ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒドイ!やっぱり滅茶苦茶、仕組まれてるのね @大企業と高額所得者への課税強化が日本を救うのは間違いない!

最近、森永オタク郎が盛んに言っているが、森永の納税額よりホリエモンの納税額が少ないという摩訶不思議な現象が起こっているという
所得はゼロがふたつくらい違うらしい(森永も本が売れてんだろうけどホリエモンと比較しちゃあねえ)

簡単に言えば金融収益への極端な税制優遇がそうさせているらしい
株で儲ければ100万円だろうが1000億円だろうが税率はたった10%の分離課税
"直間比率の是正"などとさもまことしやかな論法で国民を騙して消費税率アップなどたわけた話だ
谷垣も"決意の増税宣言"なんてカッコつけたフリなんかしてないで、まず金持ちから80%くらい税金取ってから消費税を語れ!
それだけ取っても"可処分所得"では貧乏人よりは酒池肉林の生活だ
年代もののワインの湯船だって浸かれるだろう
自民党の政治家なんて誰も彼もが嘘八百だ
森永の言う"逆進性の罠"に耳を傾けないとずっと騙されたままだぞ

金融機関が空前の好決算で法人税ゼロなんて怒りで髪の毛が逆立っちゃうような話も最近あったばかり
トヨタの奥田は財界総理(経団連会長)の地位からさんざん政治を利用して、毎年史上最高益更新のトヨタが納めた税金よりも、トヨタ城下町の愛知県に使った税金の方が多いと聞く
(愛・地球博にセントレア中部国際空港、第2東名、港湾整備・・・挙句の果てに益税だなんて)
竹中金融暴力団の後ろ盾で、産業再生機構を利用して企業の買い叩き、しかも税金で補填までさせて私利私欲、企業と行政の癒着か?
まさしく新手の利権政治だ

とるべき所からとらずに庶民から吸い上げるの愚行
国家の税制としては日本のやり方は完膚なきまで間違っているという指摘だ
マクロ経済的にもその辺裏打ちされているので、難しい話が好きな方は以下をどうぞ

  晴耕雨読 「日本はなぜ負債大国になったか」 外部リンク

マクロ経済学の観点からも小泉"加速"路線は間違っている
露骨にやって見せた小泉+竹中は斬首台へ!

消費税の前に高額所得者と企業をしっかりたため
もちろん役人、政治家、天下りの無駄遣いもだ
ホント腐ってんなこの国は

パラダイムシフトが必要だ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/634-fd7890a5

消費税について

頭の悪い政治業者達は、消費税を上げれば税収が上向くと思っている様だ。現実は逆だと私は判定している。橋本内閣での消費税アップと、その後の日本の混乱、中流階層の没落は多分イコールで結ばれていると思う。消費...

  • 2006/08/02(水) 08:06:58===
  • 三輪のレッドアラート

日本はなぜ負債大国になったか-3

日本はなぜ負債大国になったか-2 の続きです。III. 日本の借金増加に米国財務省が果たした役割日本の財政ジレンマの原因の中で見落としがちなのは、日本の借金の増加が米国財務省への融資額の増加と歩調を合わせている点である(OW64,65,74,75参照)。表5は、日銀の財務省

  • 2006/07/31(月) 19:24:23===
  • 晴耕雨読
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。