ぬぬぬ?

☆ 気付きの Lost and Found ☆   いろいろあるけど...明日晴れるといいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こういうのを「おっとり刀」という安倍"美しくない"政府のテロ対策 @いまごろ重要施設の警戒強化だってさ

デフコン引き揚げだそうで・・・

ずいぶんのんびりしてんだねー

いきなり戒厳令をしかれちゃっちゃー日常生活に困るけど、重要施設の警戒レベルをいまさら上げましたって、じゃあいままで何やってたの?

北工作員のテロ警戒、警察・自衛隊の態勢を強化
 政府は11日、北朝鮮への制裁強化に伴い、北朝鮮工作員が日本国内でテロを引き起こす可能性が高まると判断して、国内の治安警戒レベルを強化した。
 警察庁は各都道府県警に対し、危機管理と即応態勢の強化を求めるとともに、同日、同庁次長を本部長とする「警備対策本部」を設置した。
 防衛庁・自衛隊も各部隊に緊急事態に即応できるよう指示した。
 国際社会による制裁の動きに対し、北朝鮮は「宣戦布告とみなす」といった談話を出すなど、強硬姿勢を貫いている。政府内では対北朝鮮制裁の強化にあたり、「北朝鮮が日本国内で破壊活動に出る可能性は否めない」(外務省筋)とする懸念が強まっている。具体的には、国民生活に重大な影響を及ぼす原発や通信施設、交通機関に加え、自衛隊や在日米軍の基地などに対し、工作員が破壊活動や妨害工作を行う可能性が指摘されている。

(読売新聞) - 10月12日3時21分

市民生活とは『切り離れたところ』は、常時警戒を怠らないのが危機管理の鉄則だと思ってました
ましてやミサイル騒動のあと

それとも裏では「のんびりしていていい理由」でもあるんでしょうか?
自作自演の筋書き通り?
北朝鮮ともツーカーの仲?
岸=安倍家、3代にわたり懇意にしている朝鮮カルト、統一教会文鮮明の橋渡し?

そもそも日本海側に原発いっぱい作っている時点で危機管理って何言うものぞって思わないの?
つくっちゃったものはしょうがないとして、これ以上上げられない警戒レベルを維持しとかなきゃいけないんでないの?
原発の資料とか流出してるって言うし・・・。

やるべきことやるべし
くれぐれも市民生活に支障のないように
優雅に泳ぐ白鳥のように水面下では全力で水を掻く
これこそ国家の品格でしょう

「国の裏方の苦労を分かってくれ」
「全体主義で行きましょう」
なんてのは真っ平御免だ
ましてや手かせ足枷つけて舞台裏に全員上げるな
それこそ国の仕事です

自ら「脅威」を作り上げる安倍"美しくない"政権としては、就任早々、制裁発動前にやっとくべきでしょう
お気楽極楽、安倍政権?
毅然と勇ましいつもりが、結構笑える

「しっかりと」(爆)、やってみればぁ
くれぐれも国民の見えないところで
 

わざわざご指摘ありがとうございます

<HN記入なし>
「おっとり刀で駆けつける」という言い方があります。「おっとり」という言葉から、「おっとり刀で」の意味を、「ゆっくりと」とか「のんびりした様子で」というふうに解釈している人がいますが、これは間違いです。
  そもそも「おっとり」は、「押し取り」が「押っ取り」に変化したもので、武士が危急の場合に刀を脇に差す余裕もなく、手に持ったままの状態を「おっとり刀」といいます。ですから、冒頭文の意味は、緊急の場合に取るものもとりあえず駆けつける様子を表すのです。

2006/10/12(木) 11:50 nat-ext-02.cc9.ne.jp

ようは「火急の備えを怠っていた状況」ということですね
声高に国家防衛を口にする危機管理の総責任者としては、致命的な失態と感じます

のんびりしていて(メシでも食っているシーンを想像するのでしょうか?)、慌てふためいて取る物とりあえず駆けつけると言うことですね

文中にも記しましたが挑発的なミサイル発射のあとであり、挑発的な核保有宣言の後であり、諸外国からの情報でも近日中の暴挙(核実験)があると周知されていた中であり、なにより安倍"美しくない"政権が最も忌み嫌う仮想敵国北朝鮮に対して、「実はのんびり構えていた」という証明になったことでしょう

市民生活を悪戯に緊張感増すことなく、しかし水面下では最悪の事態を想定しつつ原子力発電所へのテロ攻撃なぞライフラインだけでなく放射能汚染の危機に直結するゲリラ的破壊行為に対してはこれを未然に防がねばならない立場だと言っております

警戒レベル、デフコンとは"緊張度"の度合いを示していますよね
あれだけお互いに罵り合って喧嘩上等安倍"美しくない"政権の姿勢で、上記のように緊張高まっている最中に「ずいぶんとまーのんびり構えておられたんですね」と言っている
動くもの全てにサブマシンガンの銃口を向けるのがいいのかは存じ上げませんが、警戒人員増やしたり、交代サイクルを短くして高い緊張レベルを維持させたり、もうとっくにやることやっているものと思っていました
「心のセーフティロックに指をかけておけ」ってやつです

日本語の難しいところを含めて 論理補強 を戴きありがとうございました

「情けは人の為ならず」(笑 * これも誤解が多いらしいですね)の精神で、気付いた情報の発信をしていきたいと思います

コメント

「おっとり刀で駆けつける」という言い方があります。「おっとり」という言葉から、「おっとり刀で」の意味を、「ゆっくりと」とか「のんびりした様子で」というふうに解釈している人がいますが、これは間違いです。
  そもそも「おっとり」は、「押し取り」が「押っ取り」に変化したもので、武士が危急の場合に刀を脇に差す余裕もなく、手に持ったままの状態を「おっとり刀」といいます。ですから、冒頭文の意味は、緊急の場合に取るものもとりあえず駆けつける様子を表すのです。

  • 2006/10/12(木) 11:50:46===
  • URL===
  • written by
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://interceptor.blog13.fc2.com/tb.php/775-6c986638

戦前と戦後の日本

● 「戦前と戦後の日本」「民族派 Vs 進歩派」という色分けが対立軸を表すのに的を得ているかどうか疑問ですが、戦前の日本の対外活動の正当性を主張する人と戦前日本を批判的に捉え戦後日本を進歩した姿と見る人の代名詞としてわかりやすいので援用させてもらうことにしま

  • 2006/10/12(木) 22:08:32===
  • 晴耕雨読
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。