ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルもサイバーも難しいんですね @mixi中毒症の末路?に想う徒然に

不肖、ネチケット知らずの無礼者としては、「なんだかいろいろ大変なんだねー」って感じです
河豚は食べないコン鯖性か、幸いSNSはやっていない流行鈍(>自爆)ですが、リアルもサイバーも結局みんな一緒なんですなぁ

「mixi疲れ」を心理学から考える
 SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)「mixi」で頻繁に日記を書き、多くの「マイミク」と交流している人が、コミュニケーションに疲れ切ってmixiを突然辞めてしまう――「mixi疲れ」とでも呼ぶべきこんな“症状”が、一部のmixiユーザーに見られている。
 自ら好んでmixiに参加し、コミュニケーションしているはずなのに、辞めたいほど疲れてしまうのはなぜなのだろうか。SNSのコミュニケーション心理に詳しい野村総合研究所上席研究員の山崎秀夫さんに聞いた。
●やめられない、止まらない
 「日記を書いてから5分以上レスが付かないとそわそわします。病気かもしれません」――mixiユーザーの中村初生さんは自らを「mixi依存症」と認め、2004年のある日記にこう書いた。当時の中村さんは、ほぼ毎日日記を書き、友人からのコメントにも欠かさず返事していた。
 mixi日記は、ユーザーによっては、一度書き始めると止められなくなってしまう。日記へのコメント機能やアクセス履歴を表示する「あしあと」機能が、ユーザーに「快感」を引き起こさせるためと、山崎さんは説明する。
 自分の日記にあしあとやコメントが付くと、周囲から認められたという「認知欲求」、自分を受け入れて欲しいという「親和欲求」が満たされ、それが快感になるという。好意を持っていたり、尊敬している相手からあしあとやコメントが付くと、さらに高い快感が得られるため、快感を求めて日記を更新し続けるという“中毒”症状につながる。
 加えて「好意の返報性」も働く。人から受けた好意に対して同じだけの好意を“お返し”し、心のバランスを保とうとする作用で、mixi上では、自分のページにあしあとをつけたり、日記にコメントをつけてくれた人に対して、あしあとやコメントを返そうとする行為として現れる。これによって相手にも好意の返報性が働き、自分の日記にコメントやあしあとが付きやすくなるため、応酬がエスカレートしていく。
 つまり「コメント欲しさに日記を書く」→「コメントが付いて嬉しくなる」→「コメントをくれた人の日記にもコメントを返す」→「自分の日記へのコメントが途絶えると、コメント欲しさに新たに日記を書く」──というサイクルが際限なく続くのが“mixi日記中毒”の正体と言える。
●マイミクは「社章のようなもの」
 友人同士をリンクで結ぶ機能「マイミクシィ」(マイミク)が、この応酬をさらにヒートアップさせる。ユーザーは、別のユーザーにリンク申請して承認されると、自分の「マイミクシィ一覧」上に相手が表示される。マイミクはいわば、友人である証だ。
 山崎さんは「マイミクは、社章のようなもの」と言う。社章を付けた人は、その会社の社員であることを強く意識し、社員としてのふるまいを強化する傾向があると考えられている。A社の社章を付けた人は、より「A社の社員らしくふるまおう」と意識するといい、社会心理学で言う「役割効果」が発揮される。
 マイミクも役割効果を持っているという。マイミク登録・承認することにより、「私はこの人とマイミク(=友人)なのだから、友人らしい振る舞いをしなくては」と意識するためだ。
 mixi上では、あしあとを付けたり、日記にコメントすることが友人らしいふるまいとなる。少数のマイミクだけと付き合っている間は問題ないが、見知らぬ人や1度きりしか会ったことがない人など「にわか友達」をマイミクに加え始め、全員のページにあしあとやコメントを付ける――という作業を繰り返していると、だんだん無理が出てくる。
 見知らぬ多数のマイミクと親しく振る舞おうとする努力は、飲食店店員の笑顔のようなものという。当初は、少ない客に対して心からの笑顔を見せていた店員も、客が増えて忙しくなるにつれ、笑顔が義務化し、笑顔を作ることに疲れ、ストレスをためてしまう。関係が薄いマイミクにあしあとを付け、コメントを付けては疲れるという“mixi疲れ”の症状も同じ構造だ。
●“mixi疲れ”から抜け出すには
 mixi疲れから脱却するためにはどうすればいいのだろうか。山崎さんは、(1)mixiは土日だけしか使わない、といった自主規制ルールを決める、(2)マイミクの数を整理する、(3)会ったことがないマイミクと会う機会を作り、自分と合う人か見極める――といった解決策を提案。最終的には、ユーザーの精神的な自立が必要と説く。
 とはいえmixiは、職場や近所などリアルなコミュニティーの付き合いが希薄となった現代で、その枠を超えた“社交”を可能にし、日々のストレスをいやしてくれるツール。その意味では「国民栄誉賞もの」と山崎さんは評価する。
 mixiをコミュニケーションツールとして気持ちよく使うためには、依存からの脱却は不可欠だ。米国で9000万ユーザーを集めるSNS「MySpace」では、SNS依存についての議論が始まっているという。日本でも、真剣に考えるべき時が来ているのかもしれない。

(ITmediaニュース) - 7月21日20時26分

「私はこんなにあなたのことが好きなのに、何であなたは私に振り向いてくれないのっ!」って言ってブスッとやっちゃうような血生臭いリアルの話もありますが、極論として同じような心理なんでしょうか?

ちなみに「・・・ないの?」ではなく、「ないのっ!」ってところが問題であり、そこに気付かないことが病理と言えるかも知れません

「何かを期待する」から「裏切られた」となってしまうのでしょうか?

たしかに期待されれば嬉しいし、その期待に応えてくれるとまた嬉しい。
その連鎖がもっともっと嬉しいし、連鎖が広がれば果てしなく嬉しい。

この脳内麻薬状態を巧みに利用したのがMIXIに代表されたSNSってビジネスモデル(!)なんでしょう
いえいえ、否定するつもりはぜんぜんございません
誤解なく。
いくら普段は毒舌だからと言って"先読み"しないでください(笑)

みんなそれぞれの想いと、それぞれのやり方で楽しんでおられるわけでこんなところに模範解答なぞあるわけはありません

ただ「縛られる」ことが"楽しいはずのコミュニケーション"をおかしな方向に歪めていくのだとは思います
「自分を自分で縛ること」
「相手を勝手に縛ること」

たぶん真面目な方に多いのではないかと推測します
だから気付くのが遅れたり、気づかなかったりするのではないかと。
で、疲れちゃうんだな、と。

自分も縛らないし、相手も縛らない
当たり前のことで、実は難しいのかもしれません

B'zの曲でなんだったけ?
あるときビビンときた歌詞がありました

 ♪「すこしの"ズレ"も赦せないセコイ人間になってたよー」∮

何文字以上書くとJASRACが来るんでしたっけ?
ま、いまさらか・・・(爆)
最初は「変な歌詞」って思って聞き流していましたが、実は現代人の病理をまさしくそのまま言い当てているなとある時気付きました
(ラブ・ファントムでしたっけ?)
いつかしっかり書きたいと思って"寝かしていた"ので、このネタはおそらくまた出てくると思いますのでお許しを。(ブログに疲れていなければ *笑* )

世の諍いの原因のほとんどはこれではないかと。
で、少し前の日本には「寛容さ」があったなと。
「悪いのはボクじゃない」って相手を訴えては言い負かすアメリカ流が入ってきてから、なんか違うんじゃないかと・・・。

"心得違い"と言った方がいいのか、「グローバルスタンダードだ」と言い返された方がいいのか(爆)
事の大小はともかくとしても、日常生活にまで染み付きつつある気がします
気がつかないと誰も彼も貴方も私も「汚染」されちゃっているかもしれません

携帯電話なんかなかった時代、渋谷新宿などの駅前の待ち合わせ場所でずっと待たされた時。
遅れてきた友人。
「おそいっ!」ってやる前に、口で言わない人でも<<なんかあったんじゃないか?>>って心配したことって思い出しませんか?
実際の理由のところはともかくも、待たされたときのその気持ち。
相手を想うその気持ちって、みんなが忘れかけている気がしました

別に遅れたっていいじゃない
 なんか理由があるんでしょ
別にレスくれなくっていいじゃない
 無事に楽しくやってくれれば

そんな"ゆとり"がなくなってしまっている気がします

「何かのためにやっている」ってこんな義務感、実はコイツも曲者なのかも知れません
目標や課題を持つことは重要ですが、「誰かのために」「何かのために」って言うより本当は、
「私はこれがやりたくってやってんだ」
ってのをあっさり認めてしまうと肩の荷も下りるのかもしれません

私はそれでいいと思ってます
利己主義ってのとは違うと思います
やりたいと思うこころが、意欲と行動の原動力。
それでいいんじゃないでしょうか?

ブログも書きたいから書く
コメントも言いたいから言う
トラックバックも見て欲しいから入れる

相手の反応を想定し、自分の想定した反応と違うからと言って「気に病む」のは違うでしょう
自分がそうしたいからするんでしょう

自分の足で真ん中に立っていたい自分がそこに居ます
人を葦に喩えた古代の偉人がいたそうですが人はそんなに強いものではありません
いろいろ見聞きするとフラフラと揺れてしまいます
でもやっぱり自分で立っていたいなと思います

昨日は堪っていたコメントで瞬間湯沸し器が湧いてピーッってやっちゃいましたが、反動か、それとも・・・か、今日は徒然なるままに随筆しちゃいます

以前も書きましたがトラックバックはお礼かねがねカウンターTB差し上げるようにしております
ただエロ、グロ、記事を読んでいないと思われるもの、関係ない内容、ひたすらアクセス稼ぎ商売目的と思われるものについては考えさせていただいています

またコメントには几帳面にお返事いたしません
ただいただいたものは私の血肉になっておりますので、時が来たらばエントリーの形で『遠いお返事』ができるものもあるかもしれません
この辺は御ゆるりとお赦しください

あと"活動"への参加は趣旨合致していても「こころから応援差し上げる」ことにしております
この辺は「残念」と思われる方もいらっしゃるかと思いますのでちょっと加えておきますと、グループの連帯、結束が「MOTTAINAI」と思えてしまうことが往々にしてあるからです
活動自体は全く否定しませんので誤解なく
「大同小異」をうたっていても「袂を分って行く」のが遣る瀬無いと言う感覚でしょうか

もうひとつは「グループ」の看板を上げることで「グループ」として"規程"されちゃうことでしょう
望むと望まざるとに関わらず

たとえば「何を言っても小泉チルドレン」みたいなもんは喩えとして極端過ぎますね
社民党だぁ、共産党だぁって十把一絡げに「される」のが好ましくないということもあります
それよりも「なんだか多くのヤツがいろんなところにバラバラにおんなじような問題提起しているぞ」って、見た人が考える"きっかけ"をもってもらえた方が嬉しいのかもしれません
やり方はいろいろあっていいと思っています
そのうちの、"個"の連携ってやつでしょう
ネット時代になったからこそできるやり方だとも思います

「みんなひたすら自分がやりたい事を自分がやりたい方法でやる」
そんな感じです

どうも寝不足のようでどんどん取り留めなくなってきました。。。寝ましょうか。失礼しました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/624-3728a5cc

mixiの歌。

こんな歌があるって知ってました&amp;#63912; ミク中を強烈に皮肉ってます。 是非、一度聞いてみてください&amp;#63893;

  • 2007/03/31(土) 13:41:05===
  • でりふぉ@ブログ

どうでもいいですよ!!

「mixi読み逃げ」ってダメなの?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070322-00000026-zdn_n-sciどうなんでしょう?これって意味分からないもともと「読み逃げ」って何ですかインターネットってそんなもののじゃないの?私は逆に誰か分からない人が自分...

  • 2007/03/24(土) 11:29:27===
  • ブログアフィリエイト裏番長!!自由と苦悩のブルース

mixiの利用者-女性が半数以上なのは何故?

●mixiの登録者数が500万を突破。女性の登録数が男性を抜く『 SNS「mixi」の登録者数が、7月24日(月)に500万人を突破した。さらに、女性の割合が50.5%となり、男性の49.5%を抜いた。 また、20代の利用者が多いのも...

  • 2006/09/20(水) 12:20:47===
  • なんで屋-驀進劇-

怖いSNSの世界へ入る!!

SNSの雄、ミクシィがマザーズに上場した2006年9月14日のNikkei Neが伝える。ミクシィ株、上場初日は初値つかず ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)最大手のミクシィが14日、東証マザーズに上場した。

  • 2006/09/15(金) 11:48:52===
  • 青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!

人を愛しても信じはしない

mixi中毒症というのがあるんだそうな。SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)「mixi」で頻繁に日記を書き、多くの

  • 2006/07/24(月) 05:06:53===
  • 株と思索と短歌のサイト

呉越同ブログ

なんだか近頃交換日記のようにお互いのブログをリンクしあって妙に仲がいい(笑)私の政治についての師匠筋である^^猫だぬきさんのブログの記事を、今日もまた引用^^それで、例えば、対立するような意見が同じ日にUPされる

  • 2006/07/22(土) 22:03:03===
  • らんきーブログ

米国 狂牛病サーベイランス計画縮小へ

 米国農務省(USDA)が20日、04年6月以来の狂牛病(BSE)拡大サーベイランス計画の実施を取りやめ、早ければ8月末にも新たな縮小サーベイランス計画を始動させると発表した。 USDA ANNOUNCES NEW BSE SURVEILLANCE PROGRAM,06.7.20  拡大サーベイランスを含めたこれまで

  • 2006/07/22(土) 19:12:56===
  • 晴耕雨読
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。