って島を訪れた石原知事は、前座レースをコース脇から見学、TTレース公式予選のスタート役を務めた。
 視察を終えた知事は「試行錯誤はあり、日本では最初からマン島のような完ぺきなレースはできないが、歴史は一歩一歩作っていくもの。(都下の)島には素晴らしい観光資源がありながら情報が不足している。新しい(情報発信の)場所を作って提供するのは行政の責任。来年からでもやりたい」と語り、レース開催に強い意欲を示した。

(読売新聞) - 5月30日12時0分

日本はやたらめったらと警察権力が強く、秩序と安全性をきちんと確保した公道レースさえも認めようとせず、世界的な趨勢に鑑みて明らかに遅れた後進国
ここ数年ようやく始めることができたWRC世界ラリー選手権の北海道ラウンド
主催者側もお上の顔色伺うのに必死
官僚至上主義、警察官僚天国の日本は世界的にも取り残されてきたわけだ

お台場F1グランプリをやってもらいたい者としては、歴史あるマン島TT、島全体を貸し切ってのオートバイ公道レースの日本版の実現はこれまた歓迎!
20060616183641.jpg モナコだってマカオだってモンスターマシンでやってんだから
 プロのドライバーやライダーなんだし
 誰も彼も"子ども扱い"の日本の国家権力様です
 いや、単なる面倒(行政努力)は御免と言うやつですね (働け! さもなくば税金まけろ!)

なんと1世紀の歴史を持つこの公道オートバイレースはマウンテンコース、市街地コースを巡る1周60.368㎞マン島TTコース
1954年に本田宗一郎が突然にマン島出場宣言をし、社員をビックリさせるとともに自らにも孤高の目標を掲げ、名もない極東の小さな二輪メーカーが世界のホンダに向かって駆け上がる第一歩となった話は有名

マン島イギリス・グレートブリテン島とアイルランドの間にあるアイリッシュ海に浮かぶ小島
ご覧のとおり地図にはほとんど点のような存在で、おそらくご存知ない方のほうが多いと思う

かく言う私もまったく詳しいわけはないので調べてみたことをばおすそ分け

マン島マン島大きさは淡路島程度とのこと
首都はダグラス (Douglas)
人口は約8万2000人
 ・・・って基本かい
英語は公用語なるもイギリスからの独立色は強いという
きっと複雑な歴史があるのね(アイルランド同様)

バイカーの聖地 マン島TTレース T.T Races (=Tourist Trophy Races)
毎年5月末から6月にかけて島の公道1周約60.368㎞を周回して行われるオートバイのレース。Practiceから本戦までの期間は約3週間。生活道路として利用されている公道を利用してのレースだから、ライダー達の走る様子をパブでビールを飲みながら、または公園で寝っ転がって間近で観戦できる。公道だからもちろん観戦料は、レースの出発/ゴール地点以外はほとんど無料。Hondaの創始者本田宗一郎氏もかつてこのTTレースに勝つことを目指しHonda二輪を成長させてきたことでも有名。近年のレース優勝者のマシンを見るとHonda、Yamaha、Suzukiなどと日本のオートバイも健闘しているだけあって日本のファンも多い。また選手として出なく、ツーリングでこの地に訪れる人も後を絶たない。TTウィークの日程は毎年微妙に異なる。尚、TT Races期間中は混み合うため、宿泊施設やフェリーの予約は極めて困難。フェリーは1年前から予約もできるので、前もって予約しておいた方が無難。
・・・だそうです
いいなぁ
高いレース観戦料なんか取らずに(なんとスタンド以外は無料!)、宿泊や飲食や他の観光を楽しんでらってお金を落としてもらうのは賛成ですな
この辺が拝金主義者どもの感覚にマッチするかが問題ですが。。。

基本的には市販車ベースの改造車両で競う
マン島TT最近は街中をレース用と見紛う市販オートバイが走っているのでサーキットで走っている競技専用車両とどこが違うのかもよく分からない人は多いでしょう

マン島TT昔はもっと味があった模様
でも技術創生期のこの頃の方が競技専用車両と言う意味合いは強いか
いまは市販のために何台以上生産した車種に限定し"プロダクションレース"に近い
苛烈なメーカーの開発競争と巨額の開発費が掛けられる大手メーカーにばかり有利にならないようなレースカテゴリーになっている
でも実際のところはいわゆるワークスマシン(見かけは市販車に近いが中身は別物)が上位のほとんどを占める
また市販車ベースが基本となるためにその市販車の性能は飛躍的に向上し、個人でレース参加するプライベーターでもレースを楽しむことが可能
こういう草レース的感覚も長い歴史を育むためには大切な要素のようである
この他サイドカー(側車つき2名乗車)のレースでも有名(同時開催)

AMA_CB900F個人的には80年代のこの感覚で時計が止まっているので、日本でやる際は是非オールドタイマー的なレースも開催して欲しい


80年代後半のAMAスーパーバイク、いいっすよねー


以前どこかで特集を見たときにはみんな自分のバイクでヨーロッパ中から奥さんや恋人を後ろに乗っけてフェリーで乗り付けていた
夏の鈴鹿耐久もそういった味があるけど、ヨーロッパ中となるとスケール違い過ぎ
日本だとそこまではちょっと難しいでしょうね、海外からだと

こんなのもありました
話題のシリーズでしたので、オンエア見た人もいるのではないかと
プロジェクトX 挑戦者たち 第5期 制覇せよ 世界最高峰レース~マン島・オートバイにかけた若者たち~ プロジェクトX 挑戦者たち 第5期 制覇せよ 世界最高峰レース~マン島・オートバイにかけた若者たち~
ドキュメンタリー (2002/12/18)
NHKエンタープライズ

この商品の詳細を見る

よりレース好き、マニアな方にはコッチでしょうか?  > ’87マン島TTレース

石原知事:2輪レース視察で英国・マン島訪問 三宅、八丈島観光振興で /東京
 石原慎太郎知事は5月29~30日、五輪招致に向けたロンドン視察に先立ち、オートバイレースを通じた観光振興を調べるため、英国北西部にあるマン島を訪問する。浅沼道徳・八丈町長、平野祐康・三宅村長も同行する。石原知事は28日の定例会見で「イベントをすることで島の印象を作っていきたい」と述べた。
 都政策部などによると、マン島では世界最古の公道レース「TTレース」が1907年に始まり、昨年は開催期間中、約4万人が島を訪れたという。石原知事らはこのTTレースの公式練習などを視察する予定だ。
 三宅島は昨年5月に観光客の受け入れを再開したが、昨年は2万9802人と、噴火前の99年の7万9250人には遠く及ばない。八丈島も同年の12万5657人に対し、昨年は8万455人にとどまった。石原知事は会見で「ちょっと海外旅行にみんなうつつを抜かして、お客さんが年々減っている。ここまで追い詰められると、相当のことを考えないと、島の存続は難しくなる」と語った。【木村健二】

毎日新聞 2006年4月29日

日本人が海外旅行に現を抜かして国内観光空洞化は甚だしい
北海道のリゾートに行っても聞こえるのは韓国語と中国語だった
またニセコのペンションではオーストラリア、ニュージーランドの南半球のスキー客誘致に躍起
九州もアジアに顔を向けていると聞く
そういうわけで世界的なイベントを育て上げ外貨獲得に資するのも営業部長としての知事のお仕事だ

個人的には混むところは大嫌いなのできっと逃げ出しちゃうだろうな
現を抜かすほどは多くないものの、長野オリンピックの最中もヘブンリーバレーで滑ってて「何でお前はこんなところにいるんだ」と地元のやつに怒られた
電車も高速道路も混んでる反対側に乗るのが好きだし。。。許されよ
八丈島、三宅島って言うのであればそれはそれは大賛成だ
三宅島[三宅島上空] 八丈島[八丈島上空]

古くは日本二輪史創生期の『浅間火山レース』なんてのもあったけど、なんで火山となるとオートバイレースなんでしょうか?(爆)

果たして地元の人は理解するのだろうか?
北海道のWRCも旗振って応援してくれている人だけではないだろうし。
「おらが町の誇り」に育て上げられるかが肝だろうね

金勘定ばかりの新自由主義者どもにかかると数回やって飽きられてパァ
それではいけません
マン島のように地元のじいさん、ばあさんらがボランティアで、のたのたと道路脇にクッションの草藁積んでコースづくりするくらいでなきゃ
マン島TT手作り感覚の歴史と文化がなんとも言えないマン島TT
石原慎太郎は海外視察と称しては、果たしてこういう『空気』をきちんと持ち帰ることができたのだろうか?


こう言うレースっていいよね


他のスチャラカ政治家議員ども同様、現地大使館の案内で贅沢三昧のお大尽旅行を決め込んだだけなのだろうか?
東京オリンピックよか、期待してみる

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/554-d1e9bae7

三宅島オートバイレース!?

面白そうな企画を見つけました! 「三宅島オートバイレース大会(仮称)」だそうです。 今月末まで名前も募集中だそうです! 参加者や観戦者のマナーがとても大事だけど、良い形で定着すれば新たな観光資源となりそう。 マン島レースのように育つと良いなぁ。

  • 2007/02/15(木) 11:42:55===
  • beatnicの密かな憂鬱

YAMAHA メイト50

30年前のヤマハ メイト このバイクは、新聞配達にホンダスーパーカブと交互に使っていた。この思い出は、4サイクルのカブと違って2サイクルエンジンで加速がカブより良かった!

  • 2006/09/30(土) 15:19:30===
  • バイク趣味日記2

バイクの情報★達人★バイクの達人???

バイクが趣味というか趣味がバイクというかバイクが生きがいというか、ちなみに嫁もバイク趣味です☆

  • 2006/06/17(土) 15:29:33===
  • ★バイク趣味@趣味バイク★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。