ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇社会の利益代表、小泉+安倍政府の傲慢政策決定プロセス @"ラスト・サムライ"を見定めろ!

893政府内の抗争?

高金利特例に反対相次ぐ=「規制強化が骨抜きに」-貸金業懇談会
 金融庁は24日開いた「貸金業制度等に関する懇談会」で、少額・短期の融資に限り、特例として上限を超える金利を認める方向で検討していることを正式に表明した。同庁は席上、上限金利の引き下げで貸し渋りが起こると、利用者の利便を損なってしまう点を強調。これに対し、有識者からは「せっかくの規制強化が骨抜きになる」(弁護士)などと反対意見が相次いだ。
(時事通信) - 8月24日19時1分

グレーをグレーのままずーっと泳がせてきた自民党長期政権で、社会批判に耐えかねてようやくグレー金利に手をつけたが、この議論がテーブルに載ったときの小泉の第一声が「借りたい人が困るでしょう。高い金利でも借りたい人に貸しているだけ」とサラ金側のお気持ちがよーくわかっていらっしゃるソーリ自身がアッチ方面の"利益代表"
社会問題にならないような手当てをしてみせる気さえも見せない
ろくなもんじゃねぇ

小泉893政府に引き続き、安倍893政府が継承するってんだから、これもなんか結果が見えてるかな?
カルトとマフィアが支持基盤のシンゾー坊ちゃん政権だし


と思ったら水野真紀の旦那、辞めちゃったよ

後藤田内閣府政務官が辞任、金融庁に貸金業見直し案に反発
 [東京 6日 ロイター] 内閣府の後藤田正純政務官は6日午前、貸金業制度見直しで金融庁が自民党に提示した案に納得できないとして、与謝野馨経済財政・金融担当相に辞職願を提出し、受理された。後藤田氏は金融担当だけでなく、経済財政政策担当も辞任する。
 後藤田氏は辞表提出後に記者会見し、辞任を決断した理由について「なぜ金融庁が大臣の意向に反して、有識者懇談会でも反対されたものをぬけぬけと出すのか、私にはまったく理解できない。それを阻止できなかった私にも責任がある」と説明した。
 金融庁は5日、出資法の上限金利(29.2%)を利息制限法の上限金利水準(15─20%)に引き下げることなどを柱とした貸金業制度見直し案を自民党に提示。ただ、見直し案の中には、少額・短期に限り高い金利(28%)を最長5年間認める特例措置も盛り込まれており、一部から批判が出ていた。

(ロイター) - 9月6日14時17分

"抗議の切腹"のようで。
最近なかなか"気骨のある政治家"をお見受けしていなかったからちょっと見直した
私の中では、大叔父・後藤田正晴、溺愛の"二世議員"から、"水野真紀の旦那"に昇格。(爆)

"アッチ方面の方々"の高利貸し稼業を擁護の小泉純一郎
今回も『小泉力学』が影で動いているのは間違いないだろう

派閥否定しながら森派にしがみ付いてポストをねだる山本一太のような卑劣な下衆とは、見事一線を画した(ポチ太と一緒にするのはそれこそ失礼過ぎるか)
閣内から政府批判するならしっかり辞職すると
小泉政権下では福田康夫に続きやっと二人目。
アソーもタニガキももっと早く閣僚辞任してくれれば、もちっと見直してやるんだけどさ
少し前まではそういうケジメはできる日本だったのに。。。

こういう捻じれた恐怖政治
カルトとマフィア(893)が権力の拠り所の安倍政権下ではさらに露骨になるだろう
小泉路線完全継承だし

サムライよ、つづけ!

コメント

昨日から、お邪魔しております。もう、いっぺんで貴ブログの大ファンとなり、お近づきになりたい余り、旧稿をTBしてしまいました。申し訳ありません。後藤田正純の諌め腹には、僕も驚き、気分を好くしました。時世時節は変わろとままよ吉良の仁吉は男のはずだったのに…小泉政権下、こうしたメンタリティが、日本社会から失われているってゆうか、締め出されていることに怖気を感じています。とんでもねえニッポンです。貴兄のご健筆に、期待する次第です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/703-824dc6e8

消費税の諸問題

■ 消費税還付など付加価値税(消費税)の諸問題● 消費税の内税方式化の意味● 輸出免税と消費税還付問題● 受け取り利息に課税されない問題● 日本経団連奥田会長が消費税に“固執”するわけ人気blogランキング 消費税(付加価値税)は国民経済を破壊する“悪魔の税

  • 2006/09/07(木) 21:29:45===
  • 晴耕雨読

消費税の“罠”はツケ回しの負担方式

 消費税を間接税と称し「広く薄く負担する公平な税制」といった説明もされるが、頭が腐っているとしか言いようがない。みなが可処分所得すべてを消費に使うのなら、その論も成り立つ。しかし、消費性向は平均的に所得額の増加につれて低下する。 消費しなくとも、貯蓄に回

  • 2006/09/07(木) 21:28:43===
  • 晴耕雨読

調査結果の説明4

平成16年1月18日、再度、寺沢辰麿国税庁長官に対して請願書を送付した。 まず、

  • 2006/09/07(木) 20:39:49===
  • 不動産鑑定士半兵衛の権力との闘い

仁侠ドクター中村哲

義を見て為ざるは勇無きなり。これこそが天晴れ大和魂、武士道の誉れである。しっかし、この市井の偉人には、そんな裃着せた世界は似合わない。断然「仁侠」の二文字である。僕は、ありったけの尊敬を込めて、中村哲その人に、仁侠ドクターの称号をお贈りします。そりゃあ、

  • 2006/09/07(木) 20:21:30===
  • BLOG BLUES

山崎元さんの安倍晋三評

私個人としては、安倍氏は、スピーチの練習はしているようだが、議論がキチンと出来ない印象であり(反対意見を論理的にキチンと扱うことが出来ない)、経済政策についてだけでなく、「アタマ全体が弱い」のだと思っている。個人に対する評としては、言葉がきつすぎて妥当で

  • 2006/09/07(木) 17:34:34===
  • 喜八ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。