ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本国民が死んでも遊びが優先は自民党森派の伝統か? @"斬り捨てられた"国境領海の街の憂鬱

せめていきなり撃たないで欲しかったと言う思いしかないのだが、どうも今回のロシアによる漁船乗組員銃殺は政治停滞という"人災"によるものらしい

20060817183058.jpg小泉外交のロシア軽視。
これが今回の事件の背景にあるという

日中、日韓の影であまり取り上げられないものの、小泉従米外交のツケで、日ロ関係が完全に冷え込んでいる
特に北方領土問題は小泉政権になってからは完全に後退
05年11月の日露首脳会談では北方領土問題が共同声明に盛り込まれなかったと言う戦後日本の流れにおいては『異常事態』だったという

戦後長い間、多くの政治指導者が北方領土問題の解決にそれこそ血の滲むような思いで心血を注いできたと言う
小泉政権誕生直前には円満解決の糸口さえ見えたらしい

ところが小泉首相就任後、一転ロシアを無視しつづけるような外交を展開
話はフリダシに戻る
いとも簡単にぶっ壊してみせた
積み上げてきた国益は小泉純一郎たった一人でご破算にされた

フリダシに戻ってしまうのだからロシアはロシアの領海主張をする
ロシア側は日本に対し違法操業の禁止を徹底するよう申し入れて来ていた矢先の銃撃らしい

たしかに戦争終結直前に宣戦布告してきてたった1週間で、南樺太からごっそり持って行ったソ連は個人的には昔から気に入らなかった
しかし"未解決の領土問題"の中、国境領海を接する街に暮らす日本国民はしたたかに生きる必要があり、それをずっと実行してきたようだ
かつてはロシアの国境警備局を日本側に招いては「地元の漁民の要望を聞いてもらったりと交流があったのだが。。。」と話す

外務省も官邸も『店じまい』してしまっては、「グレーゾーン」での操業はいままでとは違って「デスゾーン」にでなってしまったというのか?
日本側が配慮をしないようなら、ロシア側も配慮をしないと言うことなのか?

外交交渉で折れろとは言わないが、「話し合っているうちは双方配慮が効いていた」のかもしれない
もっと言えば、小泉政府主導により北の国境線は放棄されたと言ってもいいだろう

今回も"臨時代理大使"を急遽呼びつけたものの、逆にロシア側から「領海侵犯をしないよう、再発防止を求められた」というから外務省や官邸は一体何をやっているのか?
石油パイプラインの日本提案も退けられて、中国側にもっていかれる始末で、日本外交は完全に見くびられていると言う外交関係者のはなし

そもそも"臨時代理大使"というのもどういう事情があるのか知らんが日本をその程度にしか見てない証拠
こんなところもまた小泉外交のツケと言ったところか?

ロシア漁民へのインタビューでは一様に"自分たちのことのように"言っているのがとても印象に残った
「おたがいさま」がここでは機能していた
無思考無遠慮な政府の連中とは全く違った"共存共栄"がなされていたようだ

うまくいっていないのは小泉政権の周りと、そこに接している相手側だけのようだ

何も考えていない小泉外交の裏側には、またしてもアメリカのエネルギー産業からの"指令"があるのだという
アメリカと言う国は政府や議会や大統領が国を操縦しているわけではない
すべては巨大マネーを操る金融資本家とそれを背景に隆盛を誇る産業界の意のままだ
当然ながら確信犯的につるんでいるブッシュやチェイニー、その周辺は同罪だ
狂牛病の例を見ればあんな滅茶苦茶でも国の意思として通ってしまう
合理主義の国って意味がぜんぜんわからなくなる

アメリカ拝金主義を最優先するために、小泉は就任後まず何をしたか、させられたか?
鈴木宗男と佐藤優のロシアンスクールの排除。
次は噛ませ犬の田中真紀子を筆頭にチャイナスクールの排除。
これで日本はアメリカ一国に依存せざるを得なくなったと言う

なぜか政府が及び腰の天然ガスプラント"サハリン1"、"サハリン2"もほとんど頓挫に近い状況に追い込まれた
本土大消費地への輸送手段の調整を日本政府が投げたと言う
掘れど使えぬ大エネルギー。
一体何のために巨費を投じて始めたのか?
エネルギー資源問題は日本の最大の命題にも関わらず、民間に任せっきりで、挙句の果てにはハシゴを外す
エネルギーをルーブル建てにされては具合の悪い連中の仕業だ
イラク戦争もその構図
何もかも金のため

そしてドル建てエネルギー依存脱却を妨害阻止するアメリカ傀儡小泉外交のツケが国境領海の国民生活を「グレーゾーン」から「デスゾーン」に変貌させた
金のためなら国境領海も日本国民の命も犠牲にする
シェークスピアが存命ならこれを見てなんと言うだろう?


小泉首相も安倍官房長官も仲良く揃って夏休み
日本の若者が殺されても意にも介さず夏休み

そういえばハワイ沖で多くの高校生がアメリカ軍の潜水艦の"余興"で撃沈されて殺された時も、ゴルフの方が楽しいとラウンド終わるまで官邸に戻らなかった森前首相なんてのもいたな。。。

この人たちみんな自民党だっけ?
森派の伝統って奴ですか?
ヒトが死んでも遊びが優先。
ヒトの命よりマネーが大事。
さっさと国の中心から消え失せろ!

明後日の方向にミサイル撃ってもキャンキャンキャンキャン吼える割に、日本人の若者が殺されても平気の平左の人たちが「戦う政治家」ってんだから、おヘソで湯がピーだ

イラクの地で日本政府に見捨てられた、奥克彦、井上正盛、橋田信介、小川功太郎、香田証生
小泉政府の無策の上に日本人の命が失われていっても平気の冷血漢ども、小泉純一郎、安倍晋三
そしてまたひとり"歪んだ外交の波間"に一人の若い命が失われた

間違いなく小泉"以降"の日本の状況は急速に悪化している
そしてこれは"人災"だ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/669-824be944

拿捕漁船の坂下船長、28日にも帰還…露通信社

結局、船長は密漁を認めたわけだ。 しかし、どうやらロシア側がやたらめったら銃撃し...

  • 2006/09/25(月) 18:52:28===
  • ロシアの記事を追いかけるロシアサイト

少年軍属

父から聞いた軍隊の話です。父は昭和04年(1929)生まれで、太平洋戦争中は熱烈な軍国少年でありました。「お国のために」という一念で少年兵に志願しましたが、小児結核の病歴があったため採用はされませんでした。ちなみに当時の結核は「死病」と呼ばれ、特に小児結核の死

  • 2006/08/19(土) 20:59:21===
  • 喜八ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。