ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ともかくのんびりと星の話でも。。。 @え、太陽系の惑星が8つではいけませんか?

惑星騒動、一応「自己完結」のためにUP
9 → 12 → 24 → 8。
以上。 ちゃんちゃん

  ◆たまにはのんびりと星の話でも。。。 @え、太陽系の惑星が増えるんですか? (08/16)
  ◆またもやのんびりと星の話でも。。。 @え、太陽系の惑星が減るんですか? (08/24)

これで天体衝突でも起きない限り、太陽系に新しい惑星が仲間入りすることはなくなったか?(惑星に成長する頃には人類死滅。)
もしくは"ダークマター"だか"真空のエネルギー"だかが解明される頃には、木星軌道周辺あたりに突如として5次元膜宇宙からなんか出てくるとか(爆)
科学の飛躍的進歩で超遠距離望遠鏡か太陽系外観測ステーションにより、長距離軌道を公転している球状天体が見つかるのはいつのことやら
う~ん、ロマンは果てない

20060915074751.jpg松本零士が思いの外お怒りだ
(結構口調がきつかったのにビックリ)
さすが夢とロマンだけで食ってきた人は一味違う

ガミラスの太陽系前線基地が冥王星にあるんだとのこと
別にいいジャン、冥王星は冥王星なんだし
惑星だろうが、わい惑星だろうが、冥王星はそこにあります

ところでついこの間、郡山駅前の『スペースパーク』なる宇宙関連展示施設、松本零士が館長しているというのでメーテルに会えるかと期待して行ってきたが、いたのはメーテル似のキャラ(彼の作品の女は全部似てるか -おばちゃん除く-)と猫のキャラ(これもミーくん似)の"書き割り"があった以外はぜんぜん関係なかったのでガックシ

でも展示自体はそこそこ楽しめました(個人差あり)
宇宙飛行士のトレーニングもどき(全方位独楽の中心に座る奴)は、始まる前の「縛り付けられている最中」の方が断然緊張する
地面がどっちか分からなくなるが、お姉さん二人ついてそれほどスピードを出さない(人によるかも)

無重力体験装置("エキスパンダー"みたいなスプリングで3階から吊るされる奴)は多分使い方が間違っているんじゃないかと思う(おそらくお姉さんが操作を理解していない)
ガッチャンガッチャンいっていてぜんぜん無重力じゃなかった(不快!)

ディズニーランドの"スターツアーズ"みたいな油圧制御の乗り込み型シュミレーターまであるんだが、運転操作をお客にやらせるのはいいんだけど、ただ座っている「乗り合わせた人」は、船長がヘタだと「ひたすら面白くない」か「気持ち悪い」かどちらにせよヒドイ目にあわせられる模様
降船の際、特定乗組員に対して視線が冷たいグループが散見される
企画書再考の必要性を提言する

あと面白かったのは、月面車をリモートコントロールするジオラマ
「操作」と「動作」と「映像」に3秒くらいのタイムラグを設けているのがミソのようだ
これなら"かの国のように"月面シーンも『収録』できるだろう(爆)

それから「自分で運転席に座って」操縦操作できるカメラ搭載Nゲージは圧巻でした
ジオラマが結構な規模で、トンネル抜けると「明治」→「昭和初期」→「現代」→(線路は続くよどこまでも、無限ループ)のそれぞれの時代の郡山周辺を機関車が疾走する
200円で5分はなかなか楽しめる(傍で見てても)

別料金のドーム劇場(実はプラネタリウム)は「銀河鉄道の夜」の上演で、何度見ても読んでも眠くなる宮沢賢二ストーリーもプラネタリウムと音楽と加賀谷のCGでそこそこ魅せてくれた(満足)

無料の21F展望台は"なかどおり"一望でき、地方都市のランドマークとしてのハコモノ公共工事の神髄を見せる
電車好きの坊主は新幹線が入ってくる度に興奮していた

夕暮れ時間近になると、どこから沸いてきたのかと思うように、いつの間にやら学生服のカップルがチラホラ
どのカップルも、女子高生のほうは"ふたりの世界"に入っているが、男子学生のほうは"家族連れ"を邪魔そうにチラチラチラチラ見るから、あんまりいじめてもいけないからそろそろ閉館だしお山のホテルに帰ることにした(爆) ・・・展望台は遅くまで開いてるんでしょう
いや、東京だと人目憚らず山手線の車内でも平気でイチャイチャするから、こういう若人の"真剣勝負"の方が私は拍手を送りたい(爆)
日本の未来を頼むよー


あ、完結ね

お騒がせ惑星「エリス」と命名…混沌の女神にちなみ
 国際天文学連合(IAU)は13日、“第10惑星”と騒がれ、冥王(めいおう)星の惑星からの降格のきっかけとなった矮(わい)惑星「2003UB313」を、ギリシャ神話に登場する「混沌(こんとん)」と「不和」の女神にちなみ「エリス」と命名した。
 エリスは、2003年、米カリフォルニア工科大のグループによって冥王星の外側で、発見された。観測の進展で、昨年、冥王星よりも大きいことが判明。惑星を巡る論議に火を付け、先月のIAU総会で冥王星が惑星から「降格」されることになった。
 同連合はまた、冥王星に、小惑星番号「134340」を付けた。この番号は、惑星とその衛星、彗星(すいせい)以外で、軌道が確定した太陽系天体に順番につけられる。エリスには「136199」が与えられた。

(読売新聞) - 9月14日22時45分

「混沌と不和」って、そりゃあオマエラの話だろう

しょせんは、ちっぽけな人間が全宇宙でも征服した気になってつけた名前です

幸あれ。。。合掌

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/723-b99fd5da

幻の第10惑星「エリス」と黄金のリンゴ

国際天文学連合(IAU)は、このたび小惑星2003UB313を『エリス』と正式に命名したと発表したとのこと。小惑星2003UB313とは、冥王星よりも大きな星だということで、発見された当初は太陽系第10惑星に推す声も挙がった星である。

  • 2006/09/16(土) 05:11:17===
  • ただいまに生きる

冥王星の別れることためにむせび泣く

可哀相な冥王星、私達は涙を振るってあなたとどうしても別れを告げなければならなくて、あなたは永遠の私達のこの大きい一族を離れて、私達は本当に惜しんで、あなたが私達のこの大きい一族の時間まで来るのは最も遅くて、生活はこの大きい一族の時間でも最も短くて、あなた

  • 2006/09/15(金) 19:06:49===
  • 気持ちの日記

名残惜しく別れを惜しむ時、冥王星と太陽系の一族の対話

水星は冥王星に対して言う「あなたは私の距離まで1番遠くて、ふだんあなたとの接触は多くなくて、今耳にするはあなたのニュースところがに関してあなたは私達を離れて、心の中のひとしきりの辛酸を許さない」”金星は冥王星に対して言う「水星と同じに、お互いは遥か遠いま

  • 2006/09/15(金) 19:06:07===
  • 気持ちの日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。