ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『美国論』? とりあえずは売れるんだろうね @安倍晋三政権構想書「美しい国へ」、掏り替えられる表現は?

一部ではその内容が流れているようでいろいろ物議も醸し出しているようだ
結構危ない内容らしい

なんて言ってるとかなりの部数が売れるんだろうな

『美しい国へ』 (安倍晋三 著)、・・・あら、結構安いのね
てっきり2万円くらいするのかと思ってたよ(爆)

政経分離の対中関係提唱 安倍氏、政権構想を出版
 安倍晋三官房長官が憲法9条改正など自身の政治目標を掲げた著書「美しい国へ」(文春新書)を20日に出版する。首相の靖国神社参拝の正当性を訴え、対中国関係は「政経分離の原則」を主張。教育改革など主要政策を網羅的に言及しており、9月の自民党総裁選に向けた政権構想の骨格といえそうだ。
 安倍氏は8月下旬に総裁選出馬を正式表明する考え。総裁選には直接触れていないものの、前書きで「常に闘う政治家でありたい」とポスト小泉に強い意欲をにじませた。
 著書によると、安倍氏は憲法が禁じている集団的自衛権の行使について「権利はあるが行使できないとする論理がいつまで通用するか」と行使を容認すべきだとの認識を強調。「交戦権」も認めるよう暗に求めている。

(共同通信) - 7月18日22時18分

中身も知らずに論評するつもりはないが、マスゴミ書評はどんなものだろう?
とりあえずはチャチャ入れたいので、上の記事でも気になった野次馬根性。(笑)

「政経分離」は言うが、「政教分離」は決して言わないのか!
てっきり読み間違えたぞ

統一教会も大事だしぃ
さすがカルト頭としてはこの辺は外せない"肝"のようだ
9条のついでに「政教分離の原則」もコソッと改憲するかもしれない
要注意!(爆)

しかも中国には「政と経は切り離すぞ」文句つけといて、その日本は「政経癒着」なんでしょう
「政財癒着」か
なんだかご都合主義の支離滅裂
ついでに言えば「経」だか「財」だかはアメリカさまも含みたい"本心"も披露するのか?

「美しい国へ」ってのはなんだ?
「美国」っていうのは中国語で「アメリカ合衆国」のこと
なかなかウィットに富んでいてよろしい

で、「アメリカ様へ捧ぐ」とでも言うのか?
捧げるのは自分か? 日本国民か?
ちゃんと副題つけろよな、オビじゃなくって。

決意表明ってやつですな
思想信条言うのは勝手だが、後継指名の北朝鮮ライクな小泉"以降"においては全くもって勘弁して欲しい

勇ましい方々の支持をなんとしても囲い込みたい"生命線"か?
喋れば喋るほど残念が積み重なるがね

でも、小泉首相の参拝を「見てから決める」ってのが十分ヘタレだと思うがね
この辺は『河野太郎が上』(爆)

コメント

賛同します。

「政経分離」など、熱湯欲しか言わない言語かと、思っていたが、政治家それも総理に一番近い人(マスコミの情報操作の結果)がそんな狂った言葉を使うとは、とほほ。「中国」が嫌い、共産党が嫌!だから話をしない。そんな人、ウヨの外野席でもいてください。なんで政権の中央に出てくれんだよ。参院選で国民が落とすしかないな。

  • 2006/07/28(金) 13:22:29===
  • URL===
  • written by 太宰由紀夫
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/620-98a3779b

西尾幹二著 『「狂気の首相」で日本は大丈夫か?』

去年の衆院選ごろの政治情勢について、いくつかの雑誌に掲載した記事を1冊にまとめたモノ。ずいぶん前に買ってたんだけど、なかなか読めなかった。?さて“狂気の首相”とは当然、現首相コイズミジュンイチロー氏のコト。やめる前に書評できてよかった。間に合

  • 2006/08/08(火) 23:03:34===
  • 逍遥録 -衒学城奇譚-

憂国・売国

謎の情報工作者「r」さんの「憂国・売国」に関する考察が興味深かったので、ご本人の承諾を得て以下に転載させていただきます。**********************************************「嗚呼、負け犬の遠吠え」さんのコメント欄より引用。(★引用開始★)そろそろ...

  • 2006/07/24(月) 21:26:49===
  • 喜八ログ

美しさとは何か byくま

阿弥陀くじで一番バッターになった「再出発日記」のくまです。今回「お題は無し」ということなので、適当に書きます。茨木のり子「ハングルへの旅」の中に在日韓国人詩人崔華国の「荒川」という詩が載っています。たそがれの荒川の岸辺にいて朽ちた伝馬船に寝ころび眼を閉じ

  • 2006/07/24(月) 00:35:46===
  • Under the Sun -HOME-

宮内庁元長官のメモは小泉・安倍にとって渡りに船

北朝鮮ミサイルをめぐる騒動について、私はいまだにしっくり来ない。それについては後日あらためてブログに書き残しておこうと思います。自分の感性がどの程度のものか、私のピントがずれているだけなのか、これから日本が歩まされる道と比較したいので。今日は昭和天皇発言

  • 2006/07/22(土) 16:10:42===
  • 大和ごころ。ときどきその他

【新刊】「美しい国へ」─安倍晋三

資料写真: 「美しい国へ」安倍晋三 →この商品をAmazonでチェック 三代にわたる政治家の家系出身で「政界のマイケル」と異名を取る現官房長官が、みずからの政治思想を著した渾身の書。次期首相候補と目される安倍氏の「所信表明演説」ともいうべき注目の一冊だ。

  • 2006/07/21(金) 19:00:17===
  • bogusnews

バイオ燃料ブームが引き起こす危機

2つの記事を紹介します。最初は、農業情報研究所(WAPIC)から、地球政策研究所のレスター・ブラウン所長が、穀物を原料とするバイオ燃料ブームは食料価格を上昇させ、穀物を輸入する低所得国に飢餓を広げ、政治的不安定を生み出す、この不安定は世界の経済発展を途絶させ

  • 2006/07/20(木) 18:28:27===
  • 晴耕雨読
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。