ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチ・コードが止まらない、"続編情報" @マニアなヒト向けにどうぞ

話題の映画、ダ・ヴィンチ・コード

中国では上映禁止になったそうですね(パキスタンも)
封切はしたみたいで"開放中国"でも演出してみたかったのでしょうか?
検索エンジンにまで検閲かけておいてお笑いです
日本ももう笑えなくなりそうですがxxx


2006年5月20日世界同時封切り
6月13日までの集計でアメリカを除いても、なんと520億円のチケット売上(何でアメリカ抜きの統計なのか?)
ソニーピクチャーズエンターテインメントとしてはスパイダーマン・シリーズを抜き過去最高

抜け目ないソニーさんはダビンチ・コード原作者でアメリカの作家、ダン・ブラウンの小説『天使と悪魔』の映画化権を取得したようだ
  [title] 天使と悪魔(上) & [title] 天使と悪魔(下)
主人公のロバート・ラングドン教授がはじめて登場する作品だと言うから、これはもう『インディージョーンズ化計画』だと見る
ダヴィンチ・コードの序章的位置付けだそうで、またトム・ハンクスになるのでしょうか?

キリスト教と言う宗教やその歴史に詳しくない私のような『無宗教"主義"者』には少々難しいような気もします
ぽすれんicon私のような活字嫌いはやはりビデオの方が向いているんでしょう
宅配DVDレンタルiconが始まったらじっくり借りて観ようかと思いました
(最近の映画は3回くらい観ないとよく分からん)


で、ちょっと覗いてみると結構関連作品てあるんですねー

  ダ・ヴィンチ・コードの謎icon  ダ・ヴィンチ・コード・デコーデッドicon  決定版!ダ・ヴィンチ・コードの秘密icon

  ダ・ヴィンチ・プロジェクトicon  ダ・ヴィンチ・コード ザ・トゥルースicon

コチラは歴史ドキュメンタリーでしょうか?
  ダ・ヴィンチ ミステリアスな生涯 1icon  ダ・ヴィンチ ミステリアスな生涯 2icon  ダ・ヴィンチ ミステリアスな生涯 3icon


原作を読んだ人には映画がちょっと物足りないという意見があるようです
マンガのアニメ化で声優の声が気に入らないなんてのと同じなのでしょうか?
エンターテインメント性はハリウッド映画そこそこだと思いますので、映画を観てから小説にはいるのがいいのかもしれません(無責任*笑)
  ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版

で、極めつけはコレ!
  「反」ダ・ヴィンチ・コード―嘘にまみれたベストセラー 「反」ダ・ヴィンチ・コード―嘘にまみれたベストセラー
「不完全な数列が暗号に? ミツバチの個体数に黄金比は存在しない。「岩窟の聖母」がそんなに軽いはずがない。インチキだらけのあの物語に騙されるな! 「ダ・ヴィンチ・コード」の虚言を暴きヨーロッパで話題となった検証本。」

私のようなへそ曲がりには『宴会のあとのラーメンで締め』みたいなものでしょうか?(笑)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/558-cc0f3a60

ダ・ヴィンチ・プロジェクト

レオナルド・ザ・ヴィンチの「白貂を抱く貴婦人」を盗み出せ。護送車を爆弾で襲撃し贋作とすり替える。成功したはずの作戦は、思いがけない展開へと転がっていく…。

  • 2006/09/13(水) 07:41:29===
  • DVDジャンル別リアルタイム価格情報

ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン

「ダ・ヴィンチ・コード」は、映画では描ききれないであろう豊富な知識と、綿密なプロットに支えられたエンターテイメント小説です。当初は映画を観るつもりでしたが、小説を読んで正解だったと思います。キリスト教の聖杯伝説に関する記述は、ストーリー展開以上に面白く、

  • 2006/07/01(土) 17:17:10===
  • 文学な?ブログ

ダ・ヴィンチ・コードとセックス・コード

レオナルド・ダ・ヴィンチの最高傑作『最後の晩餐』の暗号を解読しました。関連性のない記事でしたら、お手数ですが削除の方お願いしますm(__)m

  • 2006/06/25(日) 21:34:56===
  • R-老若男女

「日本の財政は危機的」はガセ

 財政再建という「錦の御旗」の元で「国保崩壊」でも紹介したような非道がまかり通っています。諦めてしまう前に、私たちは、本当に日本の財政は危機的なのか、を最初に検証してみることが必要です。 ここでは、経済コラムマガジンから「大衆社会における経済論議」を紹介

  • 2006/06/19(月) 20:30:47===
  • 晴耕雨読
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。